ENGLISH JOURNAL ONLINE

前置詞withの使い方をコアイメージでマスターする~break withのニュアンスを解説できますか?

イメージで攻略する前置詞

英文法を支える基礎でありながらも、上級者でもマスターが難しい前置詞。onwithalongなど、基本的な前置詞のコアとなるイメージを覚えることで攻略し、苦手を得意にしていきましょう!

前置詞withをイメージで攻略

withと聞けば「一緒に」を連想すると思います。withの意味の理解としては、その連想でほぼ問題はありません。しかし、このwithは、簡単そうでありながら、実に多様な状況で使われる前置詞です。ある辞書によれば「随伴・同伴」「所有・所持」「道具・手段」「材料・成分」「付帯状況」「様態」「対立」「混合」「比較」「原因・理由」などの語義がリストされています。一方で「随伴」があり、他方に「対立」があるのは、どういうことが納得できないですね。これらは、コアを通してみると、スッキリしてきます。

意味のとらえ方

withのコアは「・・・とともに」であり、そのあり方において「伴って」という意味グループと「手にして」という意味グループに分かれます。この2つの意味グループがあるところがポイントです。「ともにある状態」が何か(誰か)を伴っているのか、何かを手にしているのかの違いですが、それぞれ、多様な意味の広がりをみせます。

withのコアイメージの「~とともに」から、「伴って」と「手にして」という2つの意味グループに派生する。

「伴って」のwith

「伴って」の典型例は、She walks in the park with her dog every morning. (彼女は毎朝犬と公園を散歩する)やI'm here with Dr. Johnson.([対談の司会で]ジョンソン博士をお連れしました)に見られます。

この「伴って」の感覚はfight with the enemy(敵と戦う)のような状況でも活躍します。このwithは辞書では「対立のwith」と紹介されていますが、これは間違いです。ここでは、戦いの相手をwithで示しているにすぎません。

たしかにThey fought with the enemy. もThey fought against the enemy.も「破らは敵と戦った」の英訳ですが、against を使うほうが〈対抗して戦う〉の意が強くなります。fight with the enemyだと「敵との戦い」というニュアンスになります。これは、deal with the big company (その大きな会社と取引をする)のwith と同様です。この場合、取引の相手がwithで示されていることは明白ですね。戦いも取引も「相手とともに行う行為」ということです。

では、Something is wrong with the computer. (何か問題がそのコンピュータにある)のような例の場合はどうでしょうか。これは「何か問題がコンピュータと伴にある」という解釈をすれば「なるほど」となると思います。Be patient with others. (他の人には我慢強くあれ)も、他者とともにいるときは我慢強くありなさい、という解釈をすることができます。以下は、同じような例です。

・What's the matter with you? 「どうかしたの?(あなたとともにあるものは何ですか)」

・She is in love with me. 「彼女は私に恋している」

・You're really gentle with me recently. 「最近私に優しいんだね」

この「伴って」の応用の範囲はさらに広がります。 A blue shirt goes with your pants. (青のシャツがあなたのズボンに合う)のwithは「同調」のwithと言われますが、これも青いシャツがズボンとともにある状態でうまく行く(だから似合う)ということです。with といえば、以下のような例が思い浮かぶ人が多いと思います。

・a boy with blonde hair「ブロンドの髪の毛の少年」

・people with nice personalities「よい性格の人たち」

・a car with four wheel drive「四輪駆動の車」

・a 50-meter pool with a shower「シャワーの付いた50メートルのプール」

これらの例で共通しているのはA with Bで、「AがBを伴っている」ということです。a car with four wheel driveだと「四輪駆動を伴った車」ということです。同様に、people with nice personalitiesは「よい性格を伴った人々」ということですね。

文法用語に「付帯状況」というものがあります。この付帯状況はwithを使って表現されます。With your children away, you must have a lot of free time. といえば「子どもが手を離れたのだから、自由な時間がたくさんあるでしょう」という意味で、with your children awayの部分が付帯状況を表すと言われています。これも、「子供たちが離れている状態を伴って」という意味合いを読み取ることができますね。

一見、特殊と見える表現にHe has a problem with money.(彼はお金のことで問題を抱えている)があります。これも「お金を伴った問題」と解釈すれば、withの働きが理解できると思います。

withには以下のように状況や条件を表す用法もあります。しかし、これも「・・・とともに」の展開例にほかありません。

With this in mind, I leave Japan.「このことを心にして、日本を去ります」

With all her faults, I still love her.「彼女の欠点をもってしても、それでも彼女を愛している」

withの用例の中には、breakやpartなどの分離を表す動詞とともに用いられるものがあり、そのことから「分離のwith」などいう言い方がされることがありますが、「・・・とともに」のwithと「分離」のwithでは明らかな論理矛盾です。withに分離の意味があるのではなく、「・・・と一緒にいる状態を離れる」と解釈することができます。

