オンライン英文添削サービス、アイディーの評判は?編集部が体験しました!

オンライン英文添削サービス「IDIY(以下、アイディー)」

1回あたり166円から始められると話題のオンライン英文添削サービス「IDIY(以下、アイディー)」。世界中で活躍する講師の、精度の高い英文添削が24時間体制で受けられるということで多くの英語学習者から高い評価を得ています。

今回は、実際にアイディーを利用して良かった点、気になった点をご紹介します。アイディーを始めてみようと検討中の方はぜひご覧ください。

*英文添削するサービスもあります。その他にもたくさんあるオンライン英会話各社の特徴などを比較した記事はこちら。
オンライン英会話はどれがおすすめ?(年間No.1の人気記事です)

オンライン英文添削サービス「アイディー」の特徴は?

アイディーは、世界で活躍する翻訳家や通訳・教員・校正者といった英語教育のプロフェッショナルによる24時間「オンライン英文添削」サービスです。世界中の講師が時差を利用して24時間体制で添削を行います。

英文を持ち込んでの添削はもちろん、約3千を超えるオリジナル課題も用意されています。大手ライティング専門スクールと同等のマンツーマン指導を、10分の1以下の価格で提供するコストパフォーマンスの高さにも注目が集まっているサービスです。

スピーディーな「お手軽コース」と充実の「学べるコース」

添削方法は「お手軽英語添削」コースと「学べる英語添削」コースの2種類があり、添削講師も日本人英語専門家とネイティブから選ぶことができます。

「お手軽英語添削」コースとは、スペルチェックや英文法、表現のチェックのみを行う、スピーディーで低価格な添削コース。とにかくたくさん書いて勉強したい方や、結果をシンプルに利用したい方におすすめしたい添削方法です。

論文や契約書などの専門文書は添削の対象外ですが、「低価格にネイティブチェックを利用したい」「手軽に自分の英文をチェックしてほしい」といった方に適しているのではないでしょうか。

オンライン英文添削サービス アイディー

「学べる英語添削」コースとは、間違い修正するだけでなく、修正の理由や意図まで学べるアイディーオリジナルの添削方法です。「添削結果」+「解説」+「質問」+「画像添付」がセットになっており、添削結果から多くの事を「学ぶ」ことができます。添削を通じて根本から英文を改善したい方に最適です。

長くコツコツ英語学習を続けられる低価格

英会話スクールやライティング専門スクールに比べ、アイディーの利用料はとてもリーズナブル。添削方法や英文の種類を利用の都度選べる「ポイント支払い」と、30日間毎日お得な価格の「添削定期券」があり、定期券では1回につき166円から添削が受けられます。

1回あたり166円から利用できるのは英文添削サービスの中でも業界最安値水準。英作文のスキルアップには、毎日継続して英文を書くことが重要です。より多くの英語学習者が利用できるよう、お財布を気にすることなく、長くコツコツと学習を続けられる価格設定がなされています。

オンライン英文添削サービス アイディー

目的やレベルに合わせて選べる6種類の課題添削

アイディーは持ち込みの英文添削だけでなく、課題への添削も行っています。日々の出来事を英語で記録する「英語日記課題添削」は初心者の方にもおすすめ。メンバー専用マイページで公開されている100の例文を参考に、気軽に始めることができます。

いつもと違った課題に挑戦したい、という方は「日替わり英作文課題添削」に挑戦してみてはいかがでしょう。事務局が毎日日替わりで自由英作文を出題します。初心者向けの課題と上級者向けの課題がそれぞれ分かれているので、習熟度や内容に合わせて問題を選べるのも安心です。

自分の意見を英語で表明するトレーニングとしても好評なのが「自由英作文課題添削」です。大学入試の過去問題をアレンジした約1000問のエッセイ課題に対し、自由に自分の意見をライティングし添削します。

日常会話の表現力を高めたい方は「和文英訳課題添削」をぜひお試しください。自分の気持ちを正確に伝える英語表現や日常生活の些細な英語表現をシーン別に学習。習得の難しいニュアンスの違いや単語の使い分けについても丁寧にサポートします。

多くの英語能力試験で出題されている「写真描写課題」もアイディーでトレーニング可能。幅広いジャンルから1日2問ずつ日替わりで出題しています。ヒントを参考に課題を解くことで、写真の特徴を可視化するスキルと英語で説明するスキルの両方を伸ばすことができます。

顔が見えないEメールライティングは、大切なことがきちんと伝わっているか不安を抱えがちです。「英文Eメール課題添削」ではビジネスシーンや日常会話を想定したオリジナル課題が毎日出題されます。Eメール独自のマナー習得にも有効です。

バイリンガルとネイティブ講師、どちらに依頼すべき?

アイディーでは習熟度や目的に応じて、日本語でフォローできるバイリンガルの英語専門家と、自然で豊かな表現が学べるネイティブ講師を選ぶことができます。

バイリンガルの英語専門家は、日本語でのコミュニケーションが可能。日本語の原稿と英文を両方入稿することで、スペルミスや文法ミスのチェックだけでなく、より意図に沿った英文へと修正でき、修正のポイントも日本語で受け取ることができます。一方、ネイティブ講師はより自然な英文になるよう添削を行います。添削理由も英語で届くため、ライティングだけでなく、リーディングスキルのアップにもつながります。

ただし、文法や語彙が整っていない状態でネイティブ講師に添削依頼をすると、講師が文意を汲み取れない場合があります。初めのうちはバイリンガル講師に元の原稿と合わせて英文添削を依頼し、自信が付いたら、ネイティブ講師に添削を依頼すると安心でしょう。

アイディーのおすすめポイントは「丁寧な添削結果」

アイディーの最大の特徴は、添削結果に丁寧な解説がつく「学べる添削」です。正解不正解だけでなく、なぜその英文が間違っているのか、より良い表現方法なども含め細かなポイントまでアドバイスします。一定のライティングスキルがあり、できる「つもり」になっていた人も、アイディーを活用することでさらにステップアップできるかもしれませんね。

ユーザーは、ライティングスキルを上げたい学生から、仕事で英語を使ったコミュニケーションをしている人までさまざま。学習者の英語レベルや利用シーンに応じた課題が多数用意されているため、ちゃんと通じる英文が書けているのか不安な方から、ネイティブ並みの自然な英文が作成できるようになりたい方まで幅広く利用できます。

また、英作文のポイントを細かく丁寧に解説するので、独学での習得に限界がある、英語能力試験や大学入試の英作文問題対策にも最適なサービスです。

アイディーを体験してみた感想は? 編集部レビュー

勉強ログで日々英語を勉強中の編集部員のtakuが、約10日間にわたりアイディーを体験しました。これまで学習ログでオンライン英会話を利用してきましたが、英文添削は初めてです。体験の内容と率直な感想を述べます。

アイディーは初回に限り無料利用できるため、本格的に開始する前に使いやすさなどを試してみることができます。お試しの段階ではクレジットカードの登録は不要。気軽に始められるのもうれしいポイントです。

まずは手軽に始められる和文英訳課題から

最初に、添削依頼する英文の種類を選択します。すでに作成済みの英文を添削してもらう場合は「持ち込み添削」を選択するのですが、私は課題にチャレンジ。初回は取り掛かりやすそうな「和文英訳課題添削」を選択しました。

オンライン英文添削サービス アイディー

「ビジネス編」「美容編」「旅行編」「ショッピング編」などのカテゴリーの中から1つ選び、その話題と関連のある文を英訳する、という課題です。英作文の課題と聞くとかなり負荷の高いものを想像しますが、ここで出題されたのはたったの1文。

こんなものでいいの? と感じるかもしれませんが、大切なのは継続することだと思います。最初からがんばりすぎてもいけません。この後、講師を選択して回答を送信。あっという間に体験初日は終了しました。

翌朝、メールチェックをするとすでに添削が返ってきているとのメッセージが届いていました。このレスポンスの早さはさすが、24時間体制のアイディーです。

今回は「学べる英語添削コース」を選択したため、間違っていた箇所については理由も含めた解説と、より自然な言い回しを学ぶことができました。あまり自信がなかったけど、通じる文にはなっていたみたいで、ひと安心しました。

学習スタイルは人それぞれですが、私の場合は昼休みの10分、15分を使って取り組んでいます。課題に取り組むことを習慣として生活に取り入れると長続きしやすくなります。時間をかけ過ぎず、完成したらとりあえず提出する、というのが私のスタイルです。

また、アイディーは添削講師もバラエティ豊か。国籍や経歴、得意分野などの自己紹介欄を参照して講師を選択します。アメリカ英語かイギリス英語か、英語の特性から講師を選択することもできるのはビジネス利用を目的とする方には特に便利かもしれません。

慣れてきたら自由英作文課題で「考える英作文」にチャレンジ

毎日簡単なやり取りを続けるのに慣れてきたら、「自由英作文課題添削」もおすすめです。答える内容を自分で考えつつ、それを英語で表現します。私が今回挑戦した課題は、

Do you prefer to watch sports or play sports? Please answer in English.
スポーツは見るのとするのとどちらが好きですか。英語で答えてください。

というもの。 私は次のように回答を送りました。

I prefer to play sports, because playing sports is good for health and refreshing for me.

添削の結果、大きな問題はないとして返ってきましたが、他にも次のような表現がある、とアドバイスが添えられていました。

I prefer to play sports, as it is good for my health, and I can refresh myself as well.

I prefer playing rather than watching sports, because it is good for health and I can feel refreshed.

I prefer to play sports, because it helps me keep healthy physically and mentally.

正誤だけでなく、他の答え方やより適切な表現についても提案があるため、英語力が着実に伸びていきます。また、オンライン英会話では見逃されがちな定冠詞「a/an」の有無についてもアイディーでは丁寧にチェック。英文添削だから得られるメリットです。

講師、課題によっては添削に数日かかる場合も

依頼を送信すると翌朝には添削結果が返ってくるのが、「文通」のようで楽しいです。添削納期は講師にもよりますが、スピーディーな講師の場合には即日納品されることも少なくありません。ただ、送信のタイミングや添削課題の分量によっては3〜5日かかる場合もあることを認識しておいたほうが良さそうです。

一度、私が「英文Eメール添削」を依頼したところ、予定納期内ではあるものの、返信までに数日がかかったことをやや不満に感じたことがありました。しかし、添削結果の丁寧さと「Well done! でございます」などユーモラスな人柄の感じられるコメントには大満足。

英作文は学習者、講師ともに人柄が表れるのも魅力です。いろいろな講師の添削を試すもよし、お気に入りの講師が見つかったら継続的に依頼するのも良いかもしれません。そのユーモラスなコメントをいただいた際の添削はこんな感じです。

オンライン英文添削サービス アイディー

あっという間の体験期間でしたが、間違いをしっかり認識でき、画面で添削履歴が残る英文添削に手応えを感じました。

ここが良かった! アイディー体験振り返り

約10日間の体験を振り返り、アイディーは家庭教師並みの丁寧なサービスだと思いました。オンライン英会話では指摘されない細かいポイントも理由とともに丁寧に指摘、解説されるので、思い込みで使っていた表現もより適切な形に修正することができます。

加えて、講師陣はいずれも第一線で活躍するプロフェッショナル。普段よく使うフレーズ以外にも、同じように使える言い回しやネイティブならではのフレーズも学ぶことができます。指摘された箇所や新しく学んだフレーズを復習しながら継続することでさらにスキルアップが見込めると思います。

特に「英文Eメール添削」は実践的な課題が中心です。実際に打つ可能性のある文章を添削してもらえるので、ビジネスパーソンなど英文Eメールを送る機会の多い人は、添削結果を書きためて、ノートにまとめておくといいかもしれません。

アイディーはどんな人におすすめ?

アイディーは記録が残り、より細かな表現や文法までチェックすることができるオンライン英文添削サービス。オンライン英会話でスピーキングを、オンライン英文添削でライティングを並行しながら学習すると、効率的に英語力を向上させることができそうです。

中でも、1回166円からとリーズナブルに始められる手軽さが魅力です。講師は世界で活躍する英語学習のプロフェッショナルばかりで、正しく豊かな英語表現を学ぶことができます。より実践的な英語を身に付けたい方、英語表現の幅を広げたい方はアイディーをぜひお試しください。

gotcha!

構成:GOTCHA!編集部