India インド【世界の英語】

世界の英語

英語を話すのは「英語圏の人」だけではありません。「ノン・ネイティブ」の多種多様な英語を、世界を旅するように楽しみましょう!

今回のスピーカー

Rajwinder Kaurさん

20代/学生

アメリカ滞在歴 3年

聞き取りの難易度(1:易→5:難) 2

音声を聞いてみよう!

※音声には、インタビュアーの声も含まれています。

※発言されるべき部分で抜けている箇所を( ) で、言い間違えている部分で本来の正しい表現を[ ] で、英文中に補足しています。

Q. 出身地について教えてください。

I’m from (1)India, in the (2)Punjab. Uh, my village name is (3)Jalandhar. Yeah, it’s like a small city. And here, I like (4)weather. And in my country, it’s famous in Punjabi music, (5)folk dance and very popular singers and also very hit films. Like, uh, (6)Gurdas Maan. He’s a very famous singer in (7)Punjabi. He’s handsome. He’s now, he’s very old.

インドのパンジャブ州の出身です。村の名前はジャランダルです。はい、小さい街という感じですね。ここで私が好きなのは気候です。それから、私の国ではパンジャブ音楽と民族舞踊が有名で、とても人気のある歌手がいて、大ヒットした映画もあります。例えば、ガーダス・マンです。パンジャブでとても有名な歌手です。彼はハンサムですよ。今は高齢です。

語注

(1)India インド ★南アジアに位置する共和国。人口は中国に次いで世界第2位。 (2)Punjab パンジャブ州 ★インド北西部の州。後出のPunjabiは「パンジャブ語(の)」の意。 (3)Jalandhar ジャランダル ★パンジャブ州の都市。 (4)weather ★ここでは直前にtheが必要。 (5)folk dance 民族舞踊 (6)Gurdas Maan ガーダス・マン ★(1957- )。パンジャブ音楽の人気歌手、俳優。 (7)Punjabi  ★正しくは Punjab。

Q. 時間があるときは何をしますか?

In my free time, I want to (8)listening music, and also (9)reading books, and (10)watching moviecs--yeah, movies. I like (11)Hindi movies, and also Punjabi. But I prefer Hindi movies. I love, uh, funny movies.

暇なときは、音楽を聞いたり本を読んだり、映画を見たりしたいです。ヒンディー語の映画が好きで、パンジャブ語のも好きです。でもヒンディー語の映画の方が好きですね。面白い映画が大好きなんです。

語注

(8)listening ★正しくはlisten to。  (9)reading ★正しくはread。 (10)watching ★正しくはwatch。 (11)Hindi ヒンディー語(の) ★インドの連邦公用語。 

Q. 仕事や将来の夢について教えてください。

I (12)have a full-time student. I work only like, oh, two (13)day. Now I start work in two day in a (14)Ports of Sub in a (15)Gosford line, like a (16)Subway, yeah, a sandwich shop.

In my family, my sisters and my (17)father sister, also a police officer in India. So I want to also be a police officer.

全日制の学生です。仕事は2日だけで、今はポート・オブ・ サブズで2日働き始めたところです。ゴスフォード・ロードにあって、サブウェイのようなサンドイッチの店です。

私の家族は、姉妹と父の妹がインドで警察官をしています。 それで、私も警察官になりたいです。

語注

(12)have ★正しくはam。 (13)day ★正しくはdays。後出のdayも同様。 (14)Ports of Sub ★正しくはPort of Subs(ポート・オブ・ サブズ)。 ★アメリカ西部を中心に展開するサンドイッチチェーン。 (15)Gosford line ★正しくはGosford Road(ゴスフォー ド・ロード)。ゴスフォードは、アメリカ、カリフォルニア州のべーカーズフィールドにある街。 (16)Subway サブウェイ ★アメリカをはじめ各国に店舗を持つ、世界最大のサンドイッチチェーン。 (17)father sister ★正しくは father’s sister。

Q. 英語学習について教えてください。

For me, (18)I’m very difficult about grammar. Yeah, some teacher, every teacher say to, told me, uh, watch English (19)movie or watch news, uh, read, uh, newspapers-- everything like that, so you improve your English. And speak English with your friends, also. If we prefer English first, then you, you will learn, yeah.

私には文法がとても難しいです。はい、(上達のためには)どの先生も、英語で映画を見たり、ニュースを見たり、新聞を読みなさいと言いました。そういったことをすれば英語が上達します。それと、友達と英語で話すのもいいですね。英語を第一の言語にすれば、身に付きますよ、はい。

語注

(18)I’m very difficult about grammar. ★正しくはgrammar is very difficult.。 (19)movie ★正しくはmovies。

解説:癖が少なく、聞き取りやすい英語

全体として比較的癖が少なく、聞き取りやすい英語ですが、いくつかの特徴が見られます。very hit filmsの veryでは/v/が/w/の音になり、filmsでは/l/と/m/の間にあいまい母音が入って、 /l/が「明るい」音色になっています。singers、films、movies、sisters、 newspapersなど複数形の語尾/z/が無声音の/s/で発音され、preferの-ferはつづりにつられたような発音になっています。また、toldの/t/には英語本来の気音(aspiration[息の音])が伴っていません。上昇調のイントネーションが多く使われているのも特徴的ですね。

音声解説:里井久輝(さといひさき)

龍谷大学教授。イギリス、リーズ大学大学院修士課程修了。大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了、博士(言語文化学)。専門は音声学、言語学、英語教育。著書に『英語で歌おう! スタンダード・ジャズ』『「世界の英語」リスニング』(いずれもアルク)がある。

取材:酒巻バレット有里
翻訳:吉田章子

本記事は『ENGLISH JOURNAL』2018年1月号に掲載された記事を再編集したものです。