英会話レッスンがより楽しくなる!神フレーズ17

会話が弾む!リアクション英語

英会話で、「自分のリアクションって合ってるのかな・・・」と不安になったことはありませんか?連載「会話が弾む!リアクション英語」では、毎月、英会話コーチで大人気Podcastのパーソナリティーでもある「英語のそーた」さんが、会話が盛り上がること間違いなしのリアクション方法をレクチャーします!今回は英会話レッスンで使えるリアクションフレーズをご紹介します。

英会話レッスンで使いたいリアクションフレーズ!

最近は英会話スクールに通わず自宅で受講できるオンライン英会話が普及し、英会話レッスンの選択肢も大きく広がりました。英語が話せるようになるためには、英語を「話さなければ」上達は見込めません。

ですが、「英語が話せないから、英会話レッスンを受講するのはちょっと・・・」と躊躇(ちゅうちょ)されている方も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、そのように躊躇されている方にはもちろん、すでに英会話レッスンを受講されている方にもおすすめの、「英会話レッスンで使えるリアクション」をご紹介したいと思います。

前回の記事で、「驚いたとき」「共感したとき」など、シーン別に分けてご紹介したリアクションフレーズたち。もちろん、あれらの英会話フレーズも英会話レッスン受講の際にお使い頂けます。まだ読まれてない方はそちらのフレーズもインプットしてみてください。

ej.alc.co.jp

あいさつを乗り切ろう 

とはいっても、英会話レッスンには日常会話にはない、独特の話の流れや、雰囲気、シーンというものもありますよね。その一つが始まりのあいさつでしょう。ということで、まずはあいさつシーンで使えるリアクションのご紹介です。この言葉さえ覚えておけばあいさつは乗り切れます。

Pretty good.

元気ですよ。

さぁ、レッスンが始まりました。先生は必ずはじめに“How are you?”(元気ですか?)や“How’s it going?”(調子はどうですか?)と聞いてくるはずです。

実はこの表現、それほど相手は真剣に聞いていないということはご存じですか?英会話における“How are you?” “How’s it going?”は、日本語でいう「やっほ〜!」「よ!」のようなものです。

英会話に慣れていない方はここで「最近あったこと話さなきゃ」と焦ってしまい、「昨日わたしはスーパーに買い物に行ってパセリを買いまして、そのあとに銀行で150万を・・・」と語り出してしまうケースもしばしば。

この場面のあいさつはシンプルにまとめましょう。“Pretty good.”は非常に便利なフレーズで、ネイティブもあいさつの返しとしてこの表現を本当によく使います。

僕、そーたも日々英語のネイティブスピーカーとお仕事をする上で、“How’s it going?”と聞くことがあるのですが、9割の確率で“Pretty good.”と返ってきます。ですが、元気でないときももちろんありますよね?そんな場合のフレーズがこちら。

I’ve been busy lately.

最近忙しくて。

I’m sick today, but I’m fine!

今日は体調が悪くて・・・でも大丈夫!

9割の返答が“Pretty good.”ですが、残りの1割がこれらの表現です。

もちろん人によって口ぐせは異なるので、いろいろな表現を使っていただいても構いませんが、大切なことは「あいさつはシンプルに」終わらせるということです。そういう意味では、ここまで紹介した3フレーズさえ覚えていれば、たいていのあいさつは乗り切れます。そしてこのあとに聞かれるかもしれない質問がこれです。

▼上記で紹介した「あいさつを乗り切る表現」の解説付き音声はこちら!

最近の出来事を伝えよう

What’s new?

何か最近ありましたか?

これ以外の表現で聞かれることもあるかとは思いますが、たいていあいさつの次に来るのは「最近のできごと」に関する質問のはずです。ここで初めて、先ほどのパセリの例のようなお話をしてあげてください(笑)。

オンラインレッスンだけではなく、対面の日常会話でも、“How are you?”などのあいさつが終わったあとは、最近あったことをお互いに話し合うことが多いです。つまり、大切なのは、レッスン前に「最近あった話」のネタを探しておくことです。

そして、いよいよ英会話レッスンの本題に入っていくはずです。

この英会話レッスン中盤で使えるリアクションフレーズは、第1回目の「目指せ、聞き上手!英語の相づちはどのタイミングで打つのがベスト?」第2回目の「『ほんとそれ』『ご愁傷様です』って英語でなんて言う?シーン別・リアクションのフレーズ」の記事でご紹介した表現を覚えていれば、たいていのリアクションはとれるはずです。

特に、“I see.”は鉄板フレーズとしてご紹介しましたよね。チェックできていない方は確認して、英会話レッスン中盤のリアクションに備えましょう。

▼上記で紹介した「最近の出来事にまつわる表現」の解説付き音声はこちら!