例えば、The school decided to break with tradition and accepted the students' proposal.(学校は伝統を捨て学生たちの申し出を受け入れた)といった用例にどうして withが使われているのかが理解されるでしょう。

同様にleave、stayなどの動詞とともに用いて「・・・に任せて、・・・の元に(預けて)」という意味に訳されることがありますが、これも基本的には、「・・・と一緒の状態を残して」ということです。例えば、I'll leave the dog with a friend.(犬は友達のところに預けるよ)は「犬が友達とともにいる状態にして去る」という見方が背後にあると言えるでしょう。

「手にして(でもって)」のwith

次に、withの意味グループとして「手にして」があります。これは、何か(誰か)と伴にある関係というよりも、「何かを手にして」、「何かでもって」、という部分が強調されます。そのことから、「道具(でもって)」、「原因・理由(でもって)」「素材・材料・要素(でもって)」「様子・仕方(でもって)」という意が派生するのです。以下は、すべて「手にして」「でもって」のwith展開例です。

手にして(でもって)のパターン

・〔道具〕 He tried to open the door with a hairpin, but it didn't work. 「彼はヘアピンでドアを開けようとしたがだめだった」<ヘアピンでもって>

・〔原因・理由〕 When I found the cat, she was shivering with cold. 「その猫を見つけた時寒さで震えていた」<寒さでもって>

・〔素材・材料・要素〕 I made this stew with a variety of vegetables. 「いろんな野菜を使ってこのシチューを作った」<いろんな野菜でもって>

・〔様子・仕方〕 She fought the system with great courage. 「彼は体制に果敢に挑んだ」<果敢なる態度でもって>

「何かを手にして」といえば道具が連想されます。辞書ではよく「道具・手段」と手段を併記する場合が多く、両者が紛らわしいことがよくあります。「手段(means)」とは目的(end)を遂げるための方法で、英語では特に「交通手段」を表す際には前置詞のbyを使います。一方、「道具」(tools)は、手の補助手段として使う器具(instrument)で、英語では一般的に前置詞のwithを使います。以下がその例です。

・I’ll send this package by sea.「船でこの荷物を送ります」

・I go to school by bus.「私はバスで学校に通います」

・Eat the noodles with chopsticks.「箸でうどんを食べなさい」

Fill in the form with a pen.「ペンでこの書類に記入しなさい」

「道具」は手にすることができる具体物(もの)であり、「手段」は「何かを実現するために講じる方法」であって手にするような具体物ではありません。

with chopsticks や with a penなどは「具体的な箸」や「具体的なペン」を思い描くことができます。一方、「手段」は方法なので手にするような物ではなく、公共手段の「バスで」はby bus、「タクシーで」はby taxiのように、冠詞のつかない不可算名詞になる傾向があります。一方、道具は手にすることができるものが多いのでa keyとかa penのように可算名詞になるのがふつうです。

理由・原因を表す場合もwithだと必ず、「・・・でもって」という意味合いがあります。上の例のshiver with coldは、文字通り、「寒さでもって震える」ということです。「尊厳死をする」に当たるdie with dignitydignity(尊厳)のように抽象的な名詞の場合も、比喩的に「尊厳をもって(死す)」とwithのコアが生かされています。寒さのcoldや尊厳のdignityは不可算名詞ですが、withを使う限り、「寒さでもって」「尊厳でもって(尊厳を手にして)」という解釈になります。

なお、withはwithoutとwithinの2つの前置詞を構成します。withは〈一緒の状態〉を表すとすると、withoutは〈一緒の状態の外に〉ということから「持たないで、しないで」の意となり、withinは〈一緒の状態の中に〉ということから、「内側に、以内に、範囲内に」の意となるのです。

例えば、They went there without me. は、〈私と随伴の状態を外に置いて(=随伴しないで)、行った〉ということから「彼らは私なしでそこに行った」という意味になります。古くは、withoutにも〈外〉の意がありましたが、現代英語では「~なしで」の意味だけになっています。

それでは次回もお楽しみに。第3回は2022年2月3日(木)公開予定です!

田中茂範

田中茂範(たなかしげのり)慶應大学名誉教授。現在は、PEN言語教育サービスの代表として、新指導要領に沿ったオリジナル教材を開発すると同時に、高等学校の英語教育、課題探究コースなどのプログラム開発を手掛ける。教材は50種類を超え、5領域に対応できる体制が整っている。
ブログ: penlanguage.com