ENGLISH JOURNAL ONLINE

ネイティブみたいにサラッと褒めたい!すぐに使える必殺英語フレーズ30

ネイティブみたいにサラッと褒めたい!すぐに使える必殺英語フレーズ30

英語で話しているとき、相手から褒められて、どう返答していいかわからずどぎまぎしてしまったことはありませんか?「自分も相手をサラッと褒めたい!」と思うものの、恥ずかしくて結局言い出せないという方もいるのでは。今回は、デイビッド・セイン先生に、英語ネイティブスピーカーは「褒める」ことをどのように捉えているのかを教えていただきます。褒めるときに使える便利なフレーズもたっぷりご紹介!

謙遜しすぎは△。褒められたら素直に受け取って

日本の文化では、相手を褒めること、特に目の前にいる相手を褒めることはそれほど多くないかもしれません。反対に、ネイティブは日常的に相手を褒めます

初対面の人や、たとえ通りがかりの人であっても、「いいな」と思ったことは臆せずにどんどん褒めます。ネイティブにとっては「褒めること」は生活の一部であり、家族や友達はもちろん、同僚取引先の人、そして行きつけのお店の店員さんなどなど、思ったことを率直に褒め言葉にして口にします。褒められて悪い気持ちになる人はいませんよね。言葉にしないとわかり合えないこともありますし、褒め言葉をたくさん知っておいて損することはないでしょう。

日本人は謙虚な方が多いので、こちらが褒めると、びっくりするくらい否定されてしまいます。顔の目の前で手を振って、「いやいやいやいや!」と。日本に来たばかりの頃は「何か悪いことを言ってしまったのかな?」心配になったものです。

アメリカでは、「いいな」と思ったら、その場で口にします。例えば、パーティーなどで素敵なドレスを着ている人がいたら、

I like your dress. Where did you get it?

素敵なドレスね。どこで買ったの?

などとサラッと声をかけます。褒められた相手も、

Oh, thanks! I like your bag too!

あら、ありがとう。あなたのバッグも素敵ね。

とごく自然にお礼を述べます。否定してしまうと、褒めてくれた相手もがっかりしてしまうので、素直に受け取ってOKです!

ただ、日本に来たばかりの頃は、盛んに「顔が小さいですよね」とか「鼻が高いですよね」などと言われ、それが日本人にとっていいことであると理解していない頃は、「顔が小さくておかしいってことなのかな?」とか「鼻が大きいってこと?」などと感じたことがありました。

外見に関しては、人それぞれの捉え方があるので、「素敵な鼻だね」とか、「あなたみたいに顔小さくなりたいな」など、自分がいいと思っていることを合わせて伝えるようにすると、誤解が生じなくていいかもしれません。

家族や友達を褒めるひとことフレーズ

では、日頃ネイティブはどうやってお互いを褒め合っているのでしょうか?実際に使える褒めフレーズを引き出しにたくさん持っておけば、あらゆるシーンでスッと出して使うことができるので、ぜひ覚えてください。

まずは、ひとことで相手を褒めるフレーズをいくつかご紹介します。家族や仲のいい友達などを褒めるときにぴったりです。

Cool!

かっこいいね!

ひとこと褒めフレーズの超定番です。あらゆるものごとに関して「いい!」と思ったら使えます。

Awesome!

いいね!

相手の持ち物や行動が「いいな!」と思った時に思わず口から出るひとことです。

Splendid!

最高!

相手の発言に対して「すごいじゃん!」のようなニュアンスで使います。

Brilliant!

すごい!

本来は「輝かしい」のような意味があり、きらきらした出来事などに使います。

Neat.

いいね。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、ネイティブは「素敵!」のようなニュアンスでよく使います。

Perfect!

完璧だね!

相手の隙のないほど素晴らしい様子などを褒めるときに使います。

Beautiful!

きれい!

「美しい」という意味ですが、ネイティブは気軽に「かわいい」「素敵」のようなニュアンスでよく使います。

ほかにも、下記のようなひとことフレーズが使えます。

Lit!

楽しそう!

Jealous!

うらやまし〜!

Cuties!

かわいこちゃんたち!

Fabulous!

素晴らしい!

Hot/Hottie!

いけてる!

こういったひとことフレーズだけでも口にできると、会話はとても生き生きとして弾むものです。ぜひ「すごい!」「いいな!」と思うことがあったら使ってくださいね。

ビジネスコミュニケーションを円滑にする褒めフレーズ

では、次に、ビジネスシーンや目上の人などに使える褒めフレーズをご紹介します。仕事場などの改まった場面でも、褒めフレーズはとてもよい潤滑油の役割を果たします。ぜひ覚えて使ってください。

相手のプレゼンや仕事の出来栄えを褒めるとき

Your presentation was fantastic!

プレゼン素晴らしかったです!

上記のように、“Your … was + 褒め言葉”で、「あなたの〜は素晴らしかったです」という意味になります。先程のひとこと褒めフレーズなどで使った、褒める言葉を入れればOKです。

上司が部下や同僚同士で相手の仕事ぶりを労うとき

You did such a great job.

とてもいい仕事をしましたね。

ここでのsuch は「とても〜な」と強調する役割を果たしますので、「とてもいい仕事をした」という意味になります。

また、ビジネスシーンでもうひとつ覚えてほしいフレーズがあります。「〜するのに値する」を意味するdeserve という単語を使った表現です。

会話例を見てみましょう。

A: I got the contract with ABC! 

