ENGLISH JOURNAL ONLINE

基準母音/iː/と/uː/のエクササイズ!cheeseやschoolを正しく発音できていますか?

ネイティヴ発音イメージ画像

皆さんは自分の英語の発音に満足していますか?正しく発音しているはずなのに、「ネイティブ」のような音が出せなかったり、「日本人っぽさ」が抜けなかったり、発音は多くの英語学習者の悩みの一つです。口筋肉のストレッチで、「ネイティブ発音」に近づきましょう!

読者のみなさん、こんにちは。藤田佳信です。この連載では、一般アメリカ英語「ネイティブ発音」のお話をしながら、毎日できる発音ストレッチをご紹介したいと思います*1

基準母音cheeseの/iː/ 、schoolの/uː/をマスター

第1回目の記事でご紹介した、強い母音のプライム /ɑː/ につづいて、/ iː, uː/という強い母音2つに登場してもらいましょう。発音記号と口形を1対1で対応させて体験しますね。そのためには、口形と対応させる発音記号を必ず覚えておく必要があります。辞書を開いたら、ストレス(強勢)をかけるアクセント記号を含め、主な発音記号をチェックするクセを身に着けましょう!

プライム /ɑː/ につづく2つ目の基準母音、/iː/ は例えば、‘cheese’(チーズ)の中心の母音(下線部)、「イイ」で、口唇をめいっぱい左右に広げてゆく方向で作ります、がんばって。口輪筋や笑筋など、顔面の筋肉の限界まで。すると顔の表情が大きく変化して、笑ったように見えます。「はい、チーズ!」。単語をゆっくり発音すると、中心の母音がストレッチされます。

[ストレッチのエクササイズ用単語]→ eat, peep, peat, heat, peach, jeep

(ご覧のように、中心の母音のつづり字は ‘ee’, ‘ea’ が多いです。‘e’, ‘eo’などもありますが。どの単語も、はじまりの子音(オンセット)は強く、おわりの子音コーダは弱く発音します。)

3つめの基準の母音 /uː/ は、口唇をしっかり、めいっぱい丸めて突き出して作ります。ひょっとこのイメージで、「ウウ」としっかり声を出します。‘school’ の中心の母音が、/uː/ です。口形を、鏡で確認してくださいね。大変!です。日本語には、そんなに筋肉を酷使する発音はありませんから。粘り強く発音エクササイズをくり返し、口筋肉を鍛えましょう。口先だけで似た音を出すクセをなくすように。もっと口筋肉を緊張させて、口を丸めます。いえ、もっと、もっと。

 [ストレッチのエクササイズ用単語]→ choose, google, school, lose, move, shampoo

(つづり字は、‘oo’, ‘o’ が多いです。)

これでストレッチの基準母音、互いに異なる基準動作が3つ揃いました。/ɑː, iː,uː/ の3つはポイント母音と呼ばれ、その3つのポイントを線で結ぶと三角形になります。母音三角形、です。口筋肉を、3つの異なる方向へ向けて働かせるよう頑張ってください。筋肉力の限界まで。というのも /ɑː, iː,uː/ の3つを基準にして、日本語よりもっと広い、ネイティブ発音の母音の範囲(音域)が決まりますから。言い換えれば、他のすべての母音の音色と、発音の筋肉活動が、3つの基準母音によって決まるということです。発音の筋肉力をアップし、呼気放出エネルギーも増強しましょう。

基準母音のエクササイズ

エクササイズStep1:

プライムの /ɑː/ から、始めます。2つの異なる方向へ。

1)下アゴを下げてできた /ɑː/ から、口唇を左右に広げる /iː/ へゆっくり、呼気(声)を出しながら口形を変えてゆきます。ゆっくり発音していれば、その運動の途中で /e/ 、「エ」の母音の口形と音に気づくようになります。

2)つづいて、/ɑː/ から /uː/ へゆっくり、呼気(声)を出しながら口形を変えてゆきます。下アゴが十分下がった状態から、口を丸め突き出す方向へ。鏡を見ながら、顔の表情の大きな変化を確認してくださいね。口筋肉をストレッチしながら、呼気(声)をしっかり出すのも忘れないように!

