ENGLISH JOURNAL ONLINE

ネイティブ発音になりたいなら「口筋肉ストレッチ」!まずは重要母音/ɑː/をマスター

発音ストレッチ

皆さんは自分の英語の発音に満足していますか?正しく発音しているはずなのに、「ネイティブ」のような音が出せなかったり、「日本人っぽさ」が抜けなかったり、発音は多くの英語学習者の悩みの一つです。口筋肉のストレッチで、「ネイティブ発音」に近づきましょう!

毎日できる発音ストレッチ

読者のみなさん、こんにちは。藤田佳信です。この連載では、一般アメリカ英語「ネイティブ発音」のお話をしながら、毎日できる発音ストレッチをご紹介したいと思います*1

発音ストレッチってなに?

発音記号の /ɑː/ は、口を大きく開いて、カタカナで表せば「アア」というふうに声を伸ばして出す母音です。「最初の」とか「もっとも重要な」という意味を込めて、わたしはプライム(Primeと呼んでいます。

英語に比べ日本語の母音はとても短いので、母音の「ア」をうんと長くストレッチします。口の大きな変化を、鏡で確認してみてください。「ストレッチ」ということばを、わたしは次のa)と b)の、2つの意味で使っています。

a)発音に必要な口筋肉のストレッチ

b)話しことばにおける母音のストレッチ(引き伸ばし発声)。

a)と b)は、互いに連係プレーして驚くほど効果をあらわします。

ことばを声に出す(発音する)のに、みなさんは口筋肉を、どのように働かせていますか?まずは息を吐き出しながら、閉じた口を開けます。これは、話しことばの基本動作です。意識してしっかり息を吐きながらこの動作をすると、母音と子音が合体するシラブル(音節)が生まれます。シラブルとは、一番小さな息(音声)のかたまりのこと。話しことばの、最小単位です。1つの音のように発音し、1つの音のように聞こえます。

ひと息で話す(英語の)ことばは、すべて密着しています。ネイティブ・スピーカーが話すのを耳にして、「あれ、聞きとれない、音声に切れ目がない」と聞こえたことはありませんか?実際、音声(シラブル)はすべてくっついていて、単語の始まりも終わりも分かりません。

リスニング・スピーキング上達のヒント

リスニング・スピーキング上達のヒントは、実は強弱のリズムを作る発音動作ストレス(強勢)にあります*2。口筋肉をしっかり働かせ、息をたっぷり勢いよく出してストレスをかけると、強いシラブルが生まれます。ストレスをかけると、そのシラブルの音声がクリアに際立って聞こえるからです。プライム/ɑː/ は、そんな強いシラブルのなかでも、中心となる母音の1つです。

口唇を閉じた状態から出す音は、子音の /p/ や /b/ や /m/ です。上下の唇を閉じて、息をせき止めてください。ぴったり両唇を合わせます。すると口内で声をつくる声道が閉じられ、息(呼気と言います)は、漏れ出しません。つまり、肺からの空気が閉じた両唇でストップし、息を吐き出せない状態です。そのままだと口の中で呼気の圧力が高まりますね。呼気を出すのが母音の役割なら、呼気を妨害するのが子音の役割なのです。

そんなふうにしっかり閉じた口唇を高まる呼気圧で押し開きます。ァーっとです。発音エネルギーの強い /p/ と合体する母音 /ɑː/ にストレスをかけてください。つまり下アゴをゆっくり下げながら息をたっぷり勢いよく出して、/ɑː/ をストレッチしましょう!そうするとシラブルの /pɑː/ ができます。音声の /pɑː/ は、アルファベット文字で表す‘Pa(Papa)’ という単語です。

/pɑː/ は、はじまりの強い子音 /p/ と母音 /ɑː/ の組み合わせ。子音の ‘consonant’ の頭文字Cと、母音の ‘vowel’ の頭文字Vで表すと、CV型のシラブルです。シラブルの<ひな型>で、赤ちゃんのはじめのことば(early words)に多いです。

