ENGLISH JOURNAL ONLINE

発音クイズからリーディング、スピーキングのトレーニングまで網羅【ENGLISH JOURNAL最新号】

f:id:moutainbook:20220228102347j:plain

『ENGLISH JOURNAL』4月号は「極めろ!摩擦音マニア」。「f」や「v」、「s」や「z」に代表される摩擦音のトレーニングを特集します。

早口言葉から朗読まで、摩擦音を極めましょう

極めろ!摩擦音マニア

ENGLISH JOURNAL』4月号の特集は「極めろ!摩擦音マニア」。昨年2月号の「L」と「R」に続く、発音トレーニング第2弾です。

奇麗な発音を心掛けているつもりなのに、気が付くと違う発音になっていませんか?

英語上級者は「通じればいい」というアドバイスをくれるものの、やっぱり美しい英語を話したい――。

そのためには日々、練習あるのみ!

「f」 や「v」、「s」 や「z」 などに代表される「摩擦音」を取り上げ、毎日繰り返せるトレーニングの「保存版」をご用意。トレーニングアドバイスは、TOEICなどの英語指導を企業や学校で行う、早川幸治さんにご担当いただいています。

トレーニングのコンテンツは単語の聞き分け、書き取り、早口言葉からストーリーの朗読まで。日々の練習に組み込んで、英語の発音に磨きをかけましょう。

極めろ!摩擦音マニア

ストーリーは全部で4編。ターゲットとなる音のみをふんだんに取り入れた、ネイティブも舌が絡まるチャレンジ要素満載のコンテンツです。

極めろ!摩擦音マニア

banner4

ナレーターの英語トレーニングを紹介

特集もう一つのコンテンツは、NHK Worldの英語番組にナレーターとして登場したこともある、俳優の宮本和歌子さんが、ナレーターとしての発音トレーニングについて紹介します。英語初級者の方にぜひ読んでいただきたい内容です。

極めろ!摩擦音マニア

9歳の少年の目を通して見る、1960年代の北アイルランド

ケネス・ブラナー監督作品『ベルファスト』

Interview 1には、映画『ベルファスト』の脚本・監督などを務めた俳優のケネス・ブラナーが登場します。

So, the beginning of lockdown sort of ignited that feeling.
(ですから、ロックダウンの始まりがそうした気持ち[自分の進路を探りたいという気持ち)のきっかけとなりました。

収録しているのは、2021 年9 月にトロント国際映画祭(TIFF)で『ベルファスト』が上映された際の会見の様子です。本作は同映画祭の最高賞である観客賞を、ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞しています。また、本年度アカデミー賞では7部門にノミネートされるなど、超話題作となっています。

本作では、舞台俳優・演出家としても、映画俳優・監督としても活躍するブラナーが、生まれ故郷の北アイルランドでの懐かしい子供時代を振り返り、当時の空気と、社会の変わり目に置かれた人々の当惑とを描き出しています。

人はなぜ「超加工食品」が好きなのか

皆さんは「超加工食品」という言葉を聞いたことがありますか?家庭やレストランの厨房では作ることができない、工場などで量産される加工食品のことです。

Inteview 2では遺伝子学者ジャイルズ・イオのトークを取り上げ、人はなぜ「超加工食品」が好きなのか、そして、それは体にいいのか、悪いのかについて考えます。

遺伝子学者ジャイルズ・イオ

I’m not telling anyone to fear food. I’m just trying to get people to understand the food they’re eating.
(私は皆さんに食べ物を恐れろと言っているわけではありません。ただ皆さんに、自分の食べている食べ物を理解してもらいたいと思っているのです)

ジャイルズ・イオ氏はイギリス、ロンドン出身の遺伝子学者です。肥満の研究を専門としていて、いかに脳が人の食物摂取をコントロールしているかなど、肥満と遺伝子の関係について研究しています。大学で教える傍ら、BBCをはじめ科学番組に出演するなど、幅広く活躍しています。

世界のマンガ&アニメ文化を英語で学ぶ

Lectureは4月号より3回連続で、文化人類学者のパトリック・W・ガルブレイスさんが担当。アメリカと日本で発展した大衆文化「コミック」「マンガ」が人気の理由、そしてその歴史について教えていただきます。

Lecture

そのほか旬な英語に触れるコンテンツ多数!

そのほか、巻頭連載「World Event Trip」や「News Spotlight」など、旬な英語に触れられるコンテンツを多数お届けしています。お見逃しなく!

World Event Trip

News Spotlight

目次

EJ最新号をぜひご覧ください!

banner2