使いたい言葉を見つけよう!思いやりが伝わる英語のメッセージ【マヤ・バーダマン】

使いたい言葉を見つけよう!思いやりが伝わる英語のメッセージ【マヤ・バーダマン】

外資系企業で、魅力的な大人の英語力を磨き上げた、マヤ・バーダマンさん。上品で、日本人らしい「奥ゆかしさ」が伝わるような英語表現を、ご自身の経験談をシェアしながら紹介する連載。5回目は、思いやりや気持ちが伝わる「メッセージ」です。あなたの大切な人に贈る言葉を見つけてください。

こんにちは。マヤ・バーダマンです。

世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、日に日に変わる状況や次々と入ってくるニュースに皆さまも不安な毎日をお過ごしかと思います。

私自身、最新の国内外の情報を追いながらも、できるだけ冷静に、今できることを考えて過ごしています。

しかし、アメリカのコロラド州に住む叔父が新型コロナウイルスに感染し、入院したとの知らせが届きました。それを知らせてくれた叔母に掛ける言葉が見つからず、また、祈ることしかできないという悲しみを感じています。

そんな中、海外にいる友人や親戚と連絡をとり、お互いの無事を確認し合ったり、励まし合ったりしています。中でも、小学1年生の頃の友人や、中学校のクラスメートと久しぶりにつながることができました。

It’s been years!

何年も過ぎたね!=久しぶりだね。

What’s your story since ASIJ?

アメリカンスクールの卒業後はどうしてた?

などと、懐かしい人たちとの久しぶりのやりとりにほっとしたり、心が落ち着くこともできました。

そして、やりとりの最後には、

Please stay safe and healthy.

安全で健康でいてくださいね。

などという言葉が添えられます。

そのやりとりをする中で、お互いに相手を思いやる言葉や、励ましの言葉をかけ合い、言葉の暖かさや力を感じています。

ソーシャルネットワークでつながっている今、簡単に人とつながれるようになりました。私にとって Instagram や Twitter などの「❤️」「👍」マークは「いいね」「応援しているよ」「ありがとう」などの気持ちを伝えるコミュニケーションの一つです。でも、時にはシンプルでもよいので言葉で実際に伝えるのも大切です。

そこで、今回は気持ちが沈んでしまうような心配な状況の中で、相手に励ましの気持ちを伝える言葉や、相手を思いやる言葉や気持ちを表す表現をご紹介したいと思います。

あなたの思いやりや気遣いを自然に伝えられるようになり、相手に気持ちが届きますように。

相手のことを思っていること・思いやりを伝える

日本語で「あなたのことを思っています」と言うと、少しロマンチックに聞こえるかもしれませんが、英語の以下の表現は友人、家族や親戚、知人にも言います。I send you my best.の best は和訳しにくいのですが、「最良の」「ベストの」の意味ではなく、best wishesを短くしたもので、幸せや成功などを祈ると言うときの挨拶の言葉です。

I’m thinking of you.

あなたのことを思っています。

Please know that I’m thinking of you.

あなたのことを思っているということを知っていてくださいね。

I’m thinking of you during this difficult time.

辛いときですが、あなたのことを想っています。

現在のように世の中が不安に包まれている時期や、相手に不幸があったり、困難な状況に置かれているときに掛ける言葉です。

I’m sorry that I haven’t kept in touch, but I’ve been thinking about you.

あまり連絡していなくてごめんなさい。でもあなたのことを考えていましたよ。

I send you my very best.

ご多幸をお祈りします。

All the best to you and your family.

あなたとご家族にご多幸がありますように。

(Please) take care.

お元気でね。

I’m sending my love to you (and your family).

あなた(とご家族)に愛を送ります。

会いたいです

I miss you and hope we get to see each other soon.

会えなくてさみしいですが、近いうちに会えますように。

I miss seeing you / talking with you.

会えなくて/話せなくてさみしいな。

I miss you! / Miss you!

会えなくてさみしいよ!

メッセージの最後に添える一言。

よろしくお伝えください

直訳がないので、相手や関係性に合わせて「私の代わりに〜さんに挨拶をしてください」というように表現します。

Please give my best regards to Mr. Bryant.

ブライアントさんによろしくお伝えください。 

フォーマルな表現です。

Please give her my very best.

彼女によろしくお伝えください。

Please say hello to Emi for me.

エミによろしくお伝えください。

Please tell John I said hi.

ジョンによろしくね。

カジュアルで、親しい人に言う場合の表現です。

応援の気持ちを伝えたいとき

I’m always on your side.

どんなときでもそばにいるよ(味方だよ、応援しているよ)。 

I’m here for you.

そばにいるよ、力になるよ。

直訳は「(いつでも)ここにいるよ」ですが、実際に一緒にいなくても、いつでも話を聞いたり、力になると伝えたいときに言います。

I’m behind you all the way.

いつも応援しているよ、味方だよ。

I hope everything goes well.

全てがうまく行きますように。

I’ll be cheering for you.

応援しているよ。

Hang in there!

頑張れ!

うまく行くからあきらめないで、というニュアンスです。相手が難しい状況にいるときに励ます言葉です。

Keep it up!

これからも頑張って!

You’re doing a great job. Keep it up! 

よくやっているね。この調子で頑張って!

