TOEIC満点講師直伝!公開テスト最新の抽選倍率と「ミスをゼロにする」ための心構え

忙しさを乗り越えろ!スキマ時間で満点TOEIC塾

濱崎潤之輔さんと星名亜紀さんの交互執筆連載!通勤電車の中で、バスを待っている間に、寝る前の時間やお昼休憩、家事の合間に・・・。忙しい中でもなんとか時間を見つけてTOEIC(R)L&Rテストのスコアアップを目指したい人のための学習法を紹介します。第2回では、濱崎さんが公開テストの最新状況と「満点を取るために必ず覚えておきたいこと」を解説します。

TOEIC L&R公開テストに関する最新情報

再開後、受験者数は徐々に増加

昨年1月の実施を最後に、新型コロナウイルスの影響でTOEIC L&R公開テスト(以下:公開テスト)は数カ月間の開催中止が続きました。

そして、昨年秋に待望の再開。10月25日からはTOEIC運営委員会の計らいにより、午前と午後の1日2回の受験機会が設けられることとなりました。

以下は、昨年10月から今年3月までの公開テストの受験者数の推移です。

日付 受験者数
2020年10月4日 28,726人
2020年10月25日 53,515人(午前:27,000人 午後:26,515人)
2020年11月 85,742人(午前:45,027人、午後:40,715人)
2020年12月 68,090人(午前:34,370人、午後:33,720人)
2021年1月 82,425人(午前:42,111人、午後:40,314人)
2021年2月 95,873人(午前:46,193人、午後:49,680人)
2021年3月 106,773人(午前:53,234人、午後:53,539人)

(引用元:IIBC:TOEIC L&R公開テスト 平均スコア・スコア分布一覧

ご覧のように、月が進むごとに受験者数が漸増していることがわかります。

これは徐々に受験会場(大学や専門学校、貸会議室など)の確保ができるようになってきたことと、受験機会が1日2回に増え、それが受験者の間に定着してきたことによるものだと思われます。

一時は受験資格を得るのが難しい状況に・・・最新の抽選倍率は?

受験会場が限られているということは、希望者全員が受験するのがかなわない可能性もあるということです。

以下は昨年10月~11月の、公開テストの「受験資格当選率」です(上記の数字とは若干の誤差がありますが、すべて主催者であるIIBC*1問い合わせて得た情報です)。

公開テスト日 申し込み者数 当選者 倍率
2020年10月4日 99,000人 23,000人 4.3倍
2020年10月25日(午前) 84,534人 24,777人 3.4倍
2020年10月25日(午後) 44,546人 28,885人 1.5倍
2020年11月15日(午前) 73,457人 48,992人 1.5倍

僕は毎回公開テストを受験するようにしていますが、昨年の秋は2回程抽選に漏れてしまい、受験することができませんでした。

毎回、受験会場の数がほかの都道府県より多いであろう東京会場で申し込みをしているのですが、それでも受験資格を得ることが簡単ではなかったのが実際のところです。

僕の知り合いには、千葉の松戸にある会場で申し込みをしたものの、3回連続で抽選に漏れ、しばらく受験できなかったという人もいました。

このように、短期間ではあるものの、受験機会を得ることが難しい時期があったのは事実です。しかし、最近の状況は以下のようになっています。 

2020年3月の受験資格当選率(IIBCに問い合わせて得た情報)

午前:1.01倍(東京:1.0倍)

午後:1.01倍(東京:1.0倍)

つまり、現在は「希望する人はほぼ全員が受験できる」状況になったということです。非常に喜ばしいことだと思います。

僕は3つの大学で講師をしていますが、いずれの大学でもほぼ毎月IPテスト(オンライン)が実施されているため、学生も含めて、「受験したい人が受験できない状況」は概ね脱出することができたと言えるでしょう。

受験料の値上げ

受験会場を確保できるようになったのはいいものの、以前は1日1回行われていた試験です。現状は1日2回、つまり運営側の方たち(現場の試験監督者など)は、単純計算で倍の時間拘束されることになってしまっています。

