英語学習に最適!オーディオブックの魅力とおすすめコンテンツ5選

英語学習におすすめ!オーディオブックを聞くべき理由3つ

突然ですが、皆さんは電子書籍の次の「新しい読書スタイル」をご存じでしょうか。それは、「聞く本」とも呼ばれ、最近ではステイホームのお供としても注目を集めている「オーディオブック」。「聞いたことはあるけれど、よくわからない」「使ったことはない」という方も多いかもしれませんね。そこで、オーディオブックのメリットと使い方、英語学習におすすめのコンテンツをご紹介します。

オーディオブックとは?

オーディオブック(英語:audiobook、audio book)とは「耳で聞く本」のことです。小説・ビジネス書・語学書・落語などジャンルにかかわらず、音声で提供されるコンテンツの総称です。

車社会のアメリカでは、かつての「カセットブック*1」時代から始まり、オーディオブックが広く支持されてきました。

これまで日本では広く定着はしませんでしたが、最近はPCやスマホなど好きな端末に音声データをダウンロードできるようになったり、オーディオブック専用アプリができたりと、手軽に楽しめる環境が整ってきました。音声で楽しめるコンテンツが増えてきたこともあり、利用者が増えています。

「読んで聞かせてくれる」本

紙の本がデジタル化され本を持ち歩く必要がなくなり、オーディオブックでは、自分で「読む」必要さえなくなりました。プロのナレーターや、流ちょうな発音のネイティブスピーカー(また場合によっては書籍の著者自身)に、本を読んでもらえます。

本を読むペースは人によって異なりますが、アプリによっては読むスピードを0.5倍速(ゆっくり)、2倍速、3倍速(早口)に調整できる機能があり、聞きやすさへの工夫がされています。

読み進めるのが大変な作品を読んでもらえるので、本を読むのがあまり得意ではない方も、耳で聞くことで読書を楽しむことができます。また、人気の俳優や声優が作品を読むことも増えてきて、好きな声、好きな読み手から本を選ぶという流れも出てきており、オーディオブックならではの新たな価値が生まれています。

いつでもどこでも「ながら聞き」できる

外にいるとき、家にいるとき、ちょっと時間が空いていてしまったとき、そんな「スキマ時間」にも、オーディオブックはぴったりです。PCやスマホにアプリをダウンロードしてスキマ時間に聞いたり、いつでも気になる本を探したりすることもできますし、スマートスピーカー*2があれば、ボイスコマンド*3だけで、本を読み上げてもらうこともできます。

移動時間や家事の最中、トレーニングや作業中など「何かをしながら」聞くことができるのは、オーディオブックの大きなメリット。よく利用される時間帯は「寝る前」だそうで、手も目も使わず耳だけで「寝ながら」本を読むことができるのは、とても便利です。スリープタイマー機能を使えば、例えば「10分後に終了」といった設定も可能。

もちろん、「読んでみたい本を見つけた」「あの雑誌の発売日だった!」のような、すぐ欲しい、今すぐ読みたいというときも、オーディオブックは電子書籍同様、その場で購入して楽しむことができます。英語学習もはかどりそうですね。

パソコンやスマホで、今すぐ使ってみよう

おすすめのオーディオブックサービスを2つご紹介します。登録方法を掲載しますので、ぜひ使ってみましょう。

audiobook.jp

audiobook.jp

登録方法

ステップ
  1. 会員登録(無料)
  2. Webサイトでオーディオブックを購入
  3. 好きな端末でダウンロードしてスマホアプリ・PCなどで再生

引用元:audiobook公式サイト

Audible

www.audible.co.jp

登録方法

ステップ
  1. 公式サイト内の登録ボタン(オレンジ色のボタン)からAmazonのアカウントで登録し、Audible会員になる(初めての方は無料体験30日間)
  2. お持ちのスマートフォン、タブレット、またはPCに専用アプリをインストール(iOS/Android/Windows10に対応)
  3. アプリにサインインし、聞きたいタイトルを検索

引用元:Audible公式サイト

英語学習に最適!アルクの本もたくさん発売されている

そんなオーディオブックですが、「小説とかはよさそうだけど、学習にはどうなの?」という疑問を持つ方もいるかもしれません。何度も気軽に繰り返し聞けるオーディオブックは、実は語学学習にも向いているのです。

一般的に、世界観に浸ることができる小説などの物語や読者に訴え掛けるビジネス書などがオーディオブックで人気のジャンルですが、発音やイントネーションまでしっかりと聞くことができるため、語学学習にも最適といえます。語学習得には、たくさんのインプットが必要ですので、使ってみない手はありません!

