「ただじゃおかないよ!」って英語でなんて言う?

「ただじゃおかないよ!」って英語でなんて言う?

写真を描写したりそこから連想できたりする、ちょっと笑えて考えさせられる英文でフレーズを学びましょう。同時通訳者の横山カズ先生が解説する、1カ月、毎日更新の記事です。英文を音読するだけでもスピーキング力が上がりますよ!第6回のお題は「こちらを凝視する黒猫」の写真です。

かわいい猫ちゃんが考えていることは・・・

写真でエモ大喜利

画像:執筆者提供

You’d better stop making me do meaningless stuff like this! You don’t even have an Instagram account. You’d better pay me first!

おまえインスタもやってないくせに、こんな余計なことさせんじゃねーよ!金取るぞ!

使用要注意のhad better

had betterは、should(~すべきだよ、~した方がいいよ)という提案のニュアンスとは実はまったく違います。 had betterには、単に何かを助言したり、すすめたりする意味合いではなく、「~しなければただじゃ済まさないからな」という怒りや脅迫のニュアンスがあるのです。映画やドラマでも、この表現が登場するシーンは怒りや緊迫感に満ちています。

「~しないでくれ」と相手に忠告するときに、ともするとDon’t ~.と言いたくなるものですが、それと同じかそれ以上によく会話で使われるのがStop ~ing.のパターンです。声に出して練習しておけば、ナチュラルな会話ができるようになります。

You don’t even have a ~.は、「~をたった一つも持っていない」という意味で、感情的な物言いになります。相手に対してあきれたり小ばかにしたりするときにも使われます。

stuffは「もの、こと」という意味でthing(s)とほぼ同じですが、日常会話で多用されます。使いやすい表現ですが、単複同形なので、stuffsというようにsを付けてしまわないように気を付けましょう!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

横山カズ

横山カズ@KAZ_TheNatural 関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。同時通訳者。翻訳家。武蔵野学院大学元実務家教員。 三重海星中・高等学校 英語科特別顧問。学びエイド、リクルート・スタディサプリENGLISH講師。英語を日本国内で独学し、多分野で同時通訳者として活躍中。楽天では英語社内公用語化に貢献する。英語4技能・英語スピーキングのエキスパートとして日本全国で授業と講演を行う。発音テストEPT(R) 100(満点)。ICEE(国際英語コミュニケーション検定)2回優勝。英検1級。著書多数。英語学習オンラインサロン「FluentMind」(横山カズと直接話すリアルタイム英語スピーキングセッション)を主宰。https://www.opets.website/fluentmind