そのほかの要因(消毒液や自動体温計の設置など)もあり、公開テストは2021年10月の公開テストから値上げされることになりました。

2021年 9月までの受験料:6,490円(税込)

2021年10月からの受験料:7,810円(税込)

※1,320円の値上げ

公開テストには「リピート受験割引」というものが存在し、一定の条件下で繰り返し受験すると割引価格が適用されます(適用条件について詳細はこちら)。

2021年 9月までのリピート受験割引受験料:5,846円(税込)

2021年10月からのリピート受験割引受験料:7,150円(税込)

※1,304円の値上げ

申し込み受け付け期間の短縮

これに加えて、「申し込み期間の短さ」にも注意が必要です。以下に例を挙げます。

【2021年6月20日(日)午後実施の公開テストの申し込み受け付け期間】

2021年5月6日(木)12:00から 2021年5月10日(月)15:00 まで

このように、申し込み受け付け期間がわずか「5日間」しかありません。

受験する予定の方は受け付け開始日時をしっかりと手帳などにメモしておくようにし、受け付け初日には確実に申し込みを済ませることを強くおすすめします。

テストを運営するIIBCは、「メール配信サービス」も行っています。以下のサイトから申し込めますのでぜひご活用ください。公開テストの申し込み受け付け開始や締切が近づいたことをリマインドしてもらえるので非常に役に立ちます。

【公式】TOEIC Programメール配信サービス

ミスをゼロにするための心構え

「ミス」など存在しない。あるのは「実力不足

TOEIC L&Rテストで990点(満点)を狙う上で、当然のことですが、ミスはご法度です。

990点を本気で狙うのであれば、試験後に「ミスしてしまった」などとは決して口にしないでください。

それはミスではありません。

ミスなんて無いのです、「正しくできなかった」、つまり単なる「実力不足です。

「本当はできていたはずなんだけどなあ」などと間違っても口にしてはいけません。

990点を目指すのであれば結果がすべてです。結果=あなたの実力なのです。

とは言うものの、確かに実力を発揮するのを妨げられるような出来事が公開テスト本番では少なからず起こり得るのは事実です。

実際に起きたトラブルの数々。それでも満点を取れたのは?

・試験中にシャープペンシルがガキッ!という音と共に真っ二つに折れてしまった

・隣の受験者の貧乏ゆすりと独り言があり得ないくらいのレベルの大きさだったため、集中力を保てなかった

・指定されたのが大会場の後ろの隅っこの席で、音源は小さなラジカセ一つだったため、音声がとても聞こえづらかった

・試験会場で腕時計を取り出すと電池切れで止まっていた(タイムマネジメントができなくなってしまった)

・試験監督が終了時刻を間違えてしまい、早めに試験終了のアナウンスをしてしまった

これらは実際に公開テストの最中に僕の身に起こったことです。

このようなことがあったにも関わらず、僕は上記のアクシデントが起こったすべての回で満点を獲得することができました

それはなぜか。

それは「常に最悪の事態を想定して準備を怠らない」ようにしているからです。

試験中にシャープペンシルが折れた

ペンケースには常に普通のシャープペンシルを2本、マークシート用シャープペンシル(ペンテルの1.3mmとステッドラーの0.9mm)を合計2本、消しゴムは2つ入れておくようにしています。

隣の受験者の貧乏ゆすりと独り言で集中できなかった

常日頃から電車内やマクドナルドのような騒音・雑音が多いところで学習する機会をつくるようにし(コロナ禍になる前の話です)、周りの人たちが話していようといまいと「自分のゾーンに入る」術を身に付けるよう努めていました。

後ろの席で音声が聞こえづらかった

ラジカセを購入し、イヤホンやヘッドホンで聞く音ではなく「遠くに置いたラジカセから出る音」でもリスニングを練習しています。ただ、席の移動の申し入れも可能なので、皆さんには臆せず「音声チェック」後に挙手して前の方に移動することをおすすめします。

