翻訳・通訳

カトリーヌ・ドヌーヴが来日したフランス映画祭のボランティアで遭遇した外国人スターたち

カトリーヌ・ドヌーヴがすぐそこに!「フランス映画祭」でボランティアスタッフをしたときの出会いと気付きとは?翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載。

英語の「タックス・ヘイブン」は「天国」じゃなかった!「天国」の正式な英訳から政治体制がわかる!?

聖書からキリスト教と英語について楽しく紹介する「聖書で英語!」。第3回は、「天国」の英語表現からわかる教養と豆知識あれこれです。教会なのに異例の面白さで10万人以上のフォロワーを獲得し、広く一般に大人気のTwitterアカウント「上馬キリスト教会」…

通訳者が顧客から信頼を勝ち取りリピートしてもらえる方法3つ

「またあの人に頼みたい!」と思われる通訳者になる方法とは?信頼されるための方法を紹介します。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載。

劇場の「リモート稽古」とは?「舞台芸術」の「リアル」の意味【オンライン通訳】

海外とつながって行う劇場の「リモート稽古」とは?そのオンライン通訳や本番の舞台の様子をリポートします。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載。

「醍醐味」は英語でなんて言う?聖書のハイライト「山上の説教」でのblessの使い方

聖書からキリスト教と英語について楽しく紹介する「聖書で英語!」。第2回は、聖書の醍醐味とも言える「山上の説教」から見るblessの使い方です。教会なのに異例の面白さで10万人以上のフォロワーを獲得し、広く一般に大人気のTwitterアカウント「上馬キリス…

コロナ禍で増えた「オンライン通訳」の実態とは?演劇界の大物に「カマ」して「マテ」した話

新型コロナウイルスにより増えた「舞台芸術界のオンライン通訳」の実態とは?オンラインならではの苦労やよかったことを紹介します。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載。

恋人以外の他人が裸を見せ合う温泉文化に触れたフランス人に教えられたこと【舞台通訳者の豊岡演劇祭巡り】

劇団「青年団」を率いる平田オリザ氏と豊岡市とが立ち上げた。その初開催を見に行った舞台通訳者が改めて感じた人の言語と身体の違いや移り変わりとは?翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第9回。

allowとforgiveの意味の違いは?翻訳によって神様の印象が変わる!?【聖書で英語】

聖書からキリスト教と英語について楽しく紹介する「聖書で英語!」。第1回は、聖書の翻訳から見る神様の印象の違いや「ゆるし」の意味です。教会なのに異例の面白さで10万人以上のフォロワーを獲得し、広く一般に大人気のTwitterアカウント「上馬キリスト教…

外国人に日本語で話し掛けられて英語で返事することの何が問題なのか?

2020年8月28日の記者会見での茂木敏充外務大臣と英字新聞ジャパンタイムズ記者とのやりとりに対して問題提起がなされています。その出来事や、留学中や日本でも起こり得る事態から、「言語弱者/強者」について考えます。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる…

ダメ出し文化の日本人がホメ出し文化のフランス人に褒められ続けたらどうなる?

日本は「ダメ出し」や「叱る」ことが多い社会です。一方、フランスなどラテン系の文化では「褒め」まくります。そのはざまで仕事をする通訳者が直面する現場とは?翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第7回。

英語もフランス語も♪読むだけで発音がちょっとだけ良くなる魔法っぽい処方箋

英語やフランス語、その他どの言語でも、語学において発音コンプレックスを持つ人は多いもの。それをなんとかする秘策を紹介します。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第6回。

翻訳と短歌の不思議ですてきな関係:翻訳家はなぜ歌人になるのか?

