ENGLISH JOURNAL ONLINE

カリフォルニア州のニックネームは「〇〇」の州?アメリカ南部&西部インタビュー【音声付き】

『ENGLISH JOURNAL』2022年5月号の特集は「アメリカ英語大解剖MAP」。50州から成る、The United States of America(アメリカ合衆国)。各州独自の歴史や文化、話される英語など、その個性はさまざまです。この記事ではその一部をご紹介。アメリカ「南部」「西部」の出身者が話す英語インタビューのリスニングに挑戦してみてください。各地の発音の特徴に触れ、アメリカ英語のリスニング力を身に付けましょう!

南部:Michael Taborさん(ジョージア州出身)

田舎あるある――通りに住む人はみんな知り合い

I was born in Point Pleasant, West Virginia. I grew up in Georgia and in Tennessee, and currently live in North Carolina. I think one of the neat characteristics about where I grew up is that — I think agricultural’s a neat thing — and it was a very big agricultural area where I grew up. A lot of crops, and corn and wheat and soya beans and stuff like that were grown around where I grew up. Everybody that lived on my road, we all knew each other, so we always knew when there was a different vehicle driving down the road — vehicle we didn’t recognize.

私はウエストバージニア州ポイントプレザント生まれです。ジョージア州とテネシー州で子供時代を過ごして、今はノースカロライナ州に住んでいます。私が育った場所のすてきな特徴の一つだと思うのは――農業はすてきなものだと思いますが――私の育った場所は広大な農業地帯でした。たくさんの穀物、トウモロコシや小麦や大豆やそういったものが、私の育った辺りで栽培されていました。通りに住む人はみんな知り合いだったので、変わった車――見たことのない車――が道を通って行くと必ず気付きました 。

tireの発音は地域によって違う

I think there are a lot of differences in the way people speak in the southeastern portion of the United States. People in Georgia speak different than people in Tennessee — same with North Carolina, West Virginia. There are a lot of different phrases. Like, some people might say, “tire (/taiər/), other people might say “tire(/ta:r/)” — like a car tire, stuff like that.

アメリカの南東部でも話し方にはいろいろと違いがあると思います。ジョージアの人の話し方はテネシーの人の話し方とは違います――ノースカロライナでも、ウエストバージニアでもそうです。表現の違いにはいろいろあります。例えば、(tireという語を)/taiər/と発音する人もいるでしょうが、/taːr/と発音する人もいます――車の「tire」みたいな感じです。

banner4

西部:Sarah Eicherさん(カリフォルニア州出身)

カリフォルニア州は「黄金の州」

In the city, definitely go to Dewar’s if you can. Go to the Kern County Fair — it’s really fun to see all the agriculture that students have been raising, working really hard on. And then the fair also showcases crafts. So I like to quilt, so I like to go and look at all the quilts that people have made.

And I think the nickname for our state is the Golden State. And I think that has a lot to do with the sort of rolling Golden Hills that we have and the fact that gold was found here — and that brought a lot of people to California.

うちの市(カリフォルニア州、ベーカーズフィールド)だと、できればデュワーズにはぜひ行ってほしいですね。カーン・カウンティーフェアに行くと――学生たちがとても一生懸命育てている農産物を見るのがすごく楽しいです。それからフェアには工芸品も展示しています。私はキルト作りが好きなので、他の人たちが作ったキルトを見に行くのが好きです。

この州のニックネームは「黄金の州」だと思います。これはなだらかに続くゴールデンヒルズや、ここで黄金が見つかったことと大いに関係があると思います――それでたくさんの人がカリフォルニアに来たのです。

カリフォルニアのギャル語?「バレーガール」なまり

I think California has a very unique sort of Valley girl accent. And I’m not sure if that’s just because it was portrayed in movies and then people said, “Oh, well they must speak like that over here.” So there’s this kind of airheaded twit, uneducated snob blonde sound, that a lot of people have in California. But then I’m not sure if it’s true or not, but I’ve heard of the stereotype of the surfer language. Because we have so many beaches, so many people like to surf so they “ride the waves, dude,” and stuff like that. I think our town is a little different.

カリフォルニアには独特なバレー・ガールなまりのようなものがあると思います。映画で取り上げられて、人々が「へえ、あそこではそういう話し方をしなくちゃいけないのか」と言うようになったからかどうかは分かりませんが。つまり、頭の空っぽなおばかさん、教養のない気取ったブロンド娘風の話し方を、カリフォルニアでたくさんの人がしているというのです。でも、本当かどうかは分かりませんが、ステレオタイプなサーファー言葉も聞いたことがあります。ビーチがたくさんあるので、サーフィン好きがたくさんいて、「波に乗ろうぜ、よう」みたいな言い方をするとか。私の町はちょっと違っていると思います。

特集「アメリカ英語大解剖MAP」はENGILSH JOURNAL5月号で!

「南部ノースカロライナ州は飛行機発祥の地?」「『sus』ってなんの略?どんな意味?」――気になるインタビューの続きは『ENGLISH JOURNAL』5月号の特集をご覧ください。

取材・写真提供:酒巻有里 翻訳:挙市玲子 

banner6