コロナ禍の世界に向けて歌う「未来への希望」―ビリー・アイリッシュ―【EJ’s Playlist】

f:id:EnglishJournal:20201008154218j:plain

「今聴いてほしいアーティスト」と関連する楽曲を音楽が伝えるメッセージや社会的・音楽的文脈などと合わせて高橋芳朗さんが解説します。

今月の1曲

Billie Eilishの「my future」を紹介します。

my future

my future

  • 発売日: 2020/07/31
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

18歳でグラミー賞の主要4部門を受賞し世界で一大現象を起こしたビリー・アイリッシュ。自身のワールドツアーが新型コロナウイルスの影響で延期となってしまった彼女は、特別番組『One World: Together At Home』にレディー・ガガ、エルトン・ジョンらと共に出演し、医療従事者たちを応援した。

将来への希望をストレートに表現した1曲

Democratic National Convention via USA TODAY NETWORK

今年1月に授賞式が開催された第62回グラミー賞で39年ぶり史上2度目の主要4部門制覇を成し遂げたビリー・アイリッシュ。そんな彼女が7月30日、映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2020)の主題歌「No Time to Die」に続く約半年ぶりの新曲「my future」をリリースした。

引き続き兄フィネアスと共に作り上げたこの曲の背景について、ビリーはこんなコメントを発表している。「『my future』は新型コロナウイルス禍で自粛生活が始まった頃に書いたんだ。私にとってとてもパーソナルで特別な曲。書き始めたときは頭の中が希望と興奮であふれていたんだけど、ちょっとクレイジーなぐらいに自分を見直すこと、それから成長について考えた。今はこの世界で起こっている状況も相まって、きっとたくさんの新しい意味を持つことになると思う。みんながそれぞれの解釈をこの曲で見つけてくれるといいな」

Cause I / I’m in love with my future / Can’t wait to meet her / And I / I’m in love but not with anybody else / Just wanna get to know myself

だって私は/恋してるから/自分の未来に/未来の私に会うのが待ちきれない/そう、私は/恋してるんだ/他の誰でもなくて/ただ自分自身のことを知りたいだけ

新型コロナウイルスの蔓延によって未来が不確実な状況が続く中、珍しく将来への希望をストレートに表現したビリー。彼女は8月19日、11月のアメリカ大統領選挙に向けて開催された民主党全国党大会に登場すると、民主党公認候補ジョー・バイデンの支持を表明すると共にこの「my future」を披露している。「未来を確信する唯一の方法は、その未来を自分たちでつくること。だからみんな有権者登録をして。そして投票してください」―ビリーは「my future」を通して人々に「行動すること」を促しているのだ。

新型コロナウイルス禍の世界を歌った曲5選

今回の記事で紹介している音楽のプレイリストをご紹介します。

  1. Break My Heart by Dua Lipa
  2. Stuck With U by Ariana Grande with Justin Bieber
  3. Inside Friend feat. John Mayer by Leon Bridges
  4. Take Yourself Home by Troye Sivan
  5. Level of Concern by Twenty One Pilots

文:高橋芳朗(たかはし・よしあき)

音楽ジャーナリスト、ラジオパーソナリティー、選曲家。TBS ラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」にレギュラー出演中。著書に『生活が踊る歌』(駒草出版)、『ライムスター宇多丸の「ラップ史」入門』(NHK 出版)など。

編集:ENGLISH JOURNAL編集部

※本記事は『ENGLISH JOURNAL』2020年11号に掲載した記事を再編集したものです。