TOEIC受験料が改定!10月から何が変わる?

TOEIC受験料が改定!10月から何が変わる?

PR TIMES

国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が、TOEIC(R) Listening & Reading公開テストの受験料改定を発表しました。改定時期とその内容についてお伝えします。

受験料はどう変わる?いつ変わる?

受験料が改定されるのは、2021年10月実施(第278回・第279回TOEIC Listening & Reading Test )より。改定の内容は図のとおりとなっています。

公開テスト受験料改定の内容

公開テスト団体一括受験申込の新価格は2022年4月の実施回から適用となります。なお新型コロナウイルス感染予防策の実施と試験会場の確保状況から、当面の間は定員制とし申込受付を抽選方式としています。
※リピート受験割引とは、1年後の同月から3ヵ月間に実施する公開テストのうち1回が割引対象となる制度のこと。定員制に伴う暫定措置も用意されています。*1

受験料改定の背景

新型コロナウイルス感染症の影響により、試験会場の確保が困難な状況となっていたTOEIC L&Rテスト。受験者数を一定数に制限するための定員制を導入し、2020年10月25日の公開テスト以降は、午前午後の1日2回実施を開始するなど対策が打たれてきました。

また受験会場では、受験者の安心・安全な試験環境を確保するために、検温・会場内の消毒、会場内の座席配置の見直し等の感染予防策を講じています。このため、会場借用料、感染予防策実施に伴う資材・人件費、運営方法変更やセキュリティ対策に伴うシステム費用等が増加しているとのこと。

国際ビジネスコミュニケーション協会は「当協会におきましても、コスト削減や試験運営の効率化・合理化の取り組みを進めてまいりましたが、新型コロナウイルス感染症をめぐる環境の先行きが不透明な中、安全・安心な試験環境のもとで受験者の皆様に提供するテストの品質・信頼性を維持していくためには、受験料の改定が必要であるとの判断に至りました」と説明しています。

2019年度の日本における受験者数が約220万人にものぼったTOEIC L&Rテスト。2020年4月よりIPテスト(企業・学校・団体で実施される団体特別受験制度)においてオンライン方式のテストを導入するなど、時代と共に変化を続けています。試験対策を進めながら、その動向にも注目していきたいですね。

こちらもおすすめ!TOEIC記事

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

ej.alc.co.jp

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税込1,078円)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開される、専門性の高いオリジナル連載や月刊誌『ENGLISH JOURNAL』との連動特集など、すべての有料記事へアクセスできます。ほかにもイベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまなコンテンツをご用意していく予定です。まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!