実は、アルクでは音声コンテンツを2005年から販売しています。オリジナルPodcast番組の音声、物語の英語朗読、ニュース音声、例文や単語、チャンツなどの学習コンテンツまで、幅広い音声コンテンツを提供しており、その数は450点以上!

おすすめコンテンツ5選

起きてから寝るまで英語表現1000オフィス編

おすすめコンテンツ5選 起きてから寝るまで英語表現1000オフィス編

220万人が実践した「つぶやき練習法」で、職場で使える英会話力がしっかり身に付く!「内勤」「人間関係」「営業」「出張」など、テーマ別の英語表現を耳から習得できます。

※対象レベル:初級から(英検3級/TOEIC 350点~)

bit.ly

ENGLISH JOURNAL 2020年8月号

『ENGLISH JOURNAL』2020年8月号

アルクの英語学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』のオーディオブック版です。著名人のインタビューや世界のニュースなど、バラエティー豊かな英語が収録されています。

※対象レベル:全レベル対象

bit.ly

VOAで聴く 超ボリューム ニュース英語リスニング―Vol.2 2009年~2018年

VOA超ボリューム―vol.2 2009年~2018年

2009年から2018年の10年間、VOA(米国営放送)で放送された重大ニュースが収録されています。ニュースを通して英語のシャワーを浴びることで、「聞く」力が強化されます。

※対象レベル:中級から(英検2級/TOEIC 600点程度)

bit.ly

改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル チャンツ+フレーズ+例文音声

改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル チャンツ+フレーズ+例文音声

人気シリーズ「キクタン」のオーディオブック版です。リズムに乗って楽しく身に付く単語帳が、さらに音声を充実させて進化しました!チャンツの音声は「英語→日本語→英語」の順に収録されています。

※対象レベル:初級以上

bit.ly

自分のことを英語で伝える! 基本フレーズ80

自分のことを英語で伝える! 基本フレーズ80

自己紹介から気持ちや意見まで、80のトピックを取り上げ、そのまま使えるシンプルなフレーズと豊富なバリエーション表現で、自分のことならなんでも英語で言えるようになります。

※対象レベル:初級から(英検3級/TOEIC 350点~)

bit.ly

audiobook.jp、Audibleからオーディオブック版『英語多読 すべての悩みは量が解決する!』が発売

英語多読 すべての悩みは量が解決する!

人気の『英語多読』がオーディオブックになりました。今回発売のオーディオブック版は、既刊書籍としてはアルク初の試みであるプロのナレーターによる朗読を採用。臨場感たっぷりの聞き取りやすい音声で、通勤通学、家事、運転、トレーニングなど、「何かをしながら」聞くだけで学習することができます。スマートフォンやタブレットがあれば、下記記載のサイトからダウンロードしてすぐ視聴可能。本を読むのが苦手な方にもおすすめの教材です。

audiobook.jp

bit.ly

Audible

bit.ly

まとめ

使い始める前はよくわからない印象を受けることもあるオーディオブックですが、アプリさえ入れてしまえば、ストレスフリーで楽しめます。英語学習に役立つ点もたくさんあり、アルクのコンテンツも販売しているので、読んだことのある本をオーディオブックで聞いてみるというのも面白いかもしれません。

しかも、聞き放題プランや1冊無料お試しなどのプランもあり、簡単に試すことができます。環境やデバイスも整ってきた今、新しい学習方法を試してみたい方にも、オーディオブック、ぜひおすすめです!

※この記事の情報は2020年9月現在のものです。また、金額や料金形態は各サイトの記載をご確認ください。

*1:1980年代に流行した出版物の形態。音楽や音声データが収録されたカセットテープが同梱された書籍または雑誌。

*2:インターネット接続機能と音声認識・音声操作などのアシスタント機能を搭載しているスピーカー。

*3:音声アシスタント機能を搭載した機器を音声で操作するための、特定の単語やフレーズなど。