英語を洗練させるためにはAndやButは使わない。では、どうすれば?【英検1級取得を目指す人のための言い換え塾】

大学で英検やTOEIC対策などを教える、Joyこと和泉有香さんの連載「英検1級取得を目指す人のための言い換え塾」。第5回は、英語を書くときに「使わない方がよい語」などについてお話しいただきます。

今回も「言い換え力」を上げていきましょう!

皆さん、こんにちは。大阪の暑さに溶けかけているJoyこと和泉有香です。「言い換え」をじわじわと上げていくシリーズの5回目をお届けいたします。

あなたの英語を「どやっ!」とばかりに聞かせる&読ませる方法を、順を追ってご紹介してきていますが(今回「はじめまして」の皆さまは、下のリンクからVol. 1?4もぜひお読みください)、ここまで「単語→フレーズ」と言い換え範囲を広げていきながら、そこに「言い切らない」「コロケーション」「無生物主語」などを絡ませてきました。

さて、日はちょっとこんな話題から・・・。

文頭に使わない方がよい単語

書く場合に文頭に使わない方がオススメな単語が三つあります。それらは:

And
But
So

(↑文頭っぽさを出すために大文字で始めています)

「ん?今までのン十年の人生の中で普通に使ってきたけど?」

「英語の教科書の本文とか、この3語が文頭に普通にあったような?」

ええ、確かにそうかもしれませんが、私たちが目指すものが「どやっ!」であることを考えるに、ここは一つ、格調を上げるためにも上の3語を使わないことを自らに課した方がよさそうです。その代わりに文頭に使える語(句)を挙げておきます。

And → MoreoverFurthermoreIn additionAdditionally
But → HoweverNeverthelessYetOn the other hand
So → ThereforeConsequentlyHenceFor this (these) reason(s)

いかがでしょう?話す場合はともかく、書く場合には、以上の代わりの語句で書く癖を付けておきましょう。

英文を書く際に使ってはいけない形

さて書く場合に使ってはいけない形は、短縮形

・・・以上です。

(ど、どないしよ!? 30字弱で終わってしまった・・・。もうちょっと書くかな。)

it’sやらdoesn’tやら、ごくごく普通に短縮形で書いてしまいがちですが、「どやっ!」路線では厳禁です。話す場合も、2次試験では避けることをおすすめします。書くにしろ話すにしろ、短縮形にしないためにはそれなりに慣れが必要です。自分の書いたものが「短縮形を使っていないか」を最終チェック項目に入れておきましょう。また、話す練習をする際には、スマホなどで録音して後で聞き直してチェックすることを習慣にしましょう。

「繰り返しを避ける」ためにできること

さて、当連載のVol. 1で、「英語は繰り返しを異常に嫌う」と書きました。今日は少し別の方向から繰り返しを避ける書き換え方を考えることにします。今回取り上げる表現は3つです。

  1. thatthose / the one(s)(それ、それら / もの・人)
  2. the former / the latter(前者 / 後者)
  3. counterpart(対応する人、もの)

いずれも単語の難易度は全く高くありませんが、自分が使いこなせるようになるには、それなりの知識と練習が必要になりそうです。

それぞれの文を見ていきましょう。

1. that、those / the one(s)

The murals in this cave look quite similar to those in the remote region.
(この洞窟の壁画は、離れた地域にある物と極めてよく似ている)
※ muralsの繰り返しを避けてthoseに。the onesも可。

Cameras today are more sophisticated than the ones of 10 years ago.
(現代のカメラは10年前の物よりずっと高機能になっている)
※ camerasの繰り返しを避けてthe onesに。thoseも可。

that、those、the one(s)は、いずれも既出の名詞の代わりに使うことが可能ですが、the oneを不可算名詞の代わりに使うことはできません。

Traditional music in Asia contrasts with that in Europe.
? Traditional music in Asia contrasts with the one in Europe.
(アジアの伝統音楽はヨーロッパのものとは極めて対照的だ)

2. the former / the latter

The Black Diamond apple and the White Ghost apple are two breeds of the fruit, the former being cultivated in the Tibetan region of Nyingchi, the latter being developed by Zaiger(’s) Genetics.
(ブラックダイヤモンド・アップルとホワイトゴースト・アップルは2つの品種の果実であり、前者はチベットのニンティ地区で栽培され、後者はザイガージェネティック社によって開発された)

