ENGLISH JOURNAL ONLINE

「消えるh」と「フラップのt」!英語独特の子音をネイティブのように発音できますか?

発音ストレッチ

皆さんは自分の英語の発音に満足していますか?正しく発音しているはずなのに、「ネイティブ」のような音が出せなかったり、「日本人っぽさ」が抜けなかったり、発音は多くの英語学習者の悩みの一つです。口筋肉のストレッチで、「ネイティブ発音」に近づきましょう!

読者のみなさん、こんにちは。藤田佳信です。この連載では、一般アメリカ英語「ネイティブ発音」のお話をしながら、毎日できる発音ストレッチをご紹介したいと思います*1

第3回 子音ターゲットの攻略法

第3回の「子音ターゲットの攻略法」では、まず英語の‘r’と‘l’の発音について、説明していきます。

第1回目の記事でお話したように、英語の話しことばの最小単位シラブル(音節)です。そしてシラブルの基本型は、‘pop, cat, dog’などのように、中心の母音(下線部)が前後の子音(1つずつ)に挟まれたCVC型です。‘r’と‘l’のエクササイズは、単音ではなく、CVC型の息(音声)のかたまり、‘r’と‘l’で始まる単語ではじめましょう!始まりの発音エネルギーの強い子音(オンセット)で、発音の仕分けを体験してください。

[ストレッチのエクササイズ用の単語]

/r/ → rock, read, rude

/l/ → lost, lead, lose

(中心の母音は母音三角形、rとlどちらも、順に /α:, iː ,uː/ です。)

英語の‘r’と‘l’では、舌や口筋肉の使い方、呼気(吐く息)の出し方がまったく違います。/r/ と /l/ の発音の一番大きな違いは、口筋肉の力の差です。/r/ の発音にはかなり筋力が必要ですが、/l/ にはそれほど筋力は必要ありません。

/r/ の発音には、母音三角形の基準母音 /uː/ を作る、口の丸めと突き出しの筋肉運動が必要です。発音に時間と手間がかかり、エネルギーが要ります。そんな強い母音 /uː/ の口形で、カタカナ・イメージの「ル」と言ってみます。

先に「ウ」をつけて、と指導する先生もいます、‘ウrock’のように。でもその「ウ」は、口を丸める口筋肉の運動をしなければ(カタカナの「ウ」では)、ネイティブ発音になりません。口筋肉を鍛えて、しっかりストレッチ。単語の始まりの(オンセットの)rを見た瞬間に、反射的に口をしっかり丸めるよう、頑張ってください。

一方、/l/ の音は、舌先の運動で作ります。舌先を上の歯茎に押し当てて呼気をしっかり出します。発音のポイントは、呼気が舌の両側から出ることです。日本語のラ行の音では、両側ではなく、呼気が舌の前面から出てしまいます。試しに舌先を上下の歯で挟んで呼気を出してみてください。舌の両側から呼気が出る実感が得られます。そうして出した音が /l/ の音です。

先に、ひと息で話すことば(シラブルの連続)は、すべて密着している、というお話をしました。密着しているのなら当然、単語の始まりも終わりも聞き分けられませんよね。そこで、日常会話にも、英文の音読にも欠かせない、2つのとても弱い子音、リスニング・スピーキング上達の技術をご紹介しましょう。

はじめに(第1回目の記事)エクササイズに使ったサンプル文を思い出してください。‘She lost her job.’を。すべての音声が密着するイメージなら、‘shelostherjob’の感じ。

ではネイティブ・スピーカーは、どのように密着した音声から内容を聞き分けているのか?聞き手は、前にお話したストレス(強勢)を手がかりに、意味を伝える内容語(メッセージのある単語)を聞き分けます。話者は、内容語の中心の母音にストレスをかけ、つまり口筋肉をしっかり働かせ、呼気を勢いよくたっぷり出します。聞き手の注意をひくように。

例文の下線部では、発音エネルギーの強い母音プライム /α:/ にストレスをかけましたね。始まりの強いオンセットの子音と協力して、音声を響かせます。(英語の)リズムの<強>の部分です。すると、ほかの音声はすべて弱くなり、弱くなった音が前の強い部分に密着するようになります。そんなふうにして、英語独特ののリズムが生まれます。<弱>の部分で音声を弱くする工夫・技術が、「消えるh」と「フラップのt」なのです。ターゲットの子音です。

