「横並びに座った方がいいよね」って英語でなんて言う?

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の緊急事態宣言が解除されたものの、一人ひとりの対策が大事なとき。健康に注意して、外食やショッピングなど、経済活動にも少しずつ参加していきたいですね。この記事では、安全に気を付けて外食する際に使える便利な英語表現を紹介します。

緊急事態宣言の解除後に初めて外食するとき

しばらく家にこもっていると、実際には世の中がどんなふうに変化しているのか、わかりにくいですよね。昨今、お店やお客さんは感染を避けるためにどのような対策しているのでしょうか。

3密的な場所にはしばらく行っていないなあ。

Because of the “three C’s,” I haven’t been anywhere for a while.

注意しながらも、外食のワクワク感を味わえるのはうれしいですね。

緊急事態宣言の解除後、初外食!

This is the first time I’ve eaten out since the state of emergency was lifted!

食べるとき、外したマスクはどこにしまうのが正解?

Where can I put my mask so (that) it’ll be safe while I’m eating?

フェースシールドは、職場で同僚とランチするときに便利かも。

Have you ever seen somebody eating lunch with a face shield on?

フェースシールドを付けてランチしてる人見たことある? 

席は横並びに座る方が安全

お店で人と一緒に食事するとき、真向かいに座って話しながら食べるのは、避けた方がいいのだとか。でも、ボックス席で横並びだと恋人同士みたいで、違和感が・・・。

横並びに座った方がいいよね?

Shall we sit side by side?

 隣り合った席に空きがない場合もあります。

Sorry, but there aren’t any seats available next to each other.
申し訳ございませんが、隣合った席はございません。

There are only separate seats left.
別々の席しかありません。

Are there any booths free?

ボックス席は空いていますか?

英語でボックス席は、boothと言います。

席の移動ができるか聞いてみる

席に着いて食事を始めたものの、周りにもっとよさそうな席があったら移動したくなりますよね。お店の人に聞いてみましょう。

Can I grab one of those free seats?
空いている席に移動していいですか?

Those seats are open.

あちらの席でしたら、空いています。 

もし相席でお願いしますと言われたら、ちょっと困ってしまいますね。

Would you mind sharing a table?

相席でもよろしいですか?

席に荷物が置かれていたり、誰も座っていなさそうな席を見つけたら、自分から聞いてみるのもいいかも。

Is anyone sitting here?

どなたかこちらに座っていますか?

 Is this seat taken?

この席使っていますか?

そんなとき、たまたま知り合いがいて、隣の席が空いている場合も・・・。

Come sit here! This seat is open.
ここ座って、空いてるよ。

予約で横並びの席を確保してみよう

お店に着いてからあれこれ調整するのは面倒だから、予約をして行くとスマートかも。レストランの「カウンター」はbarと言い、「カウンター席」はseat at the barなどと言います。

I would like to reserve two seats at the bar, please. 

カウンター席を予約したいのですが。

Can we get seats next to each other?

横並びの席はありますか?

せっかくなら、窓側の席が空いているか聞いてみよう。

Can we get seats next to each other by the window?
窓側で隣同士の席を取れますか?

これらのフレーズを使って、この緊急事態を元気に乗り切りましょう。。

2週間無料でお試しできる!プレミアムメンバーシップ

プレミアムメンバーシップ2週間無料

月額980円(税抜)のプレミアムメンバーシップに会員登録をしていただくと、「PREMIUM」エリアに公開されるすべての有料記事へアクセスができます。 ほかにもアルクの電子書籍の購読、イベント優待など、学習のモチベーションを継続させるためのさまざまコンテンツをご用意していく予定です。 まずはぜひ、2週間無料でお試しください。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

文・英文作成:ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部
「英語を学び、英語で学ぶ」学習情報誌『ENGLISH JOURNAL』が、英語学習の「その先」にあるものをお届けします。単なる英語の運用能力にとどまらない、知識や思考力を求め、「まだ見ぬ世界」への一歩を踏み出しましょう!

英文校正:Margaret Stalker(アルク)

Photo by Nguyen Thu Hoai on Unsplash