新型コロナ退散!妖怪アマビエ #amabie で学ぶ英語表現

海から出てきたアマビエ

世界各地で新型コロナウイルスとの戦いが続く中、日本の妖怪が注目されています。その名は「アマビエ」。SNSを通じて海外にも広がった #amabie にまつわる英語表現をチェックしました。

アマビエってなに?

妖怪アマビエが現れたとされるのは、江戸時代末期の1846年のこと。肥後国(現在の熊本県)で、海の中から光り輝く姿で登場。「疫病がはやったら自分の姿を絵に描いて見せるように」という言葉を残して再び海中に消えたのだとか。

このときの様子は挿絵入りの瓦版となって伝えられ、現在も京都大学付属図書館に保管されています。

長い髪にくちばし、そしてとがった耳。体にはうろこもあり、一見すると人魚のようですが下半身は3つに分かれています。しかし、おどろおどろしい感じはなく、ゆるキャラのような雰囲気。

「絵に描いて見ることにより疫病を退散させる」というご利益に加え、このポップないでたちがよかったのでしょうか。あっという間にSNSで広まり、多くの人が、思い思いのイラストやフィギュアを創作。#アマビエ や #アマビエチャレンジ というハッシュタグを付けて投稿するように。

この流れは #amabie として海外にもすぐに広まり、今では英語による投稿も多く見受けられます。

「妖怪」を英語で言うと?

海外の人たちは、アマビエをどんなふうに描き、どんなコメントを添えて投稿しているのでしょうか?

まず、「妖怪」は英語でどう言うのでしょう?日本の妖怪は、ゴーストやデーモンとはちょっと違うもの。どう説明するのか気になりますよね。

この投稿では、legendary Japanese spirit(伝説的な日本の精霊)と説明していますね。

そして、アマビエの自己紹介はこんなフレーズ。

If disease spreads, show a picture of me to those who fall ill and they will be cured.

もし病気が広がったら、病気になった人に私の絵を見せなさい。そうすればよくなるでしょう。

このフレーズはほかの投稿でもよく見掛けたので、定型表現になっているのかもしれません。

それにしてもポスターみたいなしゃれたデザインです。このままプリントアウトして使えそう。

続いては、手描きのかわいらしいアマビエです。

ここでは妖怪を mythical Japanese spirit (神話上の日本の精霊)としていますね。ほかの投稿でも spirit を使っているものが多かったです。

spirit を使っていない例としてはこちら。legendary Japanese creature(伝説的な日本の生き物)と表現しています。

この一言は、自分が投稿するときに使ってみたいですね。

Here's my version!

私バージョンはこれ!

絵本になりそうなかわいらしいアマビエ。「手を洗いなさい」という日本語のコメントや、足に草履を履いているところもすてき!

そして、妖怪をそのまま yokai と表現している投稿もありました。 

ちょっとアニメ風なこちらの投稿をどうぞ。

もう一つ、ポップでキュート、ちょっとセクシーな感じもするアマビエさんです。

yokai で通じる層もわりと多いのかも。最後のフレーズがすてきです。

Wishing good health and healing to everyone!

皆の健康と平癒を祈っています!

使ってみたいこんな表現

#amabie の投稿で見掛けた英語表現をチェック。

水彩画風の、上品で優しいタッチのアマビエです。この一言がイラストの雰囲気に合っていますね。

Amabie please save us all.

アマビエさん、私たちみんなを守ってください。

次の方は、もともと日本に関心があった様子。「あまびえ」と平仮名で書き込みがありますね。

ちょっと謙遜されていますが・・・

I am not much of an artist .

私は、あんまり上手じゃないの。

いえいえ、そんなことはありませんよね。素朴な感じのかわいいアマビエです。

こちらはまだ制作途中ですが、木版画。

Amabie woodcut carving in progress.

アマビエの木版画、制作中。

かなり手が込んでいますね。どんな仕上がりになるのか楽しみ!

続いては・・・

このままポストカードになりそうな、おしゃれでかわいいイラスト。

plague は「疫病」のこと。subside は「弱まる、低下する」という意味です。

If you show people a picture of my painting, the plague will subside.

私の絵を人々に見せれば、疫病は治まるでしょう。

Here is a little portrait of Amabie to bring you good luck in these hard times.

小さなアマビエの絵です。この困難な時期にも、あなたに幸運が訪れますように。

本当に、早くみんなに幸運が訪れてほしいです・・・。

続いてはこちら!

力強いタッチが魅力的。まさに疫病ににらみを利かせるという感じです。

この目力で、疫病を退散させてほしいもの。最後の一言も胸に染みます。

Every little bit may help.

少しでも役に立ちますように。

続いてのアマビエもかなりの迫力!スーパーリアル!

このアマビエなら、疫病の方から「すみませんでした」と言って逃げ出しそう。

こんなコメントが添えられています。

I'm sending all of you some positive energy by way of a sketch.

絵を描くことで、皆にポジティブなエネルギーを送ります。

そのエネルギー、バッチリ伝わってきますよね。

そして、 こんなパンクなアマビエさんも。

#SocialDistancing というハッシュタグが付いていますね。

social distancing(社会的距離)とは、感染のリスクを減らすために、ほかの人との間に1.8メートルほどの距離を開けること。

ニューヨーク市では、公共の場で social distancing を守らない場合、罰金を課すという話も出てきています。

もっとも、このアマビエさんの場合は social distancing のためというよりスパイクが気に入っているだけのようですが・・・。

最後は、アメビエ3姉妹の登場!

名詞の ward は「病室、病棟」という意味ですが、ward off で「避ける、回避する、撃退する」という意味。

Amabie are Japanese yokai drawn to ward off sickness.

アマビエは日本の妖怪で、病気を撃退するために描かれるものです。

Remember, practice safe habits and clean your hands!

安全な習慣を身に付けて、手をきれいにするのを忘れずに!

その通り!まずは、うがいと手洗い。できることからやっていきましょう。

まとめ

#amabie の投稿は世界中に広がり、スペイン語やフランス語の投稿もありました。そして、今もなお、増え続けています。

いつになったら今の状態が収まるのか不安は尽きませんが、外出を控えることは間違いなく対策の一つ。自宅でアマビエのイラストを描いたり、#amabie の投稿を読んだりするのもいいかもしれません。

ENGLISH JOURNAL ONLINE編集部

文:尾野七青子
都内某所で働く初老のOL兼ライター。