台湾留学、おすすめのポイントは?

日本から近く、すぐに訪れることができる台湾は、観光地として人気です。
九州よりやや小さい国土の台湾は、その小ささを感じさせない非常に活気にあふれた国です。美味しい食事と寛容な国民性。親日家の台湾の人々は訪れる私たちをいつも優しく迎え入れてくれます。そんな台湾留学をおすすめする理由をご紹介!

台湾留学11の質問

Q.台湾に留学する人は多い?

今までは留学先としての情報が少なかったこともあり、台湾への留学を希望する人は
あまりいませんでした。しかし、近年では台湾の大学の受入れ体制も整い、台湾へ留学する人が増えてきています。

Q.留学先として台湾を選ぶ理由は?

台湾に留学する人は中国語の習得はもちろんですが、英語で大学留学できる国として人気です。世界で最も話されている中国語は、フローバルに仕事をしていくためにも必要な言語として、日本でも認識され始めています。台湾の大学留学では、英語で講義を行っている学科もあるので、中国語を学びながら英語メインで留学できる点でも注目されています。また、台湾は日本との距離も近く、親日国であることから、安心して留学できる国として選ばれています。

Q.台湾の教育はなぜ質が高い?

台湾の高校生の進学率はかなり高く、大学や専門学校などに進学する学生がほとんどです。高校までは義務教育なので、必ず高校進学をします。また高校入試は統一テストと呼ばれるテストで決まり、成績で行く高校が決まります。古代より学問を一番としてきてた背景から、学歴の高い人が尊敬される風潮があります。そのため、子どもの時から皆一生懸命勉強をします。現在では海外で活躍する人材も多く、世界で活躍するための教育がされています。

Q.台湾の大学の特徴は?

台湾の大学では中国語で講義のコース、英語で講義のコースが充実しています。
中国語での講義であっても教科書は英文であるなど、英語のスキルがある程度必要になります。留学生は入学時、コース別で中国語や英語のスキルが求められます。
台湾の学生は英語ができる人がほとんどなので、コミュニケーションは英語か中国語になります。どちらにも対応できるようになる環境が大きな特徴です。また、台湾政府は留学生への奨学金サポートを行っているので、費用面でも留学がしやすくなっています。

Q.台湾の大学の学費は?

台湾の大学にかかる費用は年間で30~50万円ほど。日本と比べるととてもリーズナブルです。大学には必ず学生寮があるので、生活する上でもかなり費用が抑えられます。
外食文化の台湾では屋台の料理が200~300円でお腹いっぱいになります。奨学金を得ることができれば、費用を心配せず留学生活が送れそうですね。

Q.台湾と日本の時差は?

台湾と日本の時差は1時間。日本が1時間進んでいます。また、サマータイムは導入されていません。時差を気にせずに家族や友人に連絡が取れますね。

Q.台湾の治安はいいの?

比較的安定した治安です。治安の良さも留学や観光で選ばれる理由の一つかもしれませんね。ですが、防犯意識はしっかりと持っていなくてはいけません。世界中から観光に訪れる台湾では、人気スポットはかなりの混雑。スリやひったくりがいないとは言えません。しっかりと対策をして、夜道の一人歩きなども極力避けましょう。

Q.台湾留学ならではと言えば?

台湾ではとにかく食事が美味しいという声が聞かれます。
日本と食文化が似ており、日本人の口に合う食事ができます。日本で人気のスイーツも多くあり、何を食べようかと楽しみができます。物価が安く、生活がしやすいので節約して国内を旅行する留学生も多いです。

Q.台湾ではどんなスタイルで大学留学できるの?

台湾の大学に入学するには正規留学と交換留学が主なスタイルです。
また、さまざまな学科や分野がある総合大学と専門的な技術を学べる科技大学があります。中国語、または英語での講義になるので、大学の規定する中国語、英語のレベルを身に付けておく必要があります。中国語のレッスンは入学前に大学付属の語学学校で学ぶことができますが、講義を聞き取ることができるようになるには少し時間がかかります。中国語をまったく学んだことがない場合は留学前から慣れておいた方がいいですね。

Q.台湾では留学生も働きやすい?

台湾では台湾の大学に留学する正規留学の留学生と中国語を学ぶために1年以上語学留学している留学生はアルバイトをすることができます。アルバイトができるのは週に20時間まで。日本人留学生には日本語教師やガイドなどが人気の仕事です。

Q.台湾は観光スポットも充実している?

