facebookinstagramtwitter
『ENGLISH JOURNAL』は創刊50周年を迎えました!【最新号紹介】

多くの皆さまからの応援を頂き、『ENGLISH JOURNAL』は今年創刊50周年を迎えました。創刊から50年間の 感謝 を込め、4月号特集では、50年前の出来事や各時代の著名人の心に残る言葉を英語でご紹介します。

特集は「英語で振り返る1971→2021」

ENGLISH JOURNALは1971年に創刊号が発売され、おかげさまで50周年を迎えました。50年間の 感謝 を込めて、さまざまな「50」にまつわることを英語でご紹介します。

本特集では、71年当時のニュースを振り返り、過去50年のEJインタビューから各時代の背景について考えます。また、EJと共に過ごしてくださった読者の皆さんが、これからも楽しく英語を学べる方法を提案します。

ケイト・ウィンスレットらが物語る19世紀の愛

Interview 1では、映画『アンモナイトの目覚め』に主演するケイト・ウィンスレットとシアーシャ・ローナンが、監督・脚本を務めたフランシス・リーと共に本作について語ります。男女差別と階級支配の著しかった19世紀のイングランドで、古生物学に多大な貢献をした労働者階級の女性、メアリー・アニングの静かで情熱的な人生を描いた映画。描かれる愛の形は現代にも通じます。

コロナ時代の今、人生を充実させる「運動の力」

Interview 2にご登場いただくのは、アメリカ、スタンフォード大学の心理学者ケリー・マクゴニガル氏。数ある著書の中で「運動と幸福」のメカニズムを解き明かし、2010年にはアメリカの経済誌『フォーブス』の「人々を最もインスパイアする女性20人」に選ばれ、TEDプレゼンテーション「ストレスと友達になる方法」は2500万回超の再生回数を記録するなど注目を集めています。インタビューでは、運動が不安を緩和する理由などコロナ禍で役立つ情報を提供。 運動効率を高める音楽の力や、自然の中で運動する意味についても語ります。

旬なニュースを取り上げる新連載!

世界のイベントを英語で紹介する「World Event Trip」や、最新ニュースを取り上げる「News Spotlight」など新連載も始まります。

3号連続でその分野の専門家が講義をする「Lecture」のコーナー。今月からご登場いただくのは「漢字ハンター」として活動する漢字教育士ブレット・メイヤー氏。街中で見つけられる、日本人の私たちも由来があやふやな珍しい漢字の成り立ちなどをお話しいたします。

DL特別付録「EJ単語帳 2021春」

半年に一度の特別付録。6カ月分の学習コーナーの重要語をまとめた単語帳です。単語と例文の音声も付いています。

そのほか内容盛りだくさん!

さまざまなジャンルを英語で学べる4月号を、ぜひお手に取ってご覧ください。

年間購読なら1冊分お得!

構成・文:ENGLISH JOURNAL編集部

RELATED ARTICLES関連記事

イギリスやアメリカで人気のペットの名前って??在日外国人3人の動物対談【音声付き】
大切な存在を失った時、「悲しい」を伝えるsadよりもぴったりな英語表現って?【EJ特派員学習レポート】
2022年大注目のラッパー、イートのセカンドアルバム『2 Alivë』
知らないと「イタイ人」になっちゃうかも!?世界と日本の動物法の違いや英語の動物関連用語を紹介!
J.D.サリンジャーの出版エージェンシーで働く新人アシスタントの知られざる実話を描いた映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
【杉本 彩さんインタビュー】「アニマルウェルフェア」は全ての人に関わる問題です

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る