1)と2)どちらの発音運動でも、舌のかたまりは低い位置から高い位置へ移動し、声道(共鳴管)の形を変えます。口腔の形を変え、母音の音色を変えます。 エクササイズStep2:/iː/ と /uː/ の交替運動。/iː/ から /uː/ へ、 /uː/ から /iː/ へ。

この2つの基準母音は発音するとどちらも、舌のかたまりは盛り上がり高い位置になります。/iː/ は口腔の前方で盛り上がり、/uː/ は後方(口の奥)で盛り上がり、声道の形が変わり、異なる音色を響かせます。

[ストレッチのエクササイズ用例文]→ Eat your soup hot.  

                   /iː/     /uː/  /ɑː/

ところで、母音三角形の母音、プライム /ɑː/ に並んで、とても聞こえの良い母音があります。「アッシュ(Ash)」と呼ばれる発音エネルギーのとても強い母音です。プライム /ɑː/ の場合と同じで、アッシュの発音に成功すれば、皆さんの発音はたちまちアメリカン!スピーキング・リスニングの上達には必須のターゲットです。ただ、この母音はノン-ネイティブの耳には、「ほんとにそんな発音なの?!」と違和感が強いです。

アッシュの発音記号はこんな形、/æ/ 。‘cat’ や ‘bag’ の中心の母音です。記号の形をよく見ると、aeの合わせ文字だと分かります。日本語のカタカナ・イメージだと、が合体したような音かとおもいますよね。でもアッシュ /æ/ は「」と発音し、「エ」に近い音です。e の要素が中心で、「」をストレッチ(引き伸ばし発音)して、緊張して口筋肉(口唇)も左右にストレッチして、「エエエア」と息(声)をしっかり吐きますね。

おわりの「」はとても弱い音。どの筋肉もお休みで、声はため息のように出るだけ。「シュワー」と呼ばれ、発音記号はアルファベット文字の ‘e’ を逆さにした /ə/ 、短く弱く か、 か?あいまいな音です。ネイティブ発音の、リズムの <弱> 部分です。

ストレッチのエクササイズ用の単語は、‘cat’ で始めてみましょう。呼気(声)をしっかり吐き出すように頑張ってください。「ケエエエアツ(t)」のイメージで。おわりの(コーダの)とても弱い /t/ は、無音(サイレント)ですが、発音動作をしなくてよいわけではありません。舌先を上の歯茎にしっかり押し当ててください。呼気の流れを妨害するために。

イギリスで /ɑː/ と発音されるのが、アメリカではアッシュの /æ/で発音される単語が多いです。‘ask’ を代表に、そんな単語が150ほどあると言います。/æ/ の口の開きは、人差し指と中指を2本重ねて入るぐらい。「エ」の口ですから、プライム /ɑː/ より、開き具合は薬指1本分狭いですね。どちらも舌のかたまりの表面は低く平らで、呼気の流れは妨害されず、たっぷり出ます。その分、いずれも聞こえの良い音になります。

/ɑː/ で舌本体は奥へ後退しますが、一方の /æ/ では舌のかたまりは、下の前歯に向けて前進。舌先が下の前歯のウラに当たります。まるで発音の勢いで、舌のかたまりが口から飛び出すのを止めるかのように。鏡で、口唇の左右への引っ張りを確認しましょう。と同時に、舌先が下前歯のウラに着いている感触に意識を向けてください。OK!です。それでネイティブ発音に向け、さらに大きな一歩前進です。

[ストレッチのエクササイズ用単語]→ cat, bag, Japan, Titanic    

発音クイズ

クイズQ:あの世界的有名人Harry Potterの発音は、「ハリー・ポッター」?

(Harryの中心の母音(下線部)がアッシュ /æ/ で、Potterの中心の母音がプライム/ɑː/です。)

発音ストレッチを毎日やることで、正しい口の動かし方を口筋肉が覚えて、ネイティブの発音に近づいていきます。ぜひ練習してみてください!

藤田佳信さんの著書

banner2

*1:詳しくは、拙著『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)をご参照ください。

f:id:YusukeWatanabe:20220107151306j:plain

藤田佳信(ふじたよしのぶ)1950年、京都市生まれ。京都府立医科大学特任教授。音声学・音韻論の英語学習への応用をテーマに、科学的側面からネイティブの口筋肉の動きを分析し、独自の「ストレッチ式発声法」を開発。著書に『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)など多数。