「とっさの瞬間」を乗り切ろう!

英会話レッスン中盤で頻繁に起こるシーンが一つあります。それは、「先生と話すタイミングがかぶる」ことです。例えば、自分が何かを言おうとしたときに先生も話し始めてしまった。あるいは、その逆の場合もあるでしょう。そんなときに使えるフレーズがこちら。

I’m sorry to interrupt you.

遮(さえぎ)ってすみません。

Go on.

話を続けてください。

Go ahead.

先にどうぞ。

Sorry, never mind.

すみません、やっぱりいいです。

※「私の言ったこと気にしないで!」「先に言って!」のニュアンス

このようなとっさの瞬間のフレーズは、前もって準備をしていないと口から出てきませんよね。そして、これらのフレーズは先生との会話だけでなく、グループレッスンでほかの生徒さんと話すタイミングがかぶった場合にも使えます。

実は僕は、本業でオンライングループレッスンをさせていただいていますが、そのレッスン内でも、生徒さん同士がお話しされるタイミングがかぶってしまうシーンを頻繁に目にします。なので、これらの表現は個人レッスンかグループレッスンかの形態を問わず、どなたにも覚えておいていただくことをおすすめします。

▼上記で紹介した「とっさの瞬間を乗り切る表現」の解説付き音声はこちら!

質問をしよう!

レッスンもいよいよ終盤にさしかかってきました。先生やほかの生徒さんのお話を聞いている中で、「質問をしたいなぁ」と思う瞬間も出てくるはずです。

あるいは、オンラインレッスンでは、その日にたまたま当たった先生がとてもおしゃべり好きで、こちらが止めなければ永遠と話していることがあるのも事実。

そのようなときに使える英会話フレーズがこちら。

Excuse me, can I ask you a question?

すみません、質問してもいいですか?

Excuse me, can I say something?

すみません、ちょっといいですか?

※相手が話している最中などに何かを言いたいときに使う表現

▼上記で紹介した「質問する表現」の解説付き音声はこちら!

トラブルを乗り切ろう!

これまで学んできたリアクションフレーズで「なんとか乗り切れそう!」と胸を撫でおろしていたところ・・・先生の声が突然聞こえなくなってしまいました。

オンラインレッスンの場合、電波や機械トラブルに見舞われることもあります。そんなときにも冷静に対処ができるよう、フレーズをいくつか備えておきましょう。

I can’t hear you well.

声がよく聞こえません。

We have a bad connection.

電波が悪いです。

Could you say that again?

もう一度言ってもらえますか?

▼上記で紹介した「トラブルを乗り切る表現」の解説付き音声はこちら!

とにかく挑戦してみよう!

このように、レッスン中はさまざまなトラブルがつきものです。

電波や機械の問題だけでなく、相手の言っていることが理解できなかったり、聞き取れていても質問の意図が取れなかったり。

そのようなトラブルを心配して英会話レッスンに挑戦できていない方も多いかと思います。ですが、“Nothing starts unless you start.”(始めない限り何も始まりません)

「英語がうまく話せないからな・・・」と思われている方へ。うまく話せないと思うからこそ、英会話レッスンを受けるのではありませんか?僕はそう思います。

トラブルも含め、すべてコミュニケーションの練習です。その挑戦の一歩を踏み出せた方こそが英語をマスターされるのですよ。自信を持って頑張ってくださいね。

最後は、相手の英語が理解できなかったときの「お守りフレーズ」をお伝えしてお別れしましょう。また次回の記事でお会いできることを楽しみにしています。

下記のプロフィールから、Instagram、Twitter、YouTube「英語のそーた」やPodcastラジオ「台本なし英会話レッスン」も是非チェックしに来てくださいね。

I can’t understand your question.

あなたの質問の意味が理解できません。

What does it mean?

それ(単語など)の意味はなんですか?

What do you mean?

あなたが言っていることはどういう主旨ですか?

Can you spell it?

それ(単語など)のスペルを教えてもらえますか?

▼上記で紹介した「お守りフレーズ」の解説付き音声はこちら!

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

英語のそーた

英語のそーた 英会話コーチ、Podcastラジオパーソナリティー。1992年生まれ。神戸市外国語大学外国語学部卒業。「留学はしなくても英語は絶対に話せる」というメッセージを掲げ、大学在学中からSNSやYouTubeを通して英語学習コンテンツの作成・配信を開始。その後、学生起業。現在主宰する「オンライン英会話OneWay」では、英語だけではなくコミュニケーションの根本から見直すコーチングを実施。日本全国・世界各国から受講生が集まっている。4年司会を務めるラジオ番組「台本なし英会話レッスン」は1500万DL突破。英語の楽しさ、その先にあるモノを配信中。
Instagram:@eigonosota
Twitter:@wn7m32g6uj31k