これまでとは少し趣向を変えて、Twitterの「キーワード検索」窓に「the former the latter」と入れて探してみました(で、空腹だったもので、こういうツイートを例文に選んでしまいました)。赤字のthe Black Diamond appleとthe former、青字のthe White Ghost appleとthe latterが、それぞれ呼応しています。

3. counterpart

The French president talked to his Hungarian counterpart.
(フランス大統領は、ハンガリー大統領に話し掛けた)

talked to the Hungarian presidentの代わりにcounterpartを使うと、こんな感じになります。「異なる組織や国などで役割や機能が同等の人やもの」を表すcounterpartをスムーズに自分で書けたり言えたりすると、ずいぶんと言葉が引き締まりますね。

さて、今回はこのあたりで筆を置きましょう(って、原稿を毛筆で書いているわけではありませんが)。最終回のVol. 6は、ここまでに身に付けてきた知識を使って、実際に書き換え練習も少しやってみましょう。では次回もどうぞお楽しみに♪

和泉有香さんの連載

和泉有香さんの本

和泉有香
和泉有香

劇団通訳、塾講師などを経て現在は神戸海星女子学院大学、関西国際大学でTOEIC対策、英検対策などを教えている。TOEIC 1390点(L&R 990点、S&W 400点)、英検1級(優良賞受賞)、全国通訳案内士(英語)。著書、共著に『音声DL付 TOEIC(R)L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング1』『音声DL付 TOEIC(R) L&Rテスト Part 3&4 鬼の変速リスニング2』(アルク)、『2カ月で攻略 TOEIC(R) L&R テスト900点!』(アルク)、『2022年度版英検過去問レビュー準1級』(河合出版)、『2022年度版 英検過去問レビュー 準1級(3級~準1級)』(河合出版)、『英語4技能 スピーキング試験“完全攻略”ストラテジー』(IBCパブリッシング)などがある。宝塚歌劇と沖縄にときめく。 Twitter:@JoyJPN

語彙力&フレーズ力を磨く、おすすめの本

ネイティブと渡り合える、知的で洗練された英単語力。

本書は、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたネイティブスピーカーの生のインタビューやスピーチ、約300万語のビッグデータから、使用頻度の高い英単語300個を厳選し、一冊に編んだものです。

すべての英単語は日本語訳、英英定義、例文と共に掲載、無料ダウンロード音声付きで、読んでも聞いても学べる英単語帳です。また、難易度の高い単語をしっかり定着させるため、穴埋め問題やマッチング問題、さらに構文や使用の際に気を付けるべきポイント解説も充実しています。伝えたいことが明確に伝えられる、上級者の英単語力をこの一冊で身に付けましょう!

英語中級者と上級者の違いは、的確で、気の利いたフレーズ力!

50余年の歴史を持つ、アルクの『月刊ENGLISH JOURNAL』(1971年創刊~2023年休刊)に掲載されたインタビューやスピーチ約300万語というビッグデータの中から、頻出する英語フレーズ300個を厳選。日常会話やemail、SNSではよく使われているのに、日本人が言えそうで言えない、こなれたフレーズを例文と英英定義と共に収載しました(全音声付き)。

厳選した300種類の穴埋め問題&マッチング問題を通して、「見てわかる」のレベルから「自分でも使える」ようになるまで、しっかり定着させます。上級者への壁をこの一冊で打ち破りましょう!

難関大を目指す受験生が英単語を「極限まで覚える」ための単語集

大学入試などの語彙の問題は、「知っていれば解ける、知らなければ解けない」ものがほとんど。昨今の大学入試に登場する単語は難化していると言われており、文脈からの推測や消去法では太刀打ちできない「難単語の意味を問う問題」が多数出題されています。こうした問題をモノにして、周囲に差をつけるには、「難単語を知っていること」が何よりのアドバンテージです。

SERIES連載

2024 04
NEW BOOK
おすすめ新刊
英会話は直訳をやめるとうまくいく!
詳しく見る
メルマガ登録