ENGLISH JOURNAL ONLINE

古くて新しい英語学習法「復文」とは?英文法と語彙習得に効果大!【ブックレビュー】

「復文」をという学習法をご存じですか?ちょっと地味ではありますが、どんなレベルでも始められ、着々と力が付く一生モノの学習法です。復文のやり方を、豊富な例文付きで詳しく教えてくれる書籍を紹介します。

江戸時代から存在する学習法「復文」

本書で紹介している「復文」は、なんと江戸時代から存在する学習法。

当時は英語ではなく、漢文を習得するのに使われていたそうです。漢文を書き下し文にして、また漢文に戻す練習をしていたんですね。「原文を復元する」から「復文」です。

とても効果の高い学習法なのに、戦後、漢文教育が衰退するとともに使われなくなってしまったとか。

方法はとてもシンプルで、英語に当てはめると次のようになります。

①英文を日本語に訳して答え合わせをする

➁日本語訳を見て元の英文を復元し、答え合わせをする

たったこれだけ。スマホもパソコンも不要で、使う道具は紙と筆記用具だけです。音声を聞いたり、声を出したりもしないので、紙を広げるスペースさえあればできますね。

①で英語から日本語、➁で日本語から英語と、ふたつの言語をいったりきたりすることで、英語の語順や単語が自然と頭に入ります。

また、英文を「言う」のではなく「書く」のがポイント。漢字でも英文でも「読めるけど書けない」というケースはよくありますよね?でも、「書けるけど読めない」というケースはまずありません。

正しく「書ける」ことは「読める」ことにもつながるのです。

本書は、復文トレーニングにもってこいの例文を、見出し文だけで計160題掲載。80の文法項目と1,500の重要単語が身に付く構成になっています。

banner7

自分の弱点がしみじみ分かる

では、早速、復文に挑戦してみましょう。

本書に掲載している例文の英語レベルは、小学校高学年程度の基本のキから、大学入学共通テストくらいまで。

英検2級あたりまでを網羅していると考えてよさそうです。

さて、最初に取り組む「Chapter1‐1」では、英語の基本のキ、5文型を復習します。

Miki dances happily.

Misato saw a beautiful rainbow.

Her songs make us happy.

このくらいなら、和訳するのも、それをまた英訳するのも簡単ですね。意味は分かると思いますが、日本語訳はこうなります。

実希は楽しそうに踊る。

美里は美しい虹を見た。

彼女の歌は私たちを幸せにする。

これくらいならわざわざノートに書かなくても・・・とも思いますが、本書の教えを守って、しっかりノートに書きました。

最初はこんな感じでラクラクなのですが、分詞構文あたりになるとなかなか厄介に。

Acting on impulse, he abandoned his duties and responsibilities.

Not knowing what to say, the lawyer remained silent.

とはいえ、この英文を和訳するのは何とかなりそうですよね。

衝動的に行動して、彼は自分の義務と責任を放棄した。

何を言うべきか分からなくて、(その)弁護士は沈黙したままだった。

この日本語文を、また英語に訳します。

いきなり日本語文を見せられて「これを英語に訳して」と言われたら、「えーっと・・・」となってしまいそうですが、先ほど英文を見たばかりなので、割と楽にできます。

ただ、私の場合は、ひとつめの文を、Acting on the impulse ...と、よけいなtheを付けてしまいました。冠詞、苦手なんです・・・。つい先ほど回答となる英文を読んだばっかりなのに、我ながら情けない。

モヤモヤしている部分が、じわじわあぶり出されてくる感じです。次々と取り組んでいくうちに、自分の苦手なところ、理解が不十分なところを再確認できました

苦手なところを自覚すると同時に復習できるのですから一石二鳥。いや、なかなかいいですよ、復文。

「Chapter2」に入ると、英文は長く複雑になります。

The police haven't found any clues. The thief seems to have worn gloves in order not to leave any fingerprints when he broke in.

意味は大体わかりますが、ちゃんとした日本語訳にしようとするとなかなか大変。

お手本はこうなっています。

警察は何も手がかりをつかんでいない。(その)泥棒は侵入する際、指紋を一切残さないように、手袋を装着していたようだ。

これを英訳すると、また、glovesにtheを付けてしまったり(theが好きなのか自分?)、fingerprintsの末尾のsを付け忘れて単数にしてしまったりしました。

細かいことではありますが、確かに自分に欠けているところ、文法的な理解があいまいなところです。でも、英文をまるっと覚えておけば、もう安心

文法学習というと、解説を読んで問題を解くのがよくあるパターンですが、これだとカンやまぐれで正解できることもあり、いまひとつ「分かった!身に付いた!」という実感が得にくい気がします。

その点、復文は、最終的には自分の手で英文を書き上げるので、「分かってる!身に付いてる!」という気がして、とても達成感を得られました。

最終的には自己肯定感も上がりそう。私、英語頑張ってる!

新しい趣味としてやってみよう

本書を読んで「へえ・・・」と思ったのは、復文を「趣味」として勧めていること。いろいろな英語学習本がありますが、その学習法を趣味にすることを勧めている本は初めて見ました。

でも、復文で得られる達成感を目の当たりにすれば、それも納得です。「できた!」という感覚がなんとも楽しく、勉強というプレッシャーを忘れるほど

さらに、復文なら、どんなレベルの英文にも応用が可能です。本書に掲載されている例文から始めて、いずれは自分が興味のある分野、英語ニュースや英語の小説にもチャレンジできます。英文と和訳があれば、どんどん発展させられるのです。

もしかしたら数年後には、ナンプレパズルに次ぐ趣味として定着するかもしれません。

単語や文法をマスターしたいという人はもちろん、英会話やTOEIC向けの学習をしているという人も、新しい趣味にトライするつもりでやってみてはいかがでしょう?

 

banner6

ENGLISH JOURNAL ONLINE 編集部

尾野七青子都内某所で働く初老のOL兼ライター。