B: You deserve it.

A: ABC社との契約が取れました!

B: よくやったね。

上記のように、相手がよい行いをした場合などに「あなたの頑張りはそれを受けるにふさわしい」、つまり「よく頑張りました」という意味の褒め言葉になります。努力した人へかけてあげたいひとことです。

ほかにも、下記のようなフレーズが使えます。

I’m proud of you.

誇りに思います。 ※同僚や部下へ使う

Thank you for your hard work.

君の働きぶりに感謝するよ。 ※部下へ使う

I couldn't have done it without you.

あなたのおかげでできました。 ※部下、上司問わず使える

人柄を褒めたいとき

また、誰かに「〜ってどんな人?」などと第三者の人柄について聞かれることもよくありますよね。そんなときに使えるフレーズもご紹介しておきます。

A: What’s Mike like?

B: He's a really caring person.

A: マイクってどんな人?

B: とても気遣いのできる人よ。 

“A is … person.”は、「Aは・・・な人です」と性格を伝えるフレーズです。...の部分には、

friendly (親しみやすい)

energetic (エネルギッシュな)

sweet (優しい)

thoughtful (思いやりのある)

mild and quiet (穏やかな)

attractive(魅力的な)

などが入ります。その人の長所を的確に伝えられるようになるといいですね。

映画や音楽などを褒めるときのフレーズ

また、会話においてよく登場するのが、映画や本、音楽などの話題。人だけではなく、作品など「モノ」を褒める表現も覚えておきましょう。

A: Did you listen to BTS's new single?

B: I did! It is the best song I ever heard!

A: BTSの新曲、聴いた?

B: 聴いた!これまででいちばんいいよね!

That is the best … I ever ~.” で「これは今まで〜した中でいちばんの・・・だ」という意味になります。作品などを「最高の〜だね!」と褒めるときに使えます。

映画などであれば“best movie I ever saw”、本であれば“best book I ever read”など、いろいろ入れ替えて使えます。bestをgreatestに言い換えたり、“This is the best album ever!”(これは最高のアルバムだ!)のように言ったりしてもOKです。

イギリス英語の場合は、Did you listen ...?をHave you heared...? 、 そして best ... I ever +過去形の代わりに、best ... I’ve ever+ 過去分詞の形を使いますので、両方覚えておくといいでしょう。

SNSで使える褒めフレーズ

最後に、今や生活には欠かせない存在であるSNSですが、せっかくなら、「いい!」と思った気持ちをどんどん発信したいものですね。

SNSの投稿などに使える褒めフレーズをいくつかご紹介しておきます。

基本的に、ネイティブのコメントは短くシンプルなものが多いです。冒頭で紹介したようなひとことフレーズのように、1フレーズだけというものがほとんど。

以下、相手が投稿した写真や動画によく使われる褒めフレーズをご紹介しておきます。気になるフレーズがあったら、どんどん使っちゃいましょう!

You’re so stunning!

めっちゃイケてるね! ※女性に向けて使われることが多い

You look amazing!

あなたとっても素敵! ※男女問わず使える

I love that dress!

そのドレスいいわね! 

I love that ...で「その・・・素敵ね」という意味です。洋服などを褒めるときに使えます。

Absolutely cool!

とにかくかっこいい! 

Absolutelyは、「ものすごく〜」と強調する言葉です。さらに砕けたフレーズとして、“Damn cool!”などもあります。

Looks yuuuuum.

超〜おいしそう〜。

食べ物の写真へよく使うひとことです。“yuuuum”や“sooooo”のようにアルファベットを多く書いて興奮してきる気持ちを表すこともよくあります。

Aww. Too cute!

やだ〜。かわいすぎ!

子供や動物などの可愛くてたまらないときのひとことです。“Aww.”は、愛しくてたまらない気持ちを表す言葉である“Aw.”を強調したスラングです。

ほかにも、下記のようなフレーズが使えます。

Nice pics!

いい写真だね!

Beautiful couple!

素敵なカップル!

The dress looks so good on you!

そのドレスとても素敵!

褒めフレーズを使えば、自然と会話が弾む♪

英語だけに限ったことではありませんが、相手のいいところを見つけたら、率直に褒め、どんどん伝えましょう。ネイティブにとって、相手を褒めるということは、イコール「あなたに敵意がありませんよ」ということを伝えるサインのひとつでもあります。相手との距離もグッと近づき、自然と会話が弾むようになると思います。

ぜひ、今回ご紹介したフレーズを状況に応じて使って、たくさんコミュニケーションをとってくださいね。

特集「モテ英語のルール10」をEJ6月号でチェック!

David Thanye

David Thayne(デイビッド・セイン)米国生まれ。証券会社勤務後に来日。日本での30年にわたる英語指導の実績を生かし、英語学習書、教材、ウェブコンテンツの制作を手掛ける。累計400万部を超える著書を刊行、多くがベストセラーとなっている。NHKレギュラー出演のほか、日経・朝日・毎日新聞などに連載。企業・学校などでビジネス英語、TOEIC、日本文化を英語で紹介する講演会や行政向けのセミナーも開催。近年は自然英語キャンプを主催し、オンライン英語教育システムも開発中。AtoZ Englishwww.atozenglish.jp)主宰。