ENGLISH JOURNAL ONLINE

【累計19万DLの英語学習アプリ】お客さま目線で進化する「booco」の魅力

【累計19万DLの英語学習アプリ】お客さま目線で進化する「booco」の魅力

当時のbooco開発チームメンバー(本記事登場メンバーは前段左から佐久良・湯川・加藤)

2020年4月にリリースされたアルクの英語学習アプリ「booco」。語学学習一筋のアルクが、ユーザーの声に寄り添いながら日々アプリのアップデートを重ね、現在累計ダウンロード数は19万人を突破!(2022年1月27日時点)そんなboocoの魅力を、booco開発チームの開発秘話とともにお届けします。

boocoとは?

boocoは、英語学習の参考書や問題集の「インプット」から「アウトプット」までを、スマホ一つで手軽にできるアプリです。アルクが自信を持って提供する学習コンテンツを、お客さまが日常的に使うようになったスマートフォンで、もっと手軽に学習できるようにしたい。そういった思いからboocoの開発はスタートしました。

英語学習に役立つ書籍をアプリ内で購入し、好きなときに読んだり音声を聞いたりするだけでなく、クイズを解いて力試しや復習も可能。お手持ちのスマートフォンやタブレットで英語を学ぶことができるので、お客さまの学び方や時代の変化に合わせた学習を提供しています。今回は、そんなboocoの魅力を開発チームの思いとともにご紹介します。

登場するメンバーのご紹介

当時のbooco開発チームメンバーのうち、本記事に登場するメンバーと担当業務をご紹介!

  • 湯川:コンテンツ(教材)の企画・制作
  • 加藤:企画・開発ディレクション
  • 佐久良:コンテンツ制作・カスタマーサクセス

ユーザーの声が届きやすいチーム体制

boocoのサービスを提供・コンテンツを作成する上で心掛けていることは?

湯川:書籍の紙面ではできない「学習体験」を提供することを心掛けています。例えば、紙の書籍を読んでいるだけではインプットだけで終わってしまっていた内容でも、boocoを使うと、例文を音読した後にAIが発音の良し悪しを判定してくれる機能などもあるため、英語を身に付けるためのもう一歩を踏み出すことができます。それがboocoが提供できるサービスとしての大きな強みだと思っています。

加藤:開発ディレクターとして、いろいろな声を聞いた上でアプリの改修内容や方針を検討するよう心掛けています。ユーザーの声はもちろん、チームメンバーやデザイナー、エンジニアの意見なども取り入れ、独り善がりな進行にならないように気を付けています。自分では気付けなかった点や良案もたくさん出てくるので、関係者を巻き込み、協力し合いながら開発しています。

佐久良:boocoは、1つのチームで開発、CS、コンテンツ制作の役割をすべて担っています。そのため、ユーザーの声やご意見をダイレクトにサービスに反映することができます。チームで話し合いを重ねながら、いかにユーザーにご満足いただけるようなサービスやコンテンツが提供できるかを考え、アプリの開発に活かせるように心掛けています。

ユーザーからのご意見をもとに機能をアップデート

実際にユーザーからのご意見をもとに、音声プレーヤー機能の追加タブレット対応も行いました。

音声プレーヤー機能追加

音声プレーヤー機能追加

 

リリース当初、「再生・停止」「2秒巻き戻し/早送り」などのシンプルな機能のみを搭載していましたが、ユーザーから「使いにくい」「もっと機能を充実してほしい」というご意見を多くいただき、「リピート再生」や「再生速度調節」、「巻き戻し/早送り秒数変更」などの機能を追加しました。より効果的なリスニング学習をしていただけるように、音声プレーヤーが新しく生まれ変わりました。

タブレット対応

タブレット対応

boocoタブレット版画面

当初はスマートフォン対応のみでしたが、「タブレットの大きい画面で学習したい」というご要望をもとに、2021年12月17日よりタブレット版のアプリの提供を開始しました。参考書や問題集の電子書籍はもちろん、クイズ学習機能にあるリーディング問題なども、より一層見やすくなりました。

機能のアップデートに対するユーザーからの反響は?

加藤:音声プレーヤー機能のアップデート後、アプリストアのレビューでご要望をいただいた方一人一人にアップデートについてご報告をしました。機能追加に対する喜びの声や、さらなるご要望、改善をいただきました。すぐに反応をいただけることがとてもありがたく感じます。これからもユーザーからの声を受け止めながら、boocoを成長させていきたいです。

佐久良:加藤さんと同じく、機能のアップデート後はアプリストアのレビューで開発者へのねぎらいのお言葉をかけてくださる方が多く、大変励みになっています。また、叱咤(しった)激励をくださる方や、さらなるご要望や改善点をくださる方など、ユーザーのみなさまとのコミュニケーションでは、日々学びがたくさんありいつも感謝しています。常にみなさまから求められるアプリであるため、これからもご期待に応えられるよう努力したいと思います。

banner4

アプリ1つでインプットからアウトプット学習が完結

boocoが英語学習におすすめな理由とは?

