夢・目標編【キムタツ式クイックレスポンス】

夢・目標編【キムタツ式クイックレスポンス】

どんなに英語を学習しても意外と言えないのが「身の回り」の出来事。キムタツ先生印の「クイックレスポンス」トレーニング(日→英を高速変換)で「言いたいことを英語で言える」ようになりましょう!

第22回 夢・目標編

今回のテーマは夢・目標に関する表現です。下の指示に従って、Let’s get started!

「クイックレスポンス」トレーニングの手順

  1. それぞれの表現を確認します。わからない単語や文法があれば、印を付けておきましょう。
  2. 音声を聞き、表現の意味や発音を確認します。その後、自分で英文を読み上げ、自信のない箇所は音声を聞き直して再確認しましょう。
  3. 音声の英語に合わせて10回ほどシャドーイングしましょう。ネイティブスピーカーと同じように発音することが目標です。
  4. 何度も声に出して読み上げ、英語と日本語をセットにして、しっかりと表現を覚えます。
  5. 日本語だけを見て、即座に英語の表現が言えるようになるまで頭にたたき込みます。何度も何度も反復して練習しましょう。
  6. 音声を流し、日本語が聞こえたら、英語の音声が聞こえてくる前に、自分で英語表現を口に出してみましょう。

これができるまで、挫折禁止!

Japanese
  1. 今年こそ克己心(こっきしん)を育んで、必ず夢をかなえよう。
  2. とりあえず目標が3 つあるが、実行できるかどうかわからない。
  3. 去年の今頃に、似たような目標を持っていたように思う。
  4. もっと海外を楽しめるように、自由に使える英語力を身に付けたい。
  5. 体重を落として筋肉量を増やし、見映えをよくしたいと強く思っています。
  6. すでに英語は話せるので、フランス語と中国語も学びます。
  7. 早寝早起きの習慣を身に付けて、次の診断を健康に通過するぞ。
  8. 新年の誓いを立てる前に、昨年の反省を行うことが大切だと思っています。
  9. 新年の誓いを守り通せるかどうか自信がないなぁ。
English
  1. I’m going to improve my self-control and realize my dreams without fail this year.
  2. For now, I have three goals, but I don’t know whether I can carry them out.
  3. At this time last year, I had a similar goal, it seems.
  4. I’d like to have a good command of English so that I can have a better time when I’m abroad.
  5. I strongly want to lose weight and gain muscle mass to get betterlooking.
  6. I can already speak English, so now I’ll learn French and Chinese.
  7. I’ll develop the habit of keeping early hours, and then I’ll be passed as healthy at my next medical checkup.
  8. Before making a New Year’s resolution, I think it important to review what I did last year.
  9. I’m not confident of keeping my New Year’s resolution.

“賞味期限”内に夢をかなえよう!

1月号ですから、やはり新年の誓いを立てないわけにはいかないですよね。というわけで、気合いを入れてNew Year’s resolution を取り上げようと思ったのですが、思い付いたのは「英語の勉強」と「ダイエット」ぐらいでした。わははは!

ただ、個人的には、何度かお話ししているとおり、絵本を作るために昨年4月から絵を習っています。自分が還暦を迎えるまでに、最低でも1冊は絵本を出版することを目標にしていて、それは自分との約束としてずっと夢に見てきました。ですから、2020年も引き続き絵の勉強をしていきたいと思います。

英語に関して言えば、My Yumetan と名付けた自分だけの単語集を作っていきます。これはもう何年も前から続けていますが、読んだり聞いたり話したり書いたりする中で出合う、自信のない単語や新しい表現をメモ帳に書きつけていくんです。

『ユメタン②』ぐらいまでの基本的な語句は単語集に委ねるにしても、受験レベルを超えた単語や表現などはそういうふうにして覚えていくのが効果的でしょう。これをやるだけでも、かなりの語彙力が身に付きますので、おすすめの勉強方法です。

さて、そもそも「夢をかなえる」と言いますが、夢には賞味期限があります。同じ夢を何年間もだらだらと持つようなものではありませんし、そんなことをしていると夢が腐ってしまうのです。

だから、いつまでにこういうことをして、それが終わったらこれをやるといった具合に自分を追い立てていかないと実現しないのが夢というものだと思うのです。「痩せたい」というぐらいの目標だと夢とまでは言えないので、自分との戦いに勝てればある程度はかなうのですけれども、高い壁を越えようとするのであれば計画性が大切ですよね。

昨年は絵を始めただけでなく、メールマガジンを始めたりもしました。今年は大きな新しい企画を考えているわけではありませんが、大人向けに本を何冊か出すことになります。それもしっかり計画どおりに進めていこうと思っています。皆さんも、「夢に向かうための計画」を意識しながら、2020 年をよい年にしていきましょう!

これもついでに覚えてしまおう!

  • oath([正式な]宣誓)
  • achieve(~を達成する)
  • setback(挫折)
  • diligently(熱心に、コツコツと)
  • hit the wall ([計画などが]行き詰まる)
  • set a goal (目標を設定する)
  • have no bones about breaking promises(平気で約束を破る)
  • Persistence pays off(. 継続は力なり)
  • It’s easier said than done(. 言うは易く行うは難し)
  • I promise to tell her that I swear I’ll never hurt her.(彼女を決して傷付けないと誓うと、彼女に伝えることを約束する)

木村達哉(きむらたつや):1964 年生まれ。関西学院大学文学部英文科卒業。1998 年から灘中学校・高等学校英語科教諭。著書に「夢をかなえる英単語 新ユメタン」シリーズ、「灘高キムタツの東大英語」シリーズ(いずれもアルク 刊)など。ウェブサイトhttp://www.kimu-tatsu.com/も人気。

NarrationNarration:Jon Mudryj、桑島三幸

本記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年1月号に掲載された記事を再編集したものです。