小さな国土ですが、見どころはたくさんの台湾。屋台の食べ歩きから、芸術までたっぷり楽しむことができます。文化も似ている台湾ではどことなく懐かしいような情緒を感じることができます。似ているようでやっぱり違う、そんな部分を探してみてください。

台湾留学 おすすめ都市のBEST 5

日本からのアクセスも良いので、短い期間でもたっぷりと観光を楽しむことができる台湾。また過ごしやすい気候でどのシーズンも快適に過ごせます。美味しい食事や観光スポット巡りで台湾の各都市をまわってみるのもいいですね。

台北(タイペイ)

台湾北部に位置する首都地域。夜市で有名な士林地区があるのもこの台北。
金融、教育、エンターテインメントの中心地として、アジアの中でも大規模都市として
認識されています。故宮博物館では歴代中国王朝のコレクションを観ることができます。中でも「翠玉白菜」は必ず観ておきたい芸術作品。アニメの舞台と知られる九份では幻想的な街並みを歩き、お茶や台湾スイーツでホッと一息つくのがおすすめです。

高雄(カオジュン)

MRTの「美麗島駅」は世界で最も美しい駅で世界第2位に選ばれています。
美しいエントランスは天井部分をステンドグラスで装飾されていて見ごたえのある迫力を感じます。「蓮池潭」はオリエンタルな中国風の建物「龍虎塔」が建つ湖。カラフルな建物やオブジェは見ているだけで明るい気分に。たくさんの観光スポットがある高雄では夜も楽しめるスポットが。港湾都市の高雄を流れる「愛河」は高雄のシンボル。建並ぶ高層ビルの光やネオンが反射した美しい夜景スポットとしても人気です。六合夜市では活気あふれる夜市を満喫しながら港町ならではの、シーフードを楽します。

台中(タイジョン)

思わず写真を取りたくなるフォトジェニックな観光スポットが多い台中。
中でも「彩虹眷村」は台湾の普通の住宅地ですが、街中にカラフルな絵が描かれていて、一度見たら忘れられない光景が広がります。ひとりのおじいちゃんが描いたというのが驚きです。「宮原眼科」は日本統治時代の歴史的建物を改装したスイーツショップ。レトロな内装で映画の中のような雰囲気が味わえます。台中には古い建物をリノベーションしたおしゃれなカフェやお店が多くあります。撮影を目的にカメラを抱えた人も多い人気スポットです。

台南(タイナン)

台湾の古都と呼ばれる台南は城下町として栄えた歴史があり、今でも歴史を感じさせる街並みを散策することができます。安平古堡はオランダとの戦いのための要塞でした。清朝時代を超え、廃れてしまっていた所を日本統治時代に再建し、現在では台湾でも文化財として扱われています。すぐ近くには「安平老街」という飲食店やお土産を見て回れる商店街が。スイーツや屋台の食事を楽しみたいですね。台湾では各所に学問の神様として知られる孔子が祀られている孔子廟がありますが、「台南孔子廟」は台湾で最も古くに建てられたものとして今でも多くの受験生が訪れているそうです。

桃園(タオユェン)

台湾の玄関口「台湾桃園国際空港」は日本からの直行便が離発着しています。自然あふれる台湾の魅力を存分に知ることができる都市です。空港から近くの桃園観光夜市ではローカルのお客さんが多いので、値段もリーズナブル。地元の人がいつも食べているものを味わってみましょう。「大渓老街」は日本統治時代の歴史的建物が多く残るスポット。バロック様式の美しい外観と手の込んだレリーフなどが状態よく保存されてきました。ゆっくりと見て回ることをおすすめします。

まとめ

台湾は日本と文化も似ていることもあり、馴染みやすく居心地の良い雰囲気があります。それはきっと台湾の人々が暖かく迎えてくれるからでしょう。高齢者には日本語が話せるという人もいていつも親切に接してくれる台湾の人々。観光はもちろん、留学で長く滞在すれば、もっと台湾の魅力を知ることができます。教育熱心で学習意欲が高い台湾の人々は中国語・英語・日本語のトライリンガルも珍しくありません。あらゆることに熱意がある台湾の人々との交流すれば、きっと色んなことにチャレンジする力が湧いてくるでしょう。

台湾留学 おすすめの留学スタイル

☆語学留学in台湾 https://anokuni.com/country-info/language-twn/
☆大学留学in台湾 https://anokuni.com/country-info/university-twn/

あの国で留学 編集部

執筆&編集:あの国で留学 編集部 

https://anokuni.com/

海外留学の専門情報サイト「あの国で留学」の編集部です。32か国、800以上のプログラムからあなたの理想の留学を見つけることができる!留学に必要なお役立ち情報、ビザ情報、体験談など、豊富な情報であなたの留学をお手伝いしています。