湯川:1つのアプリで学習を完結させられる点が一番大きな理由です。例えば、電子書籍が読めるアプリ、音声が聞けるアプリ、それぞれの機能を持つアプリはたくさんありますが、電子書籍を読みながら、対応する音声を聞くことができるアプリは、boocoのほかにはあまり数が多くないのではないかと思います。リスニング音声を聞くために、わざわざアプリを切り替えたり、対応する音声を探したりする手間がなくなるのは、本当に細々としたことですが、想像以上に学習の効率化に繋がると思っています。ほかにも、アプリで書籍を読んだり音声を聞いたりと、インプットをした後に、クイズを通してアウトプットを行うことができます。インプットからアウトプットまでの学習を通してできることも、boocoの魅力の1つだと思います。

加藤:「キクタン」「ユメタン」「究極の英語」シリーズなど、アルクで人気の書籍を多数搭載していることです。スマートフォンやタブレットの普及など、時代の変化とともに学習者の学習スタイルも変化しつつある中で、boocoならスマートフォンやタブレットで人気教材を利用した学習ができます。多忙な現代人でも手軽に始めやすいように、アルクの人気書籍をクイズ化し、いつでもすぐにアウトプット学習ができることが魅力だと考えています。

佐久良:やはり、書籍などでの自己学習では得られない体験ができることが一番だと感じます。特に、音読やシャドーイングクイズなどではスピーキング評価AIが音声評価をするので、フィードバックで得手不得手を確認しながら、効率的にトレーニングできるようになっています。また、書籍を自社で作っているので、書籍の学習目的やその効果を最大限に活かしたクイズが搭載できることがboocoの魅力だと思います。

ここがおすすめ!開発メンバーイチオシの機能

TOEIC(R)や音読など、アプリならではのクイズ機能が充実

アプリならではの学習機能が充実

boocoでは、より効果的な学習の定着のため、アプリならではの学習機能が充実しています。その中でも特に魅力的なのは「クイズ」機能。シャドーイングやTOEIC、英会話など、書籍の学習内容に応じて適切なクイズを搭載しており、バリエーションを15種類以上ご用意しています。現在は新しいクイズとして「ディクテーション機能」の開発を進めています。近々追加予定なのでぜひご期待ください!

特におすすめしたいクイズは?

湯川:個人的に音読クイズは、発音をより良くしたいと考えている方におすすめです。スピーキング評価AIが、発音評価をしてくれるという点でもそうですが、自分の発話が録音されているので、すぐに聞き直すことができる点はとても便利です。私は、レコーダーアプリを立ち上げて、録音して、聞き直す、という動作が面倒で気が進まず、つい発音の練習を遠ざけてしまいがちですが、boocoでは、とても自然な流れで、気軽に発音矯正を行うことができるようになっていると思います。

佐久良:TOEICテスト対策をしている方には、ぜひTOEICクイズをお試しいただきたいです。Part1~7までの各リスニング・リーディング形式のクイズに挑戦できます。問題に制限時間が設けられており、実際の試験のように、解くスピードに気を付けながら学習できるので、時間感覚を身に付けるトレーニングも併せてしていただけます。

加藤:シャドーイングクイズがおすすめです。音読クイズ同様、お手本音声の再生と実際の発話音声の録音を同時に行い、アプリ上ですぐにAIによる学習のフィードバックを確認することが可能です。また、より効果的な学習が行えるよう、「字幕なし」「英語字幕」「日本語字幕」で字幕を切り替えられることはもちろん、音声の再生速度の変更も可能なので、学習者の習熟度やレベルによってお選びいただけるようにしました。幅広い英語レベルに対応しているので、ぜひお試しいただきたいです。

▼シャドーイングクイズについては詳しくはこちらの記事へ

ej.alc.co.jp

クイズに対するユーザーからの反響は?

佐久良:紙の書籍と異なり、クイズでアウトプットができるに関して、喜びの声をいただいています。紙の書籍の場合は、「覚えたつもり」になっており実力が確認しにくい半面、アプリでは実際にクイズとして出題されるので、ご自身の実力が可視化されて分かりやすいとお褒めいただいています。紙の書籍とはひと味違う学習体験を提供したいという一心で、チーム一丸となって開発を進めていますので、私たちの思いがユーザーのみなさまに届いていることが分かり、大変うれしく感じています。

これからのbooco

boocoでは、新しくディクテーションクイズの追加を控えているほか、みなさまの英語学習にお役立ていただけるよう、さらなるUI・UX改善を予定しています。今後もboocoを多くの方に英語学習のおともとしてご利用いただけるよう、みなさまの声に寄り添ったアプリ開発を続けてまいりますので、ご期待ください。

まずは無料でダウンロード!

boocoは登録不要でご利用可能です。ぜひお気軽にダウンロードして、boocoならではの学習体験をお試しください!みなさまからのフィードバックもお待ちしておりますので、ぜひアプリストアのレビューにてお声をお聞かせください。

▼無料ダウンロードはこちらから

▼アプリの詳細や使い方などはこちらから

*この記事は2022年1月に公開当時の情報を元にしています。

banner2

佐久良明葉

佐久良明葉過去の英語教室のマネジメント業務や留学エージェントとしての経験を生かして、アルクでアプリの開発運営に携わる。初めて遭遇する英単語は、WEB辞書や動画サイトで発音を確認して練習しないと気が済まない、大の発音オタク。