ENGLISH JOURNAL ONLINE

「日本語→英語」の直訳から卒業しよう!どんどん話せる英会話術

日本語ほぐし法

イングリッシュ・ドクター(英語学習のお医者さん)こと西澤ロイさん。連載「英語で自在に表現するための日本語ほぐし法」(全3回)では、英語を使わない英会話トレーニング法を使って、あなたの英語学習を妨げている「英語病」を徹底治療します!

英語ですぐ言葉に詰まってしまう原因とは?

日本人が英語をスムーズに話せない大きな原因の1つは、無意識のうちに、英語に訳すには難しい言葉を使ってしまう「アダルトトーク症候群」だと、前回の記事でお伝えしました。

ej.alc.co.jp

頭の中にある日本語を、より簡単な言葉に「ほぐす」ことがまず大切であり、それだけで英語がずっと話しやすくなります。

ただし、もう1つ日本人が陥りがちな英語病があり、それがスムーズな英語での会話を妨げてしまっているのです。

その英語病とは、「直訳スピーキング病」です。

学校の英語の授業では基本的に、英語を日本語に訳す形で教わります。ですから、英語を日本語に訳して理解することがクセになります。そして英語を話す際にも、日本語からの直訳になってしまいやすいのです。

直訳から抜け出して、もっと自由な発想で考えることができると、「自分の言いたいこと」が英語でもどんどん表現できるようになります。今回は、そのための発想法をご紹介します。

日本語からいきなり英語にしては駄目

発想を広げるために大切なのは、日本語からいきなり英語にしようとしないことです。そうすると、どうしても直訳になってしまいがちだからです(また、いきなり英語で考えようとするのも、思考が狭まりやすいのでおすすめできません)。

そこでおすすめのテクニックは、「日本語を言い換える」ことです。

この「言い換える」というテクニック自体は、世間でもそれなりに言われているものです。現地生活をしていたらこういう考え方は身に付きやすいですし、通訳においても言い換えるテクニックは必須ですから。

では、実際に「言い換え」をやってみましょう。お題は「私は疲れている(疲れた)」です。

これはそのまま英語で“I'm tired.”と言える人も多いかもしれませんが、別の英語で表現するための練習問題として、まずは別の日本語に言い換えてみてください。

Q.「私は疲れている(疲れた)」という日本語を、別の日本語に言い換えてください。

さて、いかがでしたでしょうか。

まずは、「ヘトヘト」とか「疲労困ぱい」といった言い換えを思い付いた人が多いのではないでしょうか。その場合には、(もしご存知であれば)以下のように英語で表現できるかもしれませんね。

私はヘトヘトです。
⇒I'm exhausted.

なお、上記のような言い換えだけで、それ以上は思い付かなかったという人もいることでしょう。

「大喜利」だと思って言い換えよう

ここでおすすめなのは、「モヤモヤ翻訳」というテクニックです。

具体的には、「私は疲れている」という発言の前提となる状況や場面を「モヤモヤ~」と想像してみることです(この「状況や場面」のことを私は「モヤモヤ」と呼んでいます。日本語、つまり言葉になる前の「イメージ」のようなものでしょうが、実際に頭の中で何が起こっているかはよくわからないからです)。

そもそも、何に疲れているのでしょうか?
どこにいて、何をしているところなのでしょうか?
誰に対してその発言をしているのでしょうか?

例えば英語の勉強で、頑張って3時間ほど英文法について学び終わったところで、独り言のような感じで、「私は疲れた」と言っているのかもしれません。

もしくは、2時間ほど残業があり、家に帰った途端に家族が話しかけてきて、「私は疲れている」と言っているのかもしれません。

このように、場面や状況が違うと、思い付く言葉も変わってくるはずです。まずは練習として、思い付くままに、好き勝手な場面をでっち上げてでも表現することが、発想を広げるためにはおすすめです。つまり、「大喜利」だと思っていただくくらいが、練習としてはちょうどいいでしょう。

そして日本語で、思い付いたことや言いたいことを自由に表現してみてください。

例えば、英語の勉強を頑張ったという状況で考えてみましょう。以下のように、いろいろな発言ができるのではないでしょうか。

疲れたけど、私、すごく頑張った!
⇒ I'm tired. But I did a great job!

今日はもう勉強はなし!
No more studying today!

あぁ、もう12時だ。寝よう。
⇒ Oh, it's 12 o'clock already. I'm going to bed.

「動詞」で考えると表現の幅が広がる

「私は疲れた」を直訳した英語“I'm tired.”において、tiredは形容詞です。発想を広げ、自由に表現するためには、動詞で表現することがおすすめなのです。

そこで、ご紹介したいテクニックは「人生やるかやらないか法」。「疲れた」という表現を、何かを「やる」、もしくは「やらない」という視点でとらえ直すのです。

先ほど例に出した、残業から帰宅した場面であれば、「休む」という動詞が思い付くかもしれません。

30分休ませて。
⇒ Let me take a rest for 30 minutes.

また、「お風呂に入る」のかもしれません。

先にお風呂に入りたい。
⇒ I want to take a bath first.