言語を問わずさまざまな翻訳家がしているという短歌。翻訳家はなぜ短歌に引かれるのか?という謎に迫ります。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第5回。

実務翻訳者になるなら身に付けたい!「一生モノの英文法力」をがっちり構築 ― サン・フレア アカデミー

特許、IT、医薬など、実務翻訳の分野で高い実績を持つ翻訳会社「サン・フレア」が母体の翻訳スクール。長年にわたってサン・フレアで活躍する実務翻訳者を育成してきました。スクールの担当者中川正和さんに、これから勉強を始めたい人へのおすすめ講座を伺…

映像翻訳者に必須の‟6つの資質”とは? リモート授業でも活気あふれる職業訓練校でプロを目指す ― 日本映像翻訳アカデミー

日本映像翻訳アカデミー(JVTA)は、映像翻訳者育成のための職業訓練校。映画やテレビ番組、ネット配信動画などの字幕・吹き替え翻訳を基礎から学び、修了後は併設の翻訳受発注部門メディア・トランスレーション・センター(MTC)が、プロデビュー、キャリア…

プロになるなら知っておけ!現場で役立つ「翻訳ビジネススキル」をOJTで体得 ― アイ・エス・エス・インスティテュート

アイ・エス・エス・インスティテュートは1966年に日本初の同時通訳者養成スクールとして設立され、現在までに多数のプロ通訳者・翻訳者を輩出しています。英語・中国語の通訳・翻訳コースがあり、2020年の初夏以降は全コースでオンラインクラスを導入。英語…

ニュース好き大歓迎!NHKの放送現場で働く翻訳者を育成する ― NHKグローバルメディアサービス バイリンガルセンター 国際研修室

NHKグローバルメディアサービス バイリンガルセンター 国際研修室は、まもなく30周年を迎える老舗のスクール。卒業すればNHK放送の通訳・翻訳業務に携われるのが最大の特長です。事務局の山田さんにお話を伺いました。 株式会社NHKグローバルメディアサービ…

翻訳・通訳者の意外な仕事、外国語演劇に欠かせない「字幕オペレーター」の舞台裏

外国語の演劇などを舞台で上演する際に欠かせない字幕。字幕オペレーターを務めている最中に遭遇した「マルセイユ事件」とは?翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第4回。

柴田元幸氏も登壇!「日本通訳翻訳フォーラム2020」1カ月間の真夏の祭典

日本最大の通訳者団体である一般社団法人「日本会議通訳者協会(JACI)」が今年8月、「日本通訳翻訳フォーラム2020」を開催します。

「訳者は役者」?演出家の役割とは?翻訳と演劇の比較論【舞台芸術】

翻訳家の深町眞理子さんが昔から提唱しているという「訳者は役者」。翻訳と演技が結び付けられているわけですが、これは本当にそうなのでしょうか?翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第3回。

【舞台芸術通訳の仕事】演劇ワークショップで外国人演出家による謎の指示をどう訳すか?

外国人演出家の俳優向けワークショップで初めて演劇関係の通訳をしたエピソードから、舞台芸術通訳ならではの特徴を語ります。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第2回。

コロナ禍によるオンライン加速化で絶滅を免れた語学

新型コロナウイルス感染症対策でオンライン化が進む中、自動翻訳や通訳機がますます台頭しそうなところに、「語学」に関して意外な現象が生じているようです。翻訳家・通訳者の平野暁人さんによる連載の第1回。

THE BAWDIESの英語詞の創作方法を作詞協力のネルソン・バビンコイさんが明かす

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第6回。THE BAWDIESの「STARS」の制作過程から、英語詞の作り方を語ります。

SEKAI NO OWARI「Dragon Night」「ANTI-HERO」の英語詞を手掛けたネルソン・バビンコイさんが歌の世界観を紹介

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第5回。SEKAI NO OWARIの「Dragon Night」と「ANTI-HERO」の英語詞について語ります。

米津玄師「馬と鹿」歌詞の英訳者が解く歌のテーマ、ラグビーに賭ける選手たちの心【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第4回。ドラマ『ノーサイド・ゲーム』の主題歌として米津玄師さんが書き下ろした「馬と鹿」の歌詞のテーマを語ります。

「パプリカ」英語版歌詞の作詞家ネルソン・バビンコイさんが語る訳詞の意図やメロディーの魅力

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第3回。「パプリカ」の英語バージョン「Paprika」の制作秘話を語ります。

平井堅の歌まねで優勝!日本語の歌詞を英語に翻訳して海外に伝える「文化通訳」の仕事【ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第2回。日本でJ-POP界に携わるようになったきっかけなど、音楽と自身の関係や、翻訳についての持論などを語ります。

