米国のベストセラー起業家が教える「最高のチームをつくるための性格診断」

チームワークをよくするためには、人の性格についての理解が不可欠

ビジネスの場面では、チームワークは欠かせない要素です。優秀な人材が集まっていても、それぞれの個性が衝突すれば、仕事の生産性を上げることはできません。どうすれば、結束の強いチームをつくることができるのでしょうか。起業家精神と自己啓発の基礎を教えるパトリック・ベト=デイビッドの人気動画から、最高のチームのつくり方を学びましょう。

パトリック・ベト=デイビッドってどんな人?

著書Your Next Five Moves: Master the Art of Business Strategyが、ウォール・ストリート・ジャーナル紙のベストセラー第1位となり、『金持ち父さん貧乏父さん』で知られるロバート・キヨサキも称賛を送る、アメリカで話題の起業家の存在をご存じでしょうか。

パトリック・ベト=デイビッドは、今、最も注目を集める気鋭のビジネスパーソンの一人。イランのテヘラン生まれの起業家です。

1978年のイラン革命の年に生まれたデイビッドは、10歳のときに両親と共に難民としてドイツに逃れ、その後アメリカに移住。高校卒業後は米軍に入隊し、第101空挺師団に所属した後、金融業界でのビジネスキャリアをスタートさせます。

30歳を前に起業家へと転身すると、彼の才能が開花。保険などの金融サービスを扱う企業として立ち上げたPHP Agency, Inc.は、金融市場で最も急成長している企業であると言われています。

幼少期に難民キャンプで経験した苦労をばねにして、起業家としてトップへと上り詰めたデイビッドの人生は、まさにアメリカンドリームを体現していると言ってよいでしょう。

そんなデイビッドの人気がアメリカで急上昇したのは、彼のYouTube動画“The Life of an Entrepreneur in 90 Seconds”が、3000万回以上の再生回数を記録したときのことです。華やかな起業家のイメージの裏側にある、絶えない苦労と努力の日々を描いたこの動画は、世界中の起業家の心に響き、話題を呼びました。

デイビッドが運営するYouTubeチャンネル「Valuetainment」の登録者は現在287万人(2021/2/12現在)、「起業家のためのナンバーワンYouTubeチャンネル」と呼ばれています。起業家精神と自己啓発の基礎を教える彼の動画は、ビジネスに関わるさまざまな人々に支持されています。

最高のチームをつくるための性格診断

ところで、もし皆さんが起業家であるとしたら、「企業にとって最も大切なものとはなにか」という質問にどのように答えますか?

未来の社会を見据えた「経営ビジョン」や、他社との明確な差別化を図るための「技術力」 など、さまざまな答えが思い浮かぶかもしれませんが、デイビッドによれば、それは「人(people)」です。

企業のトップに立つ人々は、人について学び、人を理解する努力を惜しみません。起業家は経営やテクノロジーに関する専門的な知識よりも前に、「人」について深く理解し、ビジネスの現場の荒波を乗り越えていく、強いチームをつくり上げていかねばならないのです。

今回は、デイビッドの“What are the 4 Personality Types?”*1という記事と、“The Four Personality Types and How to Deal with Them”という動画を参考に、ビジネスパーソンが理解すべき、「人の性格のタイプ」を学んでいきましょう。

デイビッドは、「人」を4つの典型的な「人格(personality)」に分類し、それらの頭文字をとって「STAR」と呼んでいます。性格の特徴を理解し、コミュニケーションスキルが磨かれれば、無駄な争いを避けることができ、人付き合いを円滑にすることができます。

1つ目の人格のタイプは「S型=几帳面型(Structure)」です。

「几帳面型」の人々は、まめでしっかりと仕事をこなすイメージがありますが、一方で、慎重になり過ぎてしまうところがあり、リスクを負うことに対して消極的です。また、自分よりもまめな性格ではない人々を、有能ではないと考えがちなところもこのタイプの特徴だといいます。

2つ目の人格のタイプは「T型=専門家型(Technical)」です。

「専門家型」の人々は、学習意欲が豊富で、なによりもファクトを重視し、問題が起こればそれを積極的に解決しようとします。一方で、学ぶことに夢中になって行動を起こさないことがあったり、批判的で冷たいと思われることがあります。実際、中身のないおしゃべりを嫌うのもこのタイプの特徴だといいます。

3つ目の人格のタイプは「A型=行動型(Action Oriented)」です。

「行動型」の人々は、エネルギッシュに目標をどんどん達成していくことが得意です。パーティーなどの騒がしい場所を好み、人脈を広げることにも長けています。一方で、抽象的なアイデアや理論的な会話を嫌い、時にはリスクを無視した行動に走ることがあります。

4つ目の人格のタイプは「R型=協調型(Relationship)」です。

「協調型」の人々は、愛にあふれ、良いチームの一員であることに価値を見いだします。また権威よりも倫理に従う傾向にあり、争いを避けようとします。一方で、理想や夢を重視して、現実があまり見えていなかったり、それを知ってショックを受けてしまう特徴があります。

皆さんはどのタイプに当てはまりそうですか?また、自分の身の回りの人にも当てはめて考えてみてください。チームワークをよくするヒントが見いだせるかもしれません。

例えば「専門家型」と「行動型」は、仕事上では互いの短所を補い合い成果を上げることができそうですが、プライベートな付き合いでは性格が合わないかもしれませんね。

それぞれの性格の特徴を理解し、配慮すれば、チームワークを円滑に進めることができます。

動画から英語表現を学ぼう

今度は、“The Four Personality Types and How to Deal with Them”に登場した英語表現を学びましょう。

(動画0:46頃~)

Structured people are, just so you know, extremely organized.

Structuredは「(形などが)かっちりした、はっきりした」という意味ですが、ここでは人間の性格に使われているところが特徴的です。

続きの部分は、extremely organized(極めてまめな)となっているので、きちんとしていて几帳面な性格を表していることがわかります。

またjust so you knowというフレーズは、「ひとこと言っておくと」ほどの意味で、英会話でしばしば登場するフレーズなので一緒に覚えておきましょう。

(動画1:35頃~)

Technical person is typically someone who is very analytical.

technicalは「工業の」や「工芸の」という意味を最初に連想するかもしれませんが、ここでは「専門的な」という意味で用いられています。technical termで「専門用語」という意味になることも一緒に覚えておきたいですね。

(動画2:10頃~)

Sometimes, they rub people the wrong way.

rubは「擦れる」や「こする」という意味を持つ動詞です。rub someone the wrong wayで「(人の神経を)逆なでする;(人を)怒らせる」という熟語になるので覚えておきましょう。

ほかにも人気コンテンツがたくさん

今回ご紹介したような講義動画は「Valuetainment」の人気コンテンツのひとつですが、ほかにもデイビッドがセレブリティにインタビューするシリーズや、政治経済ニュースを解説する動画など、人気コンテンツがたくさんあります。

ビジネスの本質を説く彼の動画は、起業家でなくとも、あらゆる人の人生のヒントになると思います。気になった方は、ぜひほかの動画も見てみてくださいね。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!