ことばを話すはじめの頃、赤ちゃんは例えば、イヌ ‘dog’ のことを ‘do’ (「ダアア」)と発音します。語末の子音 ‘g’ がとても弱くて、聴きとりにくいからでしょう。パパを呼ぶ /pɑː/ もその1つ、CV型です。そして赤ちゃんは、大人のことば、シラブルの基本形をめざします。イヌなら ‘dog’ のように、中心の母音(下線部)が、前後2つの子音に挟まれたCVC型です。

/ɑː/のストレッチを実践してみよう

そこでわたしたちもストレッチのエクササイズに、シラブルの基本形のCVC型を使うことにしましょう。例えば、‘pop’ ということば、しっかり閉じた口唇を開いて、プライム /ɑː/ の声をストレッチし、また口唇を閉じて作ります。動作は単純ですが、実際の発音はストレッチしないと、ネイティブ発音になりません。‘pop’ のビジュアル・イメージを描いてみますね。

Poooop(カタカナ・イメージなら、パアアp)

(アルファベット文字 ‘o’ を大小4つ重ねて、母音のストレッチを大げさに表現してみます。)

シラブル始まりの子音はオンセットと呼ばれ、発音エネルギーのとても強い子音。おわりの子音はコーダで、とても弱い子音です。それで前の /p/ を大きめの字で表し、後の弱い /p/ は、両唇を閉じるだけでサイレント(無音)ですから、とても小さな字で表記しています。

両唇をぴったり閉じるのに、口筋肉をしっかり働かせなければなりません。呼気をストップして呼気圧を高める、それが子音 /p/ などを発音する、大切なポイントです。わたしたちノンネイティブの口唇を合わせる力は、省エネ発音で、とても弱いですから。がんばって口筋肉を鍛えてください。息漏れに要注意!

しっかり合わせた口唇を、高まる呼気圧でパアアアッと破裂させるように開きます。同時にあくびをする要領で、下アゴをゆっくり下げてゆきますね。ゆっくりです。「アア」と息をたっぷり勢いよく吐き(声を出し)ながら、下アゴを下げる、限界まで下げてゆくプロセスで生まれるのが、プライム、母音の /ɑː/ です。コレが、母音のストレッチ、引き伸ばし発声です。口から生まれるのは、今回のターゲットの母音。人差し指・中指・薬指を重ねて入るぐらい、下アゴを下げてゆきましょう。ゆっくりと。

プライム /ɑː/ の発音はエネルギッシュで、ダイナミックです。省エネ発音の日本語の、控えめな「ア」の発音とは比べものになりません。下アゴの下げ具合も、吐く息の量と勢いも。そんなふうにストレスをかけて、がんばって発音しましょう!すると顔の表情も、自然にネイティブらしく大きく変化します。

他にも、pop, Bob, pot, dog, hot, jobなどは、ネイティブ感たっぷりの効果を実感できる、エクササイズ用の単語として練習できます(どの単語もCVC型のシラブル1つの単語です。中心の母音のつづり字は ‘o’ ですが、音声はプライム /ɑː/ です。前後の子音、はじまりのオンセットは強く、おわりのコーダは弱く)。

毎日のエクササイズは、まずは以下の短文で始めてください。コロナ禍のTVニュースなどを見ていても、聞こえてきそうなフレーズですね。強弱のリズムの強い部分を、ストレッチして作ります。

She lost her job.

(‘o’の部分が/ɑː/ )

発音ストレッチを毎日やることで、正しい口の動かし方を口筋肉が覚えて、ネイティブの発音に近づいていきます。ぜひ練習してみてください!

藤田佳信さんの著書

*1:詳しくは、拙著『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)をご参照ください。

*2:辞書の発音記号、アクセント記号を目印にします。

f:id:YusukeWatanabe:20220107151306j:plain

藤田佳信(ふじたよしのぶ)1950年、京都市生まれ。京都府立医科大学特任教授。音声学・音韻論の英語学習への応用をテーマに、科学的側面からネイティブの口筋肉の動きを分析し、独自の「ストレッチ式発声法」を開発。著書に『「ネイティブ発音」科学的上達法―おどろきのストレッチ式発声術』(講談社ブルーバックス)など多数。