facebookinstagramtwitter
Lucky rabbits like to cause a ruckus!!あなたは正しく言える?LとRの発音トレーニング

「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』(EJ)。最新号の2月号では、英語の発音の鬼門ともいえるLとRのスペシャルトレーニングをご用意しました。しっかり鍛えて、2021年は英語の発音で周囲に感動の嵐を巻き起こしましょう!

ネイティブに一発で通じる LとRの「超」発音トレーニング

いつになっても悩ましいのが、「私の発音はきれいなの?」ということ。通じればいい!とは思うものの、やっぱりきれいな発音で英語を話したい。そんな方のために、今回は鬼門ともいえるLとRのスペシャルトレーニングをご用意しました。

突然ですが、あなたは下の早口言葉をスラスラ言えますか?

Lucky rabbits like to cause a ruckus.

Rory’s lawn rake rarely rakes really right .

本誌では10個の早口言葉を紹介し、うまく発音するコツなどもお伝えします。

さらに、同時通訳者、企業英語トレーナー、朗読家など、英語の世界で活躍する方々に、ご自身が実践するトレーニングやおすすめの発音練習法をご紹介いただきます。おすすめの発音トレーニング教材12もご紹介。あなたにあった教材がきっと見つかります!

すべてを失ったとき、人間が本当に求めるものは何か

Interview 1では、Netflixオリジナル映画『ミッドナイト・スカイ』の監督・主演を務めたジョージ・クルーニーのインタビューをお届けします。本作の話題に加え、これまでのキャリアを振り返り、人気俳優であることに飽き足らず監督をしようと思った理由などを語ります。

今の時代だからこそ必要な「ディスコ音楽の神髄」

Interview 2には、オーストラリアを代表するアーティストのカイリー・ミノーグが登場。自宅のリビングで収録した最新アルバム『ディスコ』に込められた思いや、自身がゲイ・カルチャーのアイコンとなったことに気付いたときの思い出などを語ります。

発音練習もリスニングもディクテーションもこの一冊でできる!

3号連続で専門家から講義を受けるレクチャーのコーナー。「英語で読み解く日本の近代史」第2回では、2024年に発行予定の新5000円札の顔になる津田梅子に迫ります。日本の女子教育や女性の地位向上に大きく貢献した彼女の人生をひもといてみましょう。

ネイティブ2人が自由に会話するQuick Chat のコーナーでは、イギリス人のマイケル・リースさんとエマ・ハワードさんが「冬のお悩み」についてお話しします。イギリスの家にあって日本にない、寒い冬に大活躍の物とは!?

さまざまなジャンルを英語で学べる2月号、是非お手に取ってご覧ください。

年間購読なら1冊分お得!

構成・文:ENGLISH JOURNAL編集部

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
大切な存在を失った時、「悲しい」を伝えるsadよりもぴったりな英語表現って?【EJ特派員学習レポート】
2022年大注目のラッパー、イートのセカンドアルバム『2 Alivë』
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
J.D.サリンジャーの出版エージェンシーで働く新人アシスタントの知られざる実話を描いた映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る