facebookinstagramtwitter
パーティーで誰かに教えたい、クリスマスのトリビア豆知識

クリスマスと聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか?この記事では知っていそうで、実は知らなかった!聖夜をさらに楽しむための、クリスマス・トリビアをご紹介します。

欧米でのクリスマスは、恋人と2人でデートをする日ではありません。クリスマスケーキは存在しません。もちろん、フライドチキンも食べません。

「ここは日本だ。それを楽しみにしたっていいではないか」。

ごもっともなご意見です。でも、クリスマスの本当の意味を知ると、これまでとは違う聖夜を楽しめるかもしれませんよ。

クリスマスの4色の意味は?

What do the four Christmas colors mean ?
クリスマスによく使われるクリスマス・カラーと呼ばれる色は、赤、緑、金、白の4色です。これらの色にはそれぞれ次のような意味があるそうです。
【赤】

キリストが生まれたときに次々に実を結んだという言い伝えのあるリンゴの実や、ヒイラギの実の色。 キリストが十字架で流した血の色 を象徴します。

【緑】

モミの木など常緑樹の葉に由来する色。 永遠の命 希望 などを表します。

【金】

キリストが生まれたときに、ひときわ大きく輝いたと言われるベツレヘムの星の輝き。それに 高貴さ、大切さ といった意味が込められています。

【白】

雪の白。 清純さと潔白さ を表します。

サンタクロースは何でクリスマスにプレゼントをくれるの?

Why does Santa Claus give children presents on Christmas Eve?
クリスマスという言葉は“Christ+ mass ”(キリストのミサ)という意味で、 キリストの生誕を祝う日 としてキリスト教圏では祝祭が行われます。実は、キリストが生まれた日は聖書には記されておらず、クリスマスを祝う習慣も昔はありませんでした。

12月25日をキリストが生まれた日としてこの日に祭りを行うようになったのは、キリストの死後、350年もたってからのことです。

また、プレゼントを贈る習慣は、 「聖ニコラスの日」から始まった と考えられています。12月5日の夜に、天からロバに乗ってやって来る聖ニコラスを、子どもたちは暖炉の前に靴や靴下を置いて楽しみに待ちます。

この習慣が、やがてクリスマスに受け継がれるようになったようです。

サンタは何で子どもが好きなの?

Why does Santa Claus love children?
クリスマスにプレゼントをくれるおじいさんとして親しまれているサンタクロースは、3世紀に実在した 聖ニコラス(St. Nicholas)がモデル になったものだといわれています。

聖ニコラスは西暦280年ごろ、現在のトルコに生まれました。やがて成人して司教(bishop)になると、多くの奇跡を起こして人々を救い、皆の尊敬を集めたということです。

特に子どもを愛した聖ニコラスは、 子どもたちにたくさんの贈り物をした ことで知られ、亡くなった後も子どもたちの 守護聖人patron saint)として慕われ続けました。

彼が亡くなった12月6日は、その後「聖ニコラスの日」と呼ばれるようになり、そのイブには、長いコートを着て、杖を片手に持ってロバに乗った聖ニコラスが、良い子にごほうびを届けるという言い伝えが生まれました。

Santa Claus(正確にはサンタクロー「ズ」と発音)という名前は、 オランダ語の聖ニコラス(Sinterklaas) が英語になまったもの。これは、クリスマスの習慣が、主にオランダ系プロテスタントによってアメリカに伝えられたことに関係します。

なんでクリスマスツリーを飾るの?

Why do people put up a Christmas tree in their homes?
森から木を抜いてきて、家の中にクリスマスツリーを飾るという習慣は、今から400年ほど前、 ドイツで始まった といわれています。

厳しい 冬にも豊かな緑を付けているモミの木を家の中に飾るということは、人々にとって 若々しい生命を家に呼び入れる ことを意味していました。

それがやがて、その気に明かりをともして飾りを付けるようになり、その周りに家族が集まりお祈りをしたり踊ったりするようになっていったのです。

また、ツリーのてっぺんに飾られる金の星は「ベツレヘムの星」を意味しています。この星はキリストが生まれたときに明るく輝き、まだ赤ん坊だったキリストをひと目見ようとした 賢者たちを、生誕の地ベツレヘムに導いた とされます(新約聖書「マタイによる福音書」)。

そのため、この星は「ベツレヘムの星」と呼ばれ、クリスマスのシンボルとなっているのです。

サンタの衣装はどうして赤と白なの?

Why does Santa Claus wear a red suit with a white trim ?
実は昔は、サンタクロースのイメージというのは決まっておらず、体つきも服装もさまざまでした。太って白いひげを生やした、現在のサンタのイメージが定着したのは、 19世紀になってから のことです。

アメリカの聖書学者クレメント・クラーク・ムーア(Clement Clarke Moore)の詩の中で、始めて今のような姿に描写され、それをトーマス・ナスト(Thomas Nast)という画家が絵にしたことから、一気にサンタクロースのイメージは固まっていきました。

それ以降、サンタクロースはずっと同じ赤と白の服を着て、ベルトを締め、足にはブーツを履いています。白いフサフサのひげとまゆは、 聖ニコラスから譲られたイメージ だと考えられます。

また、 赤と白のローブは伝統的な司教の衣装 であることから、サンタの衣装の色も、やはり聖ニコラスに由来するものだといわれています。

そして、このサンタのイメージを広く一般に定着させたのは、 コカ・コーラの宣伝 でした。20世紀半ば、愛敬満点のサンタが登場する広告が、クリスマス時期になると雑誌などをいろどり、赤と白の衣装のイメージは多くの人の心に刷り込まれました。

サンタにはトナカイが何頭いるの?

