「任せて」を trust を使って英語で言うと? 【スティーブ・ソレイシィ】

スティーブ・ソレイシィさんの大ベストセラー『英会話なるほどフレーズ100』がシリーズ累計で発行部数100万を突破しました。そんな「なるほどフレーズ」シリーズから、この連載では英語の「使える裏技」を毎週ご紹介します。第12回は「私に任せて」をお届けします。

頼みに応えようとする気持ちを表す、たった2語の便利なフレーズ

Trust me.
任せてください。

Trust me.(任せて)は、響きがいいし、相手を安心させることができるし、説明などが厄介なときにも便利なフレーズです。「任せて」「いいから」とソフトに言うとき、Don’t worry.(心配しないで)ではなく、Trust me. と肯定的に言いましょう。「これについては経験が豊富なのでよく知っているんですよ」という意味合いがあります。

ランプ前大統領が非常によく使っていた Believe me. というフレーズには、「信じて」という意味だけではなく「私はこの分野を知り尽くしているので任せなさい」というニュアンスがあります。そのため、Believe me. も Trust me. と同じように使われています。使い過ぎるのもよろしくないのですが・・・。

「~のことなら任せて」は、Trust me when it comes to ~.が定番

Trust me . (任せて)の応用形として、Trust me when it comes to ~.(~のことなら任せてね)があります。自信を持っていることをどんどん表に出すことで、安心感を与えられるだけでなく、会話のキャッチボールが生まれます。

こちらも Trust を Believe に言い換えることができます。例えば、Trust/Believe me when it comes to good ramen restaurants in Fukuoka.(福岡県の美味しいラーメン屋のことなら詳しいから任せてよ)などのように積極に言ってみましょう。toの後ろには名詞が来ます。good ramen restaurants は「おいしいラーメン屋」という意味の名詞です。

今日の英会話

クリスマスディナーの予定を立てている友達同士の会話です。

A : Trust me when it comes to Christmas decorations.
B : OK. You’re the boss.
A : クリスマスディナーの飾り付けなら私に任せてよ。
B : よし、任せた。

EXERCISES

trust を使って次の日本語を英語で言ってみましょう。

1 任せて。あたなのために頑張るから。
2 東京の電車のことなら任せて。

解答例は記事の最後をご覧ください。

『英会話きちんとフレーズ100』ってどんな本?

前刊の『英会話なるほどフレーズ100』の続編に当たる『英会話きちんとフレーズ100』では、日本人の心「和マインド」をきちんと伝えられる表現トップ100をそろえました。シンプルで、自然で、日本語の感覚にきちんとマッチした表現を身に付けて、自分を表現する言葉として使えるようになります。

こちらもオススメ

EXERCISESの解答例

1 Trust me. I’ll do my best for you.
2 Trust me when it comes to Tokyo’s trains.

※ 本記事は『英会話なるほどフレーズ100』の内容をもとに構成しています。

Steve Soresi
スティーブ・ソレイシィ(Steve Soresi)

アメリカ・フロリダ州出身。1990年英語指導助として岐阜県に初来日。1998年早稲田大学大学院政治経済学部でマスコミュニケーション理論を学び同大学院修士課程を修了。2009年青山学院大学大学院国際政治学研究科博士課程を修了。拓殖大学、東洋英和女学院大学の専任講師を経て、2011年ソレイシィ研究所(株)を設立。現在、同研究所の代表として日本の「英語が使える国の仲間入り」を目指した英語教材の企画開発、英語教授法の研究と人材育成、英会話コーチ、セミナー、公演などを行っている。BBT大学教授。NHKラジオ第2放送「英会話タイムトライアル」講師(2012年4月~現在)。

SERIES連載

2024 05
NEW BOOK
おすすめ新刊
観光客を助ける英会話
詳しく見る
メルマガ登録