腕時計が電池切れで止まっていた

これは痛恨でした。その日は全速力で解答し、とにかく「時間切れで200問を解ききることができない」という事態だけは避けるという方針で進めました。結果的に塗り絵(解答しきれずに適当にマークをすること)は免れました。試験終了後すぐに(安物ですが)予備の腕時計を購入し、その後はペンケースに常時2つの腕時計を入れておくようにしています。

「準備万端」「備えあれば憂いなし」「用意周到」「石橋をたたいて渡る」という言葉を常に意識するのです。

試験監督が早めに試験終了のアナウンスをしてしまった

これは今年4月の公開テストのときにも起こりました。1分早く終了のアナウンスがされてしまっただけなので、満点を狙うレベルの受験者であれば特に大勢に影響はないレベルのトラブルでした。

満点を狙うのであれば、最低でも5分、できれば10分程度の余裕を持って200問目まで解答し終え、残り時間を使ってマークミスのチェックや気になる問題の再考を行うようにすべきです。

「信じられる自分」はあなたがつくる

リスクが最小限になるよう、でき得ることはすべて用意して本番に臨むこと。

これが満点を取るためには肝要なのです。

試験会場には受け付け開始前に到着しておくことは至極当然。

午前受験の場合は受け付けが9時25分に開始となりますが、その時点で受け付けの机の前に必ず並ぶことができるよう、余裕を持って自宅を出発するようにしてください。

公共の交通機関も、まれではありますがトラブルが起こり得ます。「たとえ電車が遅延・運転見合わせになったとしても、これだけ早く家を出れば、代替の交通機関を使って受け付け時間終了前には試験会場にたどり着けるだろう」という心の余裕・安心感を確保すること。

これは満点を狙う人だけではなく、公開テストを本気で受験する人であれば最低限のたしなみとして注意すべきことなのです。

「すべての責任は自分にある」のです。

常日頃から、「言い訳をしない」自分をつくり上げるべく、倦(う)まず弛(たゆ)まず努力を続けること。

万難を排し、心技体すべてを100%、いや、200%仕上がった、これ以上ない状態で試験本番を迎えること。

あなた自身が意識して、「信じることができる自分」を創造できますように。

応援しています。頑張っていきましょう。

こちらの記事もおすすめ!

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

濱崎潤之輔さんの書籍

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

TOEIC L&Rテスト 目標スコア奪取の模試

  • 作者:濱崎潤之輔
  • 発売日: 2019/12/05
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

改訂版 中学校3年間の英語が1冊でしっかりわかる本

  • 作者:濱崎 潤之輔
  • 発売日: 2020/12/09
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

*1:一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会。TOEICの試験運営をしている団体

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税込1,078円)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、専門性の高いオリジナル連載や月刊誌『ENGLISH JOURNAL』との連動特集など、すべての記事へ無制限にアクセスできます。ほかにもイベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

濱崎 潤之輔

濱崎 潤之輔 大学・企業研修講師、書籍編集者。早稲田大学政治経済学部経済学科卒業。明海大学や獨協大学、早稲田大学EXT、ファーストリテイリングや楽天銀行、エーザイやSCSK、オタフクソースなどの企業でTOEIC L&Rテスト対策研修講師を務める。TOEIC L&Rテスト990点(満点)を70回以上取得。『 TOEIC L&Rテスト990点攻略 改訂版: 新形式問題対応 』(旺文社)、『改訂版 中学3年間の英語が1冊でしっかりわかる本』(かんき出版)など、著書・監修書は60万部以上の実績を誇る。「濱崎TOEIC研究所オンラインサロン」主催。
・濱崎TOEIC研究所オンラインサロン: https://peraichi.com/landing_pages/view/hummertoeicsalon/
・Twitter: @HUMMER_TOEIC
・Instagram: junnosuke_hamasaki