Vietnam ベトナム【世界の英語】

世界の英語

英語を話すのは「英語圏の人」だけではありません。「ノン・ネイティブ」の多種多様な英語を、世界を旅するように楽しみましょう!

今回のスピーカー

Tram Phamさん

20代/ネイリスト

アメリカ滞在歴 2年

聞き取りの難易度(1:易→5:難) 3

音声を聞いてみよう!

※音声には、インタビュアーの声も含まれています。

※発言されるべき部分で抜けている箇所を( ) で、言い間違えている部分で本来の正しい表現を[ ] で、英文中に補足しています。

Q. 出身地について教えてください。

I’m from (1)Vietnam. Uh, I’m from (2)Ho Chi Minh City. My country, uh, is[has] a lot of, uh, beautiful place(s).

Uh, (3)post office in the central city. And, uh, (4)Ben Thanh market.

Um, my favorite food in Vietnam is (5)pho. It’s, um, famous food in the world --noodle(s) and, uh, the beef and soup.

ベトナムのホーチミン市出身です。私の国には、たくさんの美しい所があります。

(有名なのは)市の中心にある郵便局ですね。あと、ベンタイン市場があります。

私の好きなベトナム料理はフォーです。世界的に有名な料理で、麺と牛肉とスープ(が入ったもの)ですね。

語注

(1)Vietnam ベトナム ★インドシナ半島東部の社会主義共和制国で、首都はハノイ。 (2)Ho Chi Minh City ホーチミン市 ★ベトナム南部に位置する、同国最大の都市(旧サイゴン)。 (3)post office 郵便局 ★ホーチミン市にある「中央郵便局」のこと。フランス統治時代の建造物で、パリのオルセー美術館をモデルに造られた。 (4)Ben Thanh market ベンタイン市場 ★観光客だけでなく地元の人も訪れるホーチミン市最大の市場で、露天商や屋台がひしめく。 (5)pho フォー ★ベトナムを代表する麺料理。鶏や牛などからだしをとった透明なスープに平たい米粉の麺が入ったもの。

Q. 時間があるときは何をしますか?

Uh, when I have free time, I, uh, often listen to music. I like (6)to, pop music. Um, I love to, uh, (7)Britney Spear(s).

時間があるときは、よく音楽を聞きます。ポップ音楽が好きで、ブリトニー・スピアーズのファンです。

語注

(6)to ★正しくは不要。後出のtoも同様。 (7)Britney Spears ブリトニー・スピアーズ ★(1981- )。アメリカのポップシンガー。

Q. 仕事や将来の夢について教えてください。

Yes, I, uh, work, uh, part-time. Uh, I am part-time in a nail shop, at my uncle’s shop, (8)manicurist. It’s, uh, hard. It’s a (9)work hard.

Um, I want to become a(n) English teacher, uh, (or) history teacher. Um, if I can, um, (10)move on, I want to, uh, be a (11)master, if I can. 

はい、アルバイトをしています。ネイルサロンのアルバイトです。そこは私のおじの店で、(私は)ネイリストです。大変で、ハードな仕事です。

(将来は)英語教師、(もしくは)歴史の先生になりたいです。もし上に進むことができたら、修士号を取りたいんです、可能なら。

語注

(8)manicurist ネイリスト (9)work hard ★正しくは、hard work。 (10)move on 先に進む、進歩する (11)master 修士(号)

Q. 英語学習で難しいことはありますか?

I think, uh, the most difficult thing, uh, for me, is, uh, listening and writing. I think, uh, I have to, uh, practice. I have learn [learned], uh, writing a lot. Uh, and I, uh, can improve. Just practice a lot. I just, tell you some, uh, one advice. Uh, you can try my[to do your] best, uh, in any circumstances. 

 私にとって最も難しいことは、リスニングとライティングです。練習しなければならないと思います。ライティングをたくさん勉強して、それで上達することができます。とにかくたくさん練習することですね。私からのアドバイスは一つです。全力を尽くすこと。どんな状況にあっても、です。

解説:母語の影響を強く受けた、初級レベルの英語

つなぎのuhという語の多用や、基本的な文法の誤りが散見されたり、practiceやcircumstancesのような長めの語の発音が正確でなかったりと、初級レベルの英語といえます。tryのようにきちんと発音できているものもあるのですが、全体的に母語に影響された発音の特徴が多く認められます。特に子音では、foodやhardの-dなどにおける語尾子音が脱落することが多く、母音では、marketの-ar- や teacherの-ea-のような長母音が短母音化している点が特徴的です。これらの特徴が組み合わさった、It’s, uh, hard. It’s a work hard.の部分は特に聞き取りにくく感じます。また、I thinkの think がthingと同じ発音になっている点にも、聞き取りの際には注意が必要です。

音声解説:里井久輝(さといひさき)

龍谷大学教授。イギリス、リーズ大学大学院修士課程修了。大阪大学大学院言語文化研究科博士後期課程修了、博士(言語文化学)。専門は音声学、言語学、英語教育。著書に『英語で歌おう! スタンダード・ジャズ』『「世界の英語」リスニング』(いずれもアルク)がある。

取材:酒巻バレット有里
翻訳:吉田章子

本記事は『ENGLISH JOURNAL』2017年11月号に掲載された記事を再編集したものです。