「忖度」って英語でなんて言う?四字熟語、故事成語、ことわざの英訳を学ぼう

「忖度」って英語でなんて言う?四字熟語、故事成語、ことわざの英訳を学ぼう

四字熟語、故事成語、ことわざ、オノマトペ(擬音語・擬態語)など、日本語にはたくさんの慣用表現があります。微妙なニュアンスを一言で伝えることができるので、英会話で使いこなせれば発信力は何十倍にもアップしますが、英語で表すにはコツが必要です。先月発売された『英語で言いたい日本語の慣用表現』から、いくつかのコツと英語表現を抜粋してご紹介します。

[音声DL付]英語で言いたい日本語の慣用表現
 

日本語のエッセンスを分かりやすい英語に

「忖度(そんたく)する」といった日本語独特の表現は、「日本語のエッセンス(本質)を簡潔な分かりやすい英語にする」ことが大切です。例えば、「社長の指示は率直です。忖度する必要はありませんよ」は、次のような英語で表現できます。

The president’s message is straightforward. There’s no need to guess what he’s implying.

政治家の発言を機にすっかり「日常語」となったこの語は、「相手の気持ちや考えを推し量る」という意味がエッセンスの部分。上の例のように動詞のimply(ほのめかす、暗示する)とguess(推測する)を組み合わせて表現することができます。メディアではread between the lines(行間を読む)というイディオムで訳されていましたが、これは日本語の「空気を読む」に近い言葉で、例えば次のように使えます。

A: Frankly, I don’t know why he made such negative comments in the meeting.
正直言って、どうして彼がミーティングであんなネガティブなコメントをしたのか分からない。
B: He got on everyone’s nerves. He really should read between the lines.
彼はみんなの神経を逆なでしたね。本当に空気を読んでくれないと。

シンプルな単語でストレートに訳す

次の会話は英語にするとどうなるでしょう?

A:ご配慮ありがとうございます。時間がかかりましたが、ようやく欧州全体の条件見直しが終わりました。
B:こちらの台所事情ご理解いただき、ありがとうございます。

「台所事情」もいかにも日本語!な言い方ですが、要は財政状況や金銭的な都合を指す言葉ですね。シンプルにfinancial situationと表せば十分でしょう。

A: Thank you for your consideration. It took time, but we've finally finished reviewing the conditions across Europe.
B: We very much appreciate your kind understanding of our financial situation.

これだと言いたいことが伝わりますね。あるいはbudget(予算)を使って、「苦しい台所事情」をbe on a tight budget(予算厳しい、かつかつだ)のように言うこともできます。

「身体表現」にみる日英の相違点

「胸が痛む」(break one’s heart)や「頭をひねる」(rack one’s brain)など、身体部位に関する表現は、日英で共通する例が多くあります。

I made the gut-wrenching decision to fire him.
断腸の思いで、彼を解雇しました。

gutは「腸、はらわた」、wrenchingは「ねじれるような、よじれるような」の意味。まさに日本語の「はらわたがちぎれるようなつらい気持ち」と同じです。

次は、同じ身体表現でも日本語と英語で部位が異なる場合の例。

My jaw dropped to the floor when I saw the annual report.
年間報告書を見て目が点になりました

「驚いて呆気にとられた」表情を表す「目が点になる」。一言で言うならbe shockedですが、せっかくなら日本語と同じように体を使った語句で伝えましょう。英語では、one’s jaw drops to the floor(顎が床に着くほど仰天する)やleave one’s mouth wide open(開いた口がふさがらない)のように言います。

英語バージョンのことわざに置き換える

日本語のことわざは、似た意味の英語のことわざで表せる場合があります。

Let’s forget about it once and for all. When one door shuts, another opens.
もうそのことはきっぱり忘れましょう。捨てる神あれば拾う神ありですよ。

「神」が「ドア」になっていますが、one~, another ...(〇〇する~があれば、△△する・・・もある)という発想は日本語と共通していますね。

Nothing you do will be done in vain. Small things make a big difference.
やって無駄になることは一つもないんだ。ちりも積もれば山となる

「小さな積み重ねが大きな違いを生む」という意味の希望を感じさせるフレーズです。Small things add up to make a ...のようにadd up to(結局・・・になる)を付けて言う場合もあります。これが付くと、より「積もれば」のニュアンスが出ますね。

日本語の意味をかみ砕いて説明する

日本の文化・社会に深く根差した表現は、「概念そのものが英語にない」こともあります。このような場合は、「意味をかみ砕いて、訳の中で情報を補う」必要があります。通訳・翻訳のテクニックの一つで「明示化」と言います。異なる言葉や文化のギャップを埋める手段として、覚えておきましょう。

例えば、次のやりとりは英語でどう表現できるでしょう?

A:カルロスは顧客とのアポを忘れてなければいいんですが。
B:もう遅いです。お客さんはしびれを切らして帰ってしまいましたよ。

長く待たされて我慢できなくなったり、待ちきれなくなったりした状態を表す「しびれを切らす」の表し方がポイントですね。

A: I hope Carlos hasn’t forgot his appointment with his client.
B: It’s too late. The customer got sick and tired of waiting and has already gone.

上の例では「しびれを切らす」を、get sick and tired of waiting(待つことが嫌になって疲れた)と明示化しています。ちなみに、正座していて足の感覚がなくなったときの「しびれ」なら、My feet went to sleep.やMy limbs went numb.のように言います。

直訳が通じる超レアなケース

意外なことに、英語と日本語の発想が同じで、直訳が通じる!という場合もあります。

A: Now that your sales network has expanded worldwide, use of the English language has become a must in your daily routine, hasn’t it?
これだけ世界中に販路が広がると、英語が日々必要になってきたのではないですか?
B: That’s right. I always break out in a cold sweat while in meetings.
そうなんです。ミーティングではいつも冷や汗の連続ですよ。

「冷や汗をかく」はbreak out in a cold sweatで表せます。恥ずかしいときや、恐ろしいときに「冷たい汗」をかく、という感覚が共通しているのは面白いですね。「冷や汗もの」の状況を形容詞一つで言い表したければ、upset(動揺する、ヒヤヒヤする)という語が使えます。

新刊『英語で言いたい日本語の慣用表現』で学ぼう!

「日本語の慣用表現をどう英語にするか」を攻略すれば、「言いたいことが通じない・・・!」というもどかしさを脱却することができます。

英語で言いたい日本語の慣用表現』では、日常生活でよく使われる382の決まり文句を掲載。NHKラジオ講座講師の柴田真一先生と、同時通訳者・放送通訳者として活躍中の鶴田知佳子先生が、「分かりやすい英語にするコツとテクニック」を伝授しています。2人の英訳のプロセスが「訳考」として可視化され、「なぜそう言えば通じるか」がよく分かる大変ユニークな1冊。ぜひ参考にして、発信力アップにお役立てください。

▼購入はこちらから