このように、動詞を思い付くことができると、まったく異なった簡単な表現で言い換えやすくなります。

さらに「視点」を切り替えよう

そしてさらに「パースペクティブ法」というテクニックをご紹介します。「パースペクティブ(perspective)」とは、「視点」という意味です。視点を切り替えることで、さらに違った動詞が思い付きやすくなるのです。

視点を変える、もっとも簡単な方法は、主語を切り替えること。主語を「私」以外に置き換えてみてください。

例えば「あなた(you)」で考えてみると、「待つ」という動作が思い付くかもしれません。

30分ぐらい待てる?
⇒ Can you wait for like 30 minutes?

また、「わかる(理解してくれる)」といった動詞が思い付くと、こんな表現もできるでしょう。

俺、すごく疲れてるの、わからない?
⇒ Can't you see I'm really tired?

ただ、これだとかなりきつい表現です。ケンカになってしまうとよくないので、もう少し柔らかく表現してみましょうか。

俺さ、今すごく疲れているってことを理解してもらえると・・・。
⇒ I hope you understand that I'm really tired right now.

それでは次は、主語を「私たち(we)」で考えてみます。そうすると、例えば「話をする」と言うこともできますね。

1時間後に話をしようか?
⇒Why don't we have a talk in an hour?

また、「お互い」だと考えてみると、こんな表現もできるんじゃないでしょうか。

大変な1日だったのかい? 僕もだよ。
⇒Have you had a tough day? Me, too. / So have I.

簡単な英語でも実はさまざまなことが言える!

「私は疲れています」⇒“I'm tired.”という直訳から抜け出すことができると、本当にさまざまな表現ができるということを、例を通じて実感していただけたかと思います。

従来の英作文では、正解が1つしかないケースが多いかもしれませんが、実際の英会話においては、決まった答えはありません。むしろ、あなたの言いたいことこそが正解なのです

そして言語は本来、自分の言いたいことを自由に表現すべきもの。だからぜひ、自信をもって、言いたいことを堂々と英語で表現してみていただけたらと思います。

今回お伝えした「言い換える」というテクニックを教えてくれる書籍は、世の中にはまあまあ出ています。ただし、「どのように言い換えたらいいか」という具体的な発想法までを指南してくれるものは見つけられませんでした。

そこで、私が実際に使っている「言い換えるための発想テクニック」を網羅してご紹介したのが、拙著『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』(SBクリエイティブ)です。

本記事でご紹介した「モヤモヤ翻訳」「人生やるかやらないか法」「パースペクティブ法」のほかにもたくさんの有用なテクニックの解説を行なっています。「日本語をどのように言い換えたらいいかわからない」「うまく言い換えが思い付かない」という人は、ぜひご活用いただけたらうれしいです。

全3回のこの連載もこれで最終回となりました。この連載を通じて、私が全ての英語学習者の方にお伝えしたいのは、英語を話すのは決して難しくないということです。

あなたには既に、十分な英語力が備わっています。その力を発揮するために大切なのは、英語の勉強ではなく、ちょっとした考え方の違いに過ぎません。発想を切り替えるだけで、自由に、そして堂々と、英語を使ってコミュニケーションを取ることが可能になるのです。

ぜひ、言いたいことをどんどん英語で表現され、その英語力をもっともっと発揮されていくこと、そしてあなたが夢や目標、志などに向かって前進されていくことを心から応援しています。

西澤ロイさんの本

▼これまでの英語学習を根本から覆す画期的な英語学習法を提案するベストセラー『英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!』

英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!

英語を話したいなら、まずは日本語の話し方を変えなさい!

  • 作者:西澤ロイ
  • 発売日: 2020/08/22
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

▼西澤ロイさんの人気連載が電子書籍に!書き下ろしも豊富に追加。

▼「話す」「聞く」「読む」「書く」という4技能に関して、無理なく上達できるやり方を解説したロングセラー『頑張らない英語学習法』

頑張らない英語学習法

頑張らない英語学習法

  • 作者:西澤 ロイ
  • 発売日: 2010/04/08
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

西澤ロイ

西澤ロイ イングリッシュ・ドクター TM。英語への「苦手意識」や「英語嫌い」を解消し、英語が上達しない原因である「英語病」を治療する専門家。獨協大学英語学科卒業。TOEIC満点(990点)、英検4級。アメリカのジョージア州に1年間の留学経験あり。「英語感覚」や「英語の考え方」を分かりやすく日本語で伝えるスキルには定評があり、「長年の疑問がすっきり解消した!」「そんなふうに英語を捉えたことがなかった」「目からウロコ!」という多くの感動や喜びの声が寄せられている。著書に「頑張らない英語」シリーズ(あさ出版)、「TOEIC L&Rテスト最強の根本対策」シリーズ(実務教育出版)など、計10冊で累計15万部を突破。メディア出演多数。「西澤ロイの頑張らない英語」の他、コミュニティFMにてレギュラーを2本オンエア中。
公式HP:http://english-doctor.co.jp/
YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/user/990english