英語ネイティブ講師はなぜレッスンで日本語を使ってはいけないの?【シンガーソングライター、ネルソン・バビンコイ】

シンガーソングライターで、米津玄師さんの「パプリカ」の英訳も手掛けた、アメリカ出身のネルソン・バビンコイさんの連載第1回。日本に興味を持って日本語を学んだ経緯や、来日当初の仕事について語ります。

「世界一周をしながら通訳ボランティアを経験し、人生の方向が大きく変わりました」 松本にいな さん

地球を一周する国際交流の船旅を行う「ピースボート」。そこでは、一般募集によって選ばれた通訳ボランティアが大きな役割を果たしています。ピースボートの船旅に通訳ボランティアとして参加した松本にいなさんに、約100日間の船旅の魅力と、ボランティアの…

翻訳者と通訳者は何が違う?仕事の種類やおすすめスクールのまとめ2020

高い語学スキルを駆使して「世界を繋げる」職業である「翻訳」や「通訳」。ここでは、その仕事の内容から、プロの翻訳者・通訳者に必要な条件、スクールで学ぶ意義などについてまとめました。 注目! 翻訳・通訳のスキルを学べる、おすすめスクール 翻訳者、…

音声翻訳機Mayumi3が多言語対応を拡張。オンライン双方向翻訳で「85言語」、カメラ/OCR翻訳で「13言語」、オフライン翻訳で「8言語」の双方向翻訳対応!

株式会社さくらネットの最先端音声翻訳機 Mayumi3 は、従来から業界トップクラスの多言語に対応し、さらに今回、ユーザーのさまざまな翻訳ニーズに1台で応えることができる多機能、高機能翻訳機としての更なる進化を遂げています。

高品質なAI翻訳が月額1万円から利用可能に

株式会社みらい翻訳が、同社が提供するクラウド翻訳サービス、Mirai Translator の新プランを開始。少量、少額でもスタートしやすい従量課金で利用できるようになりました。 Mirai Translator とは? 2017年12月にリリースされた Mirai Translator は、高い…

接客の現場で音声翻訳機が活躍。POCKETALK Wが「多慶屋」「つぼ八」で採用

© SOURCENEXT CORPORATION 音声翻訳機「POCKETALK(ポケトーク) W」を、「多慶屋」「つぼ八」が接客ツールとして採用。接客ツールとして翻訳機を活用するシーンが広がっています。 多慶屋、つぼ八など接客の現場で音声翻訳機が活躍 ソースネクスト株式会社…

POCKETALK(ポケトーク)がアンバサダーを募集中。新製品がもらえるチャンスです!

ソースネクスト株式会社が「POCKETALK アンバサダー」を募集中。「ポケトーク」を使ってやってみたいことをSNSで投稿すると、新製品「POCKETALK W」がもらえます!12月7日(金)までに応募しましょう。 「POCKETALK アンバサダー」とは? AI通訳機「ポケトー…

世界初のモジュラー式の音声翻訳機「SMARK(スマーク)」

合同会社アスタイルが日本で発売する「SMARK(スマーク)」は、世界初のモジュラー設計方式の双方向リアルタイム音声翻訳機。その特徴をご紹介します。 SMARKとは? SMARKは、37の言語に対応する音声翻訳機。次のような特徴を有しています。 双方向&リアル…

翻訳機 ez:commu(イージーコミュ)がグッドデザイン賞を受賞

フューチャーモデル株式会社は、同社が2018年6月に発売した、AI自動翻訳機の「ez:commu」が2018年度グッドデザイン賞を受賞したことを発表しました。 ez:commu とは? 日本語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語など32の言語に対応した翻訳機。 1言語に1つ…

英語学習にも最適!ソフトバンクC&S、12カ国語に翻訳できる通訳機「Say Easy」を発売

ソフトバンク コマース&サービス株式会社は、INSTANT TECHNOLOGY(本社:台湾台北市)製ポケット通訳機「Say Easy(セイ イージー)」を、全国の家電量販店(一部店舗を除く)、および各社オンラインショップで2018年9月21日より発売すると発表しました。

