ENGLISH JOURNAL ONLINE

TOEIC 300点を突破したい人&超初心者に!アプリでリスニングに強くなる

TOEIC 300点を突破したい人&超初心者に!アプリでリスニングに強くなる

「TOEICで300点を突破できない」「TOEIC対策本は難しすぎる」という方に、すぐに試せて効果を実感できる学習法を紹介します。あれこれ迷う前にぜひお試しを!

www.booco.jp

解説を読んでも分からない・・・さてどうする?

「TOEICの勉強を始めたけれど、さっぱり手応えがない」という方、実は意外といると思います。模試を購入して取り組んでみたけれど、何が何だかさっぱりわからない。解説を読んでも意味不明。そんな状態が続くと、勉強をする意欲そのものがなくなってしまいますよね。

本当に、基礎の基礎からTOEIC対策を始めたいという方に、おすすめの学習法を紹介します。

まずは、boocoというアプリをインストールしてください。boocoは、電子書籍リーダーと音声プレーヤーの機能を兼ね備えた英語学習アプリ。多くの英語学習本をこれひとつで、目と耳から学習できる便利なアプリです。

リスニング対策はこれでスタート!

TOEIC本にもいろいろありますが、おすすめは『TOEIC (R)L&Rテスト リスニング ゼロからスコアが稼げるドリル』。リスニング問題のPart 2に文字通り「ゼロから」取り組み、スコアを稼げるようにしてくれる頼もしい本です。

本書の特長は、次の3つ。

①同じタイプの問題をたくさん聞いて、質問に慣れる。

②音の変化を学ぶ。

③問題と正答をセットで覚える。

Part 2は、2人の会話を聞き取るいわゆる「応答問題」ですね。問題のパターンが限られている上に、選択肢は3つだけ。さらに上記の特長③にもある通り、「この質問ならこの答え」という具合に、問題と答えがセットになっている場合も多々あります。つまり、数をこなして問題の形式に慣れることで、スコアを稼げるパートなのです。

さらに、英語学習に便利なアプリboocoを使えば、繰り返し取り組むことが苦にならないので、解答力がどんどん上がるはず!

boocoフル活用で学習がはかどる

TOEIC初心者にやさしい!本書の特長

本書は、次の6つの章に分かれています。

第1章 疑問詞で始まる質問

第2章 依頼、提案、許可、申し出の質問

第3章 Is、Doなどで始まる質問

第4章 Isn’t、Don’tなどで始まる質問(否定疑問文)

第5章 isn't it?、don't you?などで終わる質問(付加疑問文)

第6章 その他の問題形式 orを使った質問(選択疑問文)と伝達文

どの章も「確かに、こういう形式の質問があったなあ」という感じがしませんか?本書をやり遂げれば、Part 2の出題パターンを網羅したことになります。

どの章も、解説を読んでから「基本ドリル」に取り組み、続いて「復習ドリル」「チャレンジドリル」に挑戦して力を付けるという構成です。

TOEIC初心者にとってうれしいのは、「基本ドリル」の問題はTOEIC本番形式ではなく、初心者向けにアレンジされているということ。

文字に起こしてみるとこんな感じです。

What's wrong with the computer?

(A)It’s broken.

(B)No, it isn’t.

問い掛けの英文もやさしくなっていますし、回答も、本番では3択ですが2択になっていますね。「本物のTOEICレベルの問題だとまったく歯が立たない」という方も、これなら挑戦する気になるのでは?

さらに、「復習ドリル」では回答が3択に、「チャレンジドリル」では本番に近いレベルの問題に取り組みます。また、仕上げに取り組む「ミニ模試」は本番同様の問題になっているので、やさしいレベルから始めても、ちゃんとTOEIC本番に向けた実力養成ができるのです。

boocoで学習スタート

早速、学習をスタートしましょう。まずは解説をチェックするところから。

boocoをインストールしたあと、本書の有料版を購入するとこんな画面が出てきます。

booco操作画面

一番上の、「本を読む」をタップします。

順番通り、「第1章 疑問詞で始まる質問」からスタートしましょうか。解説を読んで、この質問の特徴を把握します。

booco操作画面

例題の音声を聞いてみたくなったら、ページ下部をタップすれば、すぐに音声プレーヤーが立ち上がります。これは便利!

booco操作画面

いちいち手元を切り替えなくてすむので、学習がすいすい進みます。また、あれこれ持ち歩く必要がなく、スマホだけで学習できるのも便利ですよね。

各章のポイントを把握したら、次は「基本ドリル」に挑戦します。

booco操作画面

これも、ページ下部をタップすればすぐに音声プレーヤーが立ち上がり、問題を聞くことができます。右にスクロールすれば、答えもすぐに確認できますよ。

問題練習はクイズ機能が便利!

問題練習をどんどん続けていきたいときは、「本を読む」機能を使うより、いったんトップに戻って「問題を解く」というクイズ機能を活用するのがおすすめです。

リスニング問題なので、見た目はこんな感じなのですが・・・。

booco操作画面

 

10秒間カウントしてくれるので、その間に(A)か(B)か、いずれかを選択。大きな〇や×が表示され、正否を教えてくれます。

「基本ドリル」は10問で1セット。10問解いたところで、まとめて答え合わせができます。

booco操作画面

間違えても気にしない!ここでしっかり復習すればいいのです。右側の「?」マークをタップすると解説のページにさっと移動します。

booco操作画面

解説を読みつつ、すぐに音声も確認できるので、復習はばっちり!これは使いやすいですね。

本書に一通り取り組んだ後は、クイズ機能を利用して、どんどん問題を解いていってもいいかもしれません。

まとめ

本書と同じシリーズに、Part 5の文法問題を取り上げた『TOEIC(R) L&Rテスト 英文法 ゼロからスコアが稼げるドリル』があります。こちらも、やさしい問題から始めて徐々に実力を磨き、Part 5で文字通りスコアを稼げるようになる本です。

こちらもboocoを使えばどんどん問題練習ができ、着実に実力アップできますので、ぜひやってみてください。

Part 2とPart 5が得意になれば、スコアアップ間違いなし!やる気もぐっとアップしそうですね。

アプリなら、今すぐ本も音声も♪さらにクイズで総復習!

boocoアイコン

英語の勉強をもっと便利にする、英語学習アプリ「booco(ブーコ)」

英語の参考書や問題集をアプリ内で購入し、楽しくかつ徹底的に勉強できる英語学習アプリです。本のまま「読む」モード、音だけ流す「聞く」モード、力試しや復習テストができる「クイズ」モードを搭載。「聞く」モードの音声コンテンツは基本的に全て無料!「読む」や「クイズ」も一部無料で利用できます。まずは気軽に始めてみませんか?

※搭載モードは書籍により一部異なります

iOSはこちら Androidはこちら

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。