よくやっているので、これからもその努力を続けてね、と励ますときの言葉です。どちらかというと、相手が頑張っていることや、成績や仕事などで成功しているときに「その調子!」というニュアンスで言います。 

Cheer up!

元気出して!

Cheer up! I’m sure he will understand. 

くよくよしないで!きっと彼は理解してくれるよ。

心配事がある人に「大丈夫だよ」と言うときに使います。ただし、深刻な状況では軽く受け取られる可能性もあるので、その場合は少し注意が必要です。Face to face(対面)で、笑顔で優しく声を掛けるのであれば、心強い言葉です。

Take it easy.

無理しないでね、気楽にね。

うまくいきますように!

I hope things go well.

I hope things turn out well.

うまく行きますように。

「何かがうまく進む、よい結果となる」というニュアンス。

I wish you the very best.

I wish you all the best.

よいことがありますよう(幸せが訪れますことを)、心から願っております。

Best wishes to you and your family.

あなたとご家族にご多幸がありますように。

I hope everything goes well.

うまくいきますように。うまくいくことをお祈りしております。

ここに注意

Good luck!は、よく耳にするフレーズですが、目上の人には少しくだけた印象です。

ただし、カジュアルな場や、同僚への励ましの一言としては問題ないでしょう。 

Good luck on the TOEIC exam!

TOEICいい点取れますように!

Good luck with your presentation!

プレゼンが成功しますように!

プレゼンや試験など、何かに挑む同僚への応援の気持ちを込めて声を掛ける場合はこのように言うとよいでしょう。

祈りと思いを伝える

震災や台風など、災害があったときに、このような言葉を記事やソーシャルメディアで目にされたかもしれません。

また、相手に不幸があったときに、日本語では「お悔やみ申し上げます」と言いますが、英語では以下のように祈りを伝えたり、相手を想思っていることを表現する言葉を送ることが多いです。

You are in my thoughts and prayers.

心からの祈りを送ります。

Please know that you are very much in my thoughts (and prayers).

心よりお祈り申し上げます。

My heart goes out to you (and your family).

あなた(とご家族)のことを思っています。

ここに注意

現在のような状況には「決まった表現」というものはないので、伝えたいメッセージに合わせて言葉を選びます。その際、いくつか心掛けたいポイントがあります。

I know how you feel. (気持ちはわかるよ)や I remember when I ... (〜のときを覚えているよ)のように、自分自信にフォーカスを当てないようにします。

そして相手に寄り添い、気持ちに理解を示すことは大切ですが、「気持ちがわかる」と断言することは避けましょう。

他にも避けた方がよいのは、I’m sure things will get better. (状況はよくなるはずだよ)。励ましたい気持ちがあることは感じられますが、どうなるかは誰にもわからないため、少し表面的に受け取られる可能性があります。

I’m sorry to hear that (you have been ill). のように、気持ちを表す方がよいでしょう。ここの sorry は謝罪の sorry ではなく、「〜と聞いて残念です」と、よくない知らせを聞いたときに同情や慰めの気持ちを伝える表現です。

または、その状況に対しての願うことを伝えるのがおすすめです。

応援や励ましなどの言葉に対する返事

思いやりの言葉をかけてもらったら、うれしい気持ちを素直に表現できると、お互いに暖かい気持ちになりますよね。ぜひ、以下のような言葉を返してみてください。きっと、思いは伝わります。

Thank you so much for your kind words.

優しい(親切な)お言葉をありがとうございます。

Thank you for your warm words.

暖かい言葉をありがとうございます。

Your words are comforting. Thank you.

あなたの言葉にほっとします。ありがとう。

That means a lot.

うれしいです。

直訳は「私にとってとても意味があります、大切です」のニュアンス。

Please keep in touch.

Let’s keep in touch.

連絡を取り合いましょう。

I would love to hear from you.

ご連絡いただけたら非常にうれしいです。

I look forward to hearing from you (when you have time).

(お時間あるときに)ご連絡(いただけるの)を楽しみにしています。

I hope we can get together soon.

近々会えますように。

I’m looking forward to seeing you again.

また会えることを楽しみにしています。

I can’t wait to see you again.

また会えるのが楽しみだよ。

「また会えるのが待ちきれないよ」のニュアンス。

 

いかがでしたか?この中から皆さまが送りたい言葉が見つかることを願っています。そしてこの機会に相手に感謝の気持ちを伝えたい場合は、前回の記事も参考にしてみてください。

皆さまもどうかご無事で、少しでも心穏やかに過ごせますよう祈っております。

See you next time!

マヤ・バーダマンさんの本

外資系1年目のための英語の教科書

外資系1年目のための英語の教科書

 
英語の気配り

英語の気配り

 
品格のある英語は武器になる

品格のある英語は武器になる

 

マヤ・バーダマン

文:マヤ・バーダマン

仙台市生まれ。上智大学比較文化学部(現 国際教養学部)卒業。ハワイ大学へ留学し、帰国後は秘書業を経て、ゴールドマン・サックスに勤務。医学英語に携わったのち、別の外資系企業に勤務。著書に『英語のお手本 そのままマネしたい英語の「敬語」集』『英語の気配り マネしたい「マナー」と「話し方」』『英語の決定版 電話からメール、プレゼンから敬語まで』(朝日新聞出版)『品格のある英語は武器になる』(宝島社)『外資系1年目のための英語の教科書』(KADOKAWA)などがある。

編集:増尾美恵子