海外で活躍するプロの通訳者に聞いた、英語で通訳がうまくなる勉強法とコツ8つ

通訳者としてフィリピンで26年間ご活躍の、下地英文(シモジヒデフミ)さんに、通訳になるための勉強法や通訳のコツを教えていただきます。

イマドキ映像翻訳事情とは?編集部員が英語の通教受講してみた

多様な働き方ができる映像翻訳の仕事。映画やドラマのほかビジネスなど実務翻訳でも需要が高まっています。プロ翻訳家への一歩が踏み出せる講座の受講体験記。

AI翻訳「アイちゃん」が医師向け論文検索・共有サービスの「JOURNAL」と連携

AI翻訳サービス「アイちゃん」を提供する株式会社ロゼッタが、メドピア株式会社が提供する医師のための論文検索・共有サービスの「JOURNAL(ジャーナル)」との連携をスタートします。 「アイちゃん」とは? 「アイちゃん」とは、最新のAI技術と医学分野に特…

イヤホン型の音声翻訳機 「TwoBow(ツーボー)」が日本に上陸!

合同会社アスタイルがイヤホン型の音声翻訳機「TwoBow(ツーボー)」の日本上陸キャンペーンを開催中(8/20まで)。期間中に商品を購入された方にもれなくマグネット式充電ケーブル(マイクロUSB or ラトニング)がプレゼントされます。 イヤホン型の音声翻…

多言語、双方向対応の通訳機、POCKETALK(ポケトーク)の新モデルが登場

© SOURCENEXT CORPORATION ソースネクスト株式会社が「POCKETALK®(ポケトーク) W」の9月7日発売を発表。まるでドラえもんの「ほんやくコンニャク」のような、人気翻訳機の新モデルです。 目次 ポケトークとは? POCKETALK(ポケトーク)新モデルの特長 タ…

話題の翻訳機ランジーって本当に使えるの?英語と韓国語で試してみました!

夏休みシーズン突入!海外旅行に行かれる方も多いと思いますが、やっぱり気になるのが言葉の問題。今回は最近話題の音声翻訳機「Langie(ランジー)」を、本当に使えるのか試してみました!

英語では何て?エッセー集『翻訳地獄へようこそ』からクイズ3題

書籍『翻訳地獄へようこそ』をクイズ形式で紹介。翻訳者や海外文学ファンは必見!

多言語対応サイトが簡単に作れるGuidebooQ、無償提供開始

オンライン関連サービスを提供するガイドブック株式会社とGQM株式会社は、全国の観光施設や店舗向けに、多言語のサイトを簡単に作れるようにするサービス「GuidebooQ(ガイドブック)」を6月11日より無償提供開始すると発表しました。

動画だけじゃない!英語の勉強に役立つYouTube活用法3つ

同時通訳者の横山カズさん直伝!動画を見るだけじゃない、YouTubeの活用法。

職場でスムーズに英語でコミュニケーションがとれてしまう理由

英語による音楽と教育ワークショップに取り組む非営利団体「ヤングアメリカンズ」。この団体のキャストとして世界で活躍している日本人や、キャストを経て、人生を切り開いた人によるリレーコラムをお届けしています。最終回は、ヤングアメリカンズで培った…

英語がパッと口から出てくる!スピーキングが上達する勉強法3種

英語スピーキングが上達する勉強法を、同時通訳者の横山カズさんに聞きました!

音読で英語脳を作る!同時通訳者が教えるスピーキング練習法2つ

英語を話しているとき、ネイティブや同時通訳者の頭の中はどうなっている?それに近づく方法は?同時通訳者の横山カズさんに聞きました。

開発元に聞いた!音声翻訳機ili(イリー)おすすめの使い方ベスト3

テレビでも評判のネット接続不要の瞬間翻訳機ili(イリー)はってどういう時に使うの?吉田社長が海外旅行で最も使えるシーンを紹介。

何歳からでも効果あり!リスニング力向上の鍵はやっぱり「発音」

リスニング力を上げるには、まず発音のルールを知って音読し、体で覚えること。同時通訳者の横山カズさんに聞きました。