マック日本第1号店オープンにドル・ショック!英語ニュースで見る1971年

マック日本第1号店オープンにドル・ショック!英語ニュースで見る1971年

1971年に「声の月刊誌」として創刊された『ENGLISH JOURNAL』(EJ)は、今年で50周年を迎えます。EJが生まれた1971年に注目して、本記事では当時のニュースのいくつかを英語でご紹介します。当時のニュースを振り返ることで、日本での英語教育の高まりや、英語が必要とされ始めた背景がわかるかもしれません。

Japan’s First McDonald’s Opens in Ginza

マクドナルドの日本第1号店が銀座にオープン

After signing a licensing agreement with McDonald’s Corporation in the United States, businessman (1)Den Fujita founded McDonald’s Japan in May of 1971. On July 20, he opened his first branch on the (2)ground floor of Mitsukoshi department store in Ginza. That weekend, the restaurant  (3)reportedly (4)served over 10,000 people and (5)generated sales of more than 1 million yen. At the time, a hamburger cost 80 yen, while French fries were 70 yen. The restaurant was (6)take-out only, a (7)rarity in Japan back then, and (8)triggered the spread of fast-food culture, enabling people to (9)grab a bite to eat (10)while on the go.

実業家の藤田 田氏が、アメリカのマクドナルド社とのライセンス契約を締結し、1971 年5 月に日本マクドナルドを設立。7 月20 日、日本第1 号店を銀座三越の1 階にオープンさせました。その週末には1 万人以上が入店し、100 万円以上の売り上げを記録したようです。当時、ハンバーガーは80円、フライドポテトは70円という価格でした。
当時の日本では珍しいテイクアウト専門店で、歩きながら気軽に食べることができる「ファストフード」という食文化が広がるきっかけになりました。

(1)Den Fujita 藤田 田 ★(1926-2004)日本の実業家

(2)ground floor 1階 ★イギリス英語。アメリカ英語ではfirst floor

(3)reportedly 報道によると

(4)serve 食事を提供する、給仕する

(5)generate sales of ~ ~の売り上げを生む

(6)take-out only 持ち帰り専門の

(7)rarity 珍しさ、希少性

(8)trigger ~を引き起こす

(9)grab a bite 素早く食事を済ます

(10)while on the go 外出中に、忙しくしているときに

“Nixon Shock” Causes Yen to Plunge Against the Dollar

ニクソン・ショック(ドル・ショック)

As a (1)measure to protect the dollar, U.S. President (2)Richard Nixon announced on August 15, 1971, that the United States would stop exchanging gold for dollars and demanded that countries such as Japan (3)revalue their currency exchange rates. The yen exchange rate had (4)been pegged at 360 yen to the dollar by the (5)Allied Powers’ occupation government following World War II, but the “Nixon shock” (6)brought about a (7)de facto collapse of the (8)fixed-rate system. In December, the yen was (9)revaluated at 308 yen after 22 years at 360 yen to the dollar. In 1973, Japan and other (10)leading nations switched to the  (11)floating exchange rate system.

1971年8月15日、アメリカのリチャード・ニクソン大統領が、ドル防衛策として金との交換停止を発表、日本などに為替レートの切り上げを要求しました。第2次世界大戦以降、日本の円相場は連合国軍総司令部(GHQ)により、1ドル360円に固定されていましたが、ニクソン・ショックにより固定相場制は事実上の崩壊となりました。12月、22 年間続いた1ドル360円が308円へと切り上げ。1973年には日本もほかの主要国と同様に変動為替相場制に移行しました。

(1)measure 手段、方策

(2)Richard Nixon リチャード・ニクソン ★(1913-94)。第37代アメリカ合衆国大統領(在任1969-74)

(3)revalue ~(平価)を切り上げる

(4)be pegged at ~ ~に固定されている

(5)Allied Powers (第2次世界大戦時の)連合国

(6)bring about ~ ~をもたらす

(7)de facto 事実上の

(8)fixe-rate system 固定相場制

(9)revaluate ~を再評価する、~(通貨価値)を引き上げる

(10)leading nation 主要国 qfloating exchange rate system 変動為替相場制

(11)floating exchange rate system 変動為替相場制

NHK Broadcasts All Shows in Color

NHK 総合テレビが全番組のカラー化を実施

Although color TV (1)broadcasting began in Japan in 1960, its spread was slowed by (2)obstacles such as broadcasters’ outdated equipment and the high cost of color TVs. With the 1964 Tokyo Olympics, however, broadcasting equipment was upgraded, and as audiences discovered the (3)appeal of color broadcasting, sales of color TVs increased, too. Scenes from (4)Expo ’70 in Osaka that (5)aired in color on various TV channels also attracted considerable interest from viewers. As a result, on October 1, 1971, NHK began broadcasting all its shows in color, (6)ushering in the (7)golden age of color TV.

日本では1960年にカラー放送が開始されましたが、放送局の設備が追い付かないことやカラーテレビの値段が高いことが普及の障壁となっていました。しかし、1964年の東京オリンピックを機に放送設備が整備され、カラー放送の魅力が視聴者に伝わると、カラーテレビの販売台数も増加。さらに、1970年に開催された大阪万国博覧会の様子を各テレビ局がカラー放送し、視聴者の大きな関心を集めました。これを機に、1971年10月1日にNHK総合テレビが全番組のカラー放送を行い、カラーテレビは全盛の時代を迎えました。

(1)broadcasting (テレビ・ラジオの)放送 ★1行下のbroadcasterは「放送局」の意

(2)obstacle 障害

(3)appeal of ~ ~ の魅力、~の面白さ

(4)Expo’70 日本万国博覧会 ★1970年に大阪で開催された国際博覧会

(5)air (ラジオ・テレビなどで)放送される

(6)usher in ~ ~を導く

(7)golden age 最盛期、黄金期

特集「英語で振り返る1971→2021」をEJ4月号でチェック!

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2021年4月号に掲載している記事を再編集したものです。

英文作成:Top Cloud Collaboration LLC ナレーション:Anya Floris

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!