How many reindeer does Santa Claus have?
真っ白い雪が降る夜に、サンタクロースがトナカイの引くソリに乗ってみんなのところにやって来るという話は、前出のクレメント・ムーアが1832年に発表したものです。

クリスマスのまえのばん 」(’Twas the Night Before Christmas)という詩に登場する トナカイは8頭 で、名前はDasher(動きの速いもの)、Dancer(踊るもの)、Prancer(踊りはねるもの)、Vixen(口やかましいもの)、 Comet (ほうき星)、Cupid(キューピッド)、Donner(ドイツ語で稲妻)、Blitzen(ドイツ語で輝くもの)でした。

私たちがよく知っている赤い鼻のトナカイ、ルドルフ(Rudolph)が、これに加わったのは1939年のこと。シカゴのモンゴメリー・ワード(Montgomery Ward )という百貨店が、 販売促進のため にこの新しいトナカイの話を発表したところ(誰もがよく知るあの歌の詩です)、一躍有名になって愛されるキャラクターとして定着しました。

以来、 ルドルフは9番目のトナカイ として、それまで知られていた8頭のトナカイたちの戦闘に立って、サンタのソリを引くようになったのです。

クリスマスにちなんだお菓子って何がある?

What kind of sweets do people enjoy for Christmas?
キリスト教圏の人たちがクリスマスを祝うときに欠かせないと考えているものを、いくつか紹介しましょう。
【ジンジャークッキー(gingerbread cookies)】

星やハート、人、ブタなどの形をした ジンジャー(しょうが)入りの茶色いクッキー は、関連ははっきりとはわかっていませんが、クリスマスを代表するお菓子のひとつです。また、人の形をしたものはgingerbread manと呼ばれて、親しまれています。

【クリスマス・プディング(Christmas pudding)】

キリスト教では、12月25日の4週間前の日曜日から24日までをアドヴェント(Advent、降臨節)と呼び、クリスマスの準備をします。その最初に作るのがクリスマス・プディングで、中にはたくさんのフルーツのほかに、 きれいに磨いたコインを1枚 入れます。切り分けたときにこのコインに当たった人は、 次の年に幸運なことが起こる と考えられています。

cane )】">【キャンディーケイン(candy cane )】

杖の形をしたキャンディーは キリストの生涯を表している といわれています。ストライプの赤は十字架にかけられたキリストが流した血で、白はキリストの清浄さを意味しています。

日本の雪だるまの形って海外のものと違うってほんと?

Is a snowman made with two snowballs or three? クリスマスとは直接つながりはありませんが、冬の季節に欠かせないものと言えば雪だるま(snowman)です。
私たち日本人が作る雪だるまは、頭と胴体部分の2つの丸い雪のかたまりでてきていますが、 欧米では3つのかたまりで作られる のが一般的です。

一説には日本の雪だるまの形は「だるまさん」をモデルにしているので今の形になったのだとか。そういわれてみると、この2つは確かに似ている気がします。

また欧米では、雪だるまの 鼻はニンジン で作られるのが一般的で、みんなとがった高い鼻をしています。

まとめ

ご紹介したクリスマス・トリビアをお楽しみいただけたでしょうか。

クリスマスディナーの席などでさりげなく話したら、欲しかったプレゼントをもらえなくて機嫌を損ねているあの子が、 すぐに 笑顔に戻ってくれるかも…しれませんよ。

この記事を読んだ人におススメの参考書はこちら!

文:榎本幸子 編集:GOTCHA! 編集部

GOTCHA(ガチャ、gάtʃə)は、I GOT YOUから生まれた英語の日常表現。「わかっ た!」「やったぜ!」という意味です。英語や仕事、勉強など、さまざまなテー マで、あなたの毎日に「わかった!」をお届けします。

RELATED ARTICLES関連記事

アメリカ南部の田舎町に暮らしたレズビアン作家を描いた「自伝」作品
目指せ、プラスチック削減!覚えておきたい「エコのお作法」
人間関係や性の悩み、紛争の中で生きるイギリスの若者たちの「青春コメディー」
イスラム文化を知りたい!英語力も伸ばしたい!私が留学先にブルネイを選んだ理由
現代社会で増加する小説作品ジャンル「オートフィクション(autofiction)」とは?【EJ Culture 文学】
イギリスに「芸術の秋」はない!?一年中アートを満喫できる最高の国

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 09
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】EJ史上、最高難度!英語の「超」難問ドリル
詳しく見る