facebookinstagramtwitter
野球のアンパイア(審判)はロボットに任せるべきか?【英語多読ニュース】

「英語多読ニュース」(4月17日号)。今回は、野球の審判はつらいよ!という調査結果が発表された、という話を取り上げます。

審判の 判定 に不服のバッターが審判に詰め寄る。ベンチの選手たちがやじを飛ばす。野球の試合を見ていると、しばしばそんな光景を目にします。審判といえどもしょせん人。どんな人にも間違いはあるものですから、多少の間違いは大目に見てあげましょう。

…などと言ってみたものの、実際、どれくらいの間違いが起きているのでしょうか。たまにでしょうか?それとも頻繁に?そんな疑問を解消する研究結果が発表されました。

techcrunch.com
Boston University grad students analyzed more than four million pitches from 11 seasons of Major League Baseball (2008-2018), and the findings aren’t great for human umpires. According to the study , umps made 34,294 incorrect ball and strike calls in 2018. That works out to 14 blown calls per game and 1.6 per inning. ボストン大学の院生たちがメジャーリーグの11シーズン分(2008~2018年)の400万投球以上を 分析 、その調査結果は生身の審判が喜べないものだった。調査によると、審判は2018年に3万4294回、ボールとストライクの 判定 を誤った。つまり1試合につき14回、1イニングに1.6回の 判定 ミスをしたことになる。
call には「 判定 」、blown には「失敗の」という意味があるんですね。なるほど。

ところで、3万という数字は非常に多い気がしますが、皆さんはどう感じますか?メジャーリーグの試合数は1チーム当たり年間162試合。チーム数は30だそうですから、よく考えてみたら 少ない のかもしれません。

さて、調査結果はもう一つ、興味深いデータを提供しています。若手とベテラン。どちらの審判がより多くの 判定 ミスをしていると思いますか?

次に紹介するのは、調査結果の全文が紹介されているページです。

www.bu.edu
For 2018, there were 89 MLB umpires, all of them with a profile of male, average age of 46 and 13 years of experience . 2018年のメジャーリーグの審判は89人で、その全員が男性、平均年齢は46歳で13年の審判経験があった。
Less - experienced younger umpires in their prime routinely outperformed veterans, and umpires selected in recent World Series were not the best performers. 働き盛りで、比較的経験の浅い若い審判が、ベテラン審判員よりパフォーマンスが優れていることがほとんどだった。また、近年のワールドシリーズに抜擢された審判は、ベストパフォーマーではなかった。
原因 は「動体視力」の衰えでしょうか。年齢的な 影響 が大きいのは間違いなさそうですが、 判定 にはそれ以外の要素も 影響 しているようです。こちらは最初の記事からの引用です。
Research results demonstrate that umpires in certain circumstances overwhelmingly favored the pitcher over the batter. For a batter with a two-strike count, umpires were twice as likely to call a true ball a strike (29 percent of the time) than when the count was lower (15 percent). 調査結果が示すところによると、審判は特定の状況において、圧倒的にバッターよりピッチャーに有利な 判定 をする。例えばバッターがツーストライクに追い込まれているとき、審判はそれ以外のカウントのとき(確率15パーセント)よりも、2倍の確率で明らかなボールをストライクと 判定 する(確率29パーセント)。
バッターをツーストライクに追い込んだピッチャーが、バシッと気持ちよく三振を取る。見ていて気持ちがいいですし、試合も早く進みますから、それは審判も助かりますよね…って、そういう問題じゃありません。

内外の批判を受け、メジャーリーグは最近、ロボット審判の実験を行うことを明らかにしたそうです。ロボットが審判?間違いゼロでスムーズに試合が進むこと間違いなしの気もしますが、無味乾燥でつまらなそうです。

まあ、ないとは思いますが、そのうち、審判も選手もみんなロボットで!なんていう時代が来たりして…。

!

文:山本高裕(GOTCHA! 編集部)

高校の英語教師を経て、今は編集者として、ときに写真家として活動中。東京出身ですが、子どものころは阪神タイガースの大ファン。よく、祖母にチケットを 手配 してもらって、後楽園(!)球場で巨人阪神戦を見に行っていました。当時、球場で撮った写真は、よい記念になっています。

RELATED ARTICLES関連記事

「SDGs」を英語で説明できる?覚えておきたいニュースのキーワード
35歳までに社長になる方法/フィレンツェって英語でなんて言う?
2022年大注目のラッパー、イートのセカンドアルバム『2 Alivë』
『ブリティッシュ・ベイクオフ』に学ぶ英語表現!「運任せ」って英語でなんて言う?
J.D.サリンジャーの出版エージェンシーで働く新人アシスタントの知られざる実話を描いた映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』
「金融緩和」って英語でなんて言う?円安が20年ぶりの水準に

SERIES連載

RECOMMENDED 編集部のおすすめ[PR]

2022 07
MAGAZINE
ENGLISH JOURNAL 最新号
【特集】だからTOEIC(R)はやめられない!
詳しく見る