すべての英単語は、内容語機能語に分けられます。内容語は意味(メッセージ)のある単語で、内容語が聞きとれれば、話し手の言いたいことが分かります。例文では、‘lost’と‘job’ですね。「失くした・・・仕事」という意味。この2つの単語だけでは、カタコト英語です。例文は、文法的な役割をする機能語(she, her)も使って、文の形に組み立ててあります。内容語はよく聞こえるように、ストレスをかけて際立たせます。すると他の音声は自然に弱くなりますよ。リズムの<弱>部分、機能語は弱く。

ネイティブ・スピーカーはのリズムを作るために、機能語をさらに弱く発音しようとします。機能語 ‘her’ で省エネ発音をします。「ハァ」と息を吐く、はじめの‘h’を発音せず、省略してしまう(lost er)のですね。すると、後の弱い ‘er’ が前の強い ‘lost’ に吸着し、‘loster’ (「アアスター」)のような、まるで別の単語に聞こえる音のかたまりになります。これが子音の「消えるh」です。日常の会話でも、英文の音読でも、ネイティブ・スピーカーはふつうに、消える‘h’の技術を使います。‘h’の音を消すのは、日常的にひんぱんに使う機能語、‘he, his, him, her, have, has, had’ などの、はじめの‘h’です。

皆さんもCDやユーチューブなどで、ネイティブ・スピーカーの音声を聞いてみてください。たしかに、‘h’が聴こえず、単語がくっついて聞こえますから。これが、単語を1つ1つ発音するのではなく、ひと息で話す音声を密着させる方法です。そのためには、内容語の中心の母音、辞書のアクセント記号が付いた母音に、しっかりストレスをかけるクセをつけましょう。

続いて、もう1つのターゲットの子音、「フラップのt」をご紹介しましょう。‘lost her’が消えるhの技術で ‘loster’ のようになると、‘lost’ のおわりの弱い(コーダの)/t/、サイレントの /t/ が、母音と母音の間に挟まれて、弱いフラップの /t/ になります。日本人の耳には、弱いラ行の /l/ に聞こえるようになります。「アアスラー」みたいに。上の歯茎に舌先を押しつける、強いはじまりの(オンセットの)/t/ でも弱いおわりの(コーダの)/t/ でもない、フラップの /t/ 。消える‘h’ と同じく、ひんぱんに使われる技術です。

発音は、上の歯茎に軽く触れるだけ。日本語のラ行音のように。例えば、‘letter’ はカタカナ英語では「レター」ですが、ネイティブ・スピーカーの発音では、日本人の耳に「レラー」と聞こえませんか? ‘letter’ は、ネイティブ発音では ‘let her’ と同じ音声なのですね、/h/ が省略されて。

フラップのtも、ネイティブ発音でひんぱんに使われます。「だまって(Shut up)!」のネイティブ発音は実際、「シャラップ!」のように聞こえませんか? ‘Put it on’なら、「プリロン」のイメージです。消える‘h’とフラップの‘t’、皆さんもぜひ使ってくださいね。

例文のはじめの機能語 ‘she’ も、省エネで発音し、消える方向で弱くなります。実際、カジュアルな会話では、ふつうに消える(省略する)こともあります。例文の音声をビジュアル化すると、こんなふうになります。呼気は、ひと息で吐きますね。ずっと口筋肉を動かしながら。

Sheloooosterjoooob

これまで3回に渡ってネイティブ発音に近づくための、発音ストレッチを紹介してきました。毎日練習すれば、正しい口の動かし方を口筋肉が覚えて、ネイティブの発音に近づいていきます。引き続き、皆さんもぜひ練習してみてください!

藤田佳信さんの著書

banner2

*1:詳しくは、拙著『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)をご参照ください。

f:id:YusukeWatanabe:20220107151306j:plain

藤田佳信(ふじたよしのぶ)1950年、京都市生まれ。京都府立医科大学特任教授。音声学・音韻論の英語学習への応用をテーマに、科学的側面からネイティブの口筋肉の動きを分析し、独自の「ストレッチ式発声法」を開発。著書に『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)など多数。