ジャック・ロンドンが描く、犬と人間、そして狼との関係【柴田元幸】

EJ Culture 文学

英米現代・古典文学に登場する印象的な「一句」を紹介。ジャック・ロンドンの小説に登場するバックという名の犬と、人間、そして狼との関係は?

Buck did not read the newspapers.

— Jack London, The Call of the Wild (1903)

ジャック・ロンドンの有名な中編小説の書き出しである。バックは犬なのだから、当然新聞など読まない。だが、新聞の報道によって、アラスカでのゴールドラッシュのことをアメリカの人々は知り、それによって橇(そり)犬への需要が高まって、そのせいで、カリフォルニアの豪邸で暮らしていたバックも犬攫(さら)いに攫われてしまうのである。

ちなみにこの書き出しの一文、本当はここで終わらず、“Buck did not read the newspapers, or he would have known that trouble was brewing, not alone for himself, but for every tide-water dog, strong of muscle and with warm, long hair, from Puget Sound to San Diego”(バックは新聞を読まなかった。読んでいたら、災難が差し迫っていることがわかっただろう―彼のみならず、筋肉たくましく毛が長く温かい、ピュージェット湾からサンディエゴまで西海岸地帯に棲〈す〉むすべての犬にとって)と続くのだが、ここで切ってしまうことをお許し願いたい。印象に残るのは、圧倒的にこの6語なのだから。

裕福な人間たちと共に、何一つ不自由のない暮らしをしていた犬が、アラスカの過酷な自然の中に放り込まれ、残酷だったり無神経だったりする人間たちに出会い、彼を愛してくれる人間にも巡り会うものの、最終的には狼たちに呼ばれて、人間社会を完全に捨てて狼となる。このThe Call of the Wildに限らず、極北の地を舞台にしたジャック・ロンドンの物語にはしばしば、人間、犬、狼が登場する。たとえば最高傑作の短編“To Build a Fire”(1908)では一人の男が犬を連れて極寒の地を旅するし、“Love of Life” (1905)では両者とも瀕死(ひんし)状態 の人間と狼が互いを喰(く)らって生き延びようとあがく。

それらを読んでいくうちに、そこに明らかな上下関係が見えてくる。といってもそれは、普通誰もが考えるような、人間が一番上に位置する関係ではない。友人たちからWolfと呼ばれ、カリフォルニアに建てた理想の家をWolf Houseと名付けたジャック・ロンドンにとって、狼こそ至高の存在であり、犬は狼に近い故それなりに気高く、人間が一番下だった。The Call of the Wildが、もう一つの有名な長編White Fang(1906) 以上に強い印象を残すのは、前者が人に近い犬が狼の群れに加わる「進歩」の話であるのに対し、後者は狼に近い犬が人の群れに加わる「退化」の話だからである。

北の地で金鉱が発見された、という新聞の「呼び声」に応えて人間が極北の地を目指すことから始まるThe Call of the Wildは、狼の呼び声に応えてバックが荒野に―新聞などとはまったく無縁の地に―入っていくことで終わる。冒頭ではバックの無知を伝えているように思えた“Buck did not read the newspapers” という一句は、彼がいずれ人間の文明と無関係な気高い世界に入っていくことの予兆なのだ。

柴田元幸さんの本

ぼくは翻訳についてこう考えています -柴田元幸の意見100-

ぼくは翻訳についてこう考えています -柴田元幸の意見100-

  • 作者:柴田 元幸
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2020/01/29
  • メディア: 単行本
 
【音声DL有】新装版 柴田元幸ハイブ・リット

【音声DL有】新装版 柴田元幸ハイブ・リット

  • 作者:柴田 元幸
  • 出版社: アルク
  • 発売日: 2019/12/17
  • メディア: 単行本
 

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2021年5月号に掲載した内容を再構成したものです。 

柴田元幸1954(昭和29)年、東京生まれ。米文学者、東京大学名誉教授、翻訳家。ポール・オースター、スティーヴン・ミルハウザー、レベッカ・ブラウン、ブライアン・エヴンソンなどアメリカ現代作家を精力的に翻訳。2005 年にはアメリカ文学の論文集『アメリカン・ナルシス』(東京大学出版会)でサントリー学芸賞を、2010年には翻訳『メイスン&ディクスン(上)(下)』(トマス・ピンチョン著、新潮社)で日本翻訳文化賞を、また2017年には早稲田大学坪内逍遙大賞を受賞。文芸誌「MONKEY」(スイッチ・